By AOMEI / 最後の更新 2019年12月31日

Transcend SSDは良いでしょうか?

Transcendは、SSD、USBメモリ、メモリカード/モジュール、カードリーダー、アクセサリなどのストレージデバイスを製造する古いブランドのメーカーです。SSDに関しては、Transcendは、Transcend SATA III 6Gb / s MLC SSD 370、M.2 SSD、mSATA SSDなどの2.5インチSSD、およびESD400 USB3.0ポータブルSSDなどのポータブルSSDを提供しています。

ts

オブジェクトを学習する良い方法の一つは、他のオブジェクトと比較することです。たとえば、トランセンドSSD 370は、Samsung 850 SSDまたはSanDisk SSD Plusと比較して、非常に高密度のワークロードの下で非常に高いレベルの一貫性を実現します。Transcend SSDはSSDのすべての共通機能を備えており、消費電力を抑えて応答速度を向上させています。その容量の範囲は32GBから1TBにわたって、状況に応じて様々なソリューションが選択できます。

どのTranscend SSD移行ツールが必要ですか?

Transcend SSDの利点を発見した後、データを古いHDDからこのディスクに移行するための効率的なツールを見つける必要があります。では、どのTranscend SSDクローンソフトウェアが最適でしょうか?

サムスンがSSD製品専用のサムスンデータ移行ソフトウェアを持っているように、Transcend SSDもスコープクローンソフトウェアを持っています。Transcend SSD製品を購入したユーザーは、データ移行ツールであるTranscend SSDスコープとSSDメンテナンスプログラムが取得できます。このソフトウェアには、ドライブ情報の表示、S.M.A.R.Tの表示、ステータス、診断スキャン、安全な消去、ファームウェアの更新、TRIMの有効化、ヘルスインジケータ、およびシステムクローンなどの機能があります。確かに、SSDのパフォーマンスを維持するには、Transcend SSDスコープは本当に適用です。それでも、データの移行に関しては、より良い方法を見つけたほうがよいでしょう。

ts2

フィードバックによると、多くのユーザーは、Transcend SSDスコープがシステムクローンで動作しない場合があるという苦情を訴えています。最悪の場合、ソースハードドライブにアクセスできなくなり、その間にターゲットSSDでデータを見つけることができません。確かに、これはほんの数例です。また、アップグレードのためにHDD全体をTranscend SSDにクローンする場合はどうなりますか? 少数にもかかわらず、Windows XPを使用しているユーザーはまだいます。残念ながら、Transcend SSDスコープはこのオペレーティングシステムをサポートしていません。

Transcend SSD移行のためにサードパーティ製ソフトウェアを使用することはいい選択肢になっているかもしれません。AOMEI Backupper ProfessionalはTranscend SSD向けの信頼性の高いクローン作成ツールであり、インテリジェントクローンモードとセクタークローンモードの両方でディスククローン、システムクローン、パーティションクローンを提供しています。最初のクローンモードでは、より大きなHDDをより小さなHDDにクローンできます。Windows 10、8.1、8、7、XP、およびVistaがサポートされています。

√個人・ホームPC用
√分かりやすいウィザード形式・初心者の方でも簡単に使える

√ビジネス用のWorkstation版、台数無制限のPC向けTech版もある
もっと見る »

Pro版の無料体験

Win 10/8.1/8/7/XP/Vista

ダウンロード数が2千万回を超えた


AOMEI Backupperを利用してSSDデータを移行する

☛手順 1. 追加のディスクベイまたはUSB-to-SATAケーブルを使用して、Transcend SSDをPCに接続してください。AOMEI Backupperをインストールして起動してください。

☛手順 2. 「クローン」、「ディスククローン」に移動して、OSドライブをより小さいSSDだけに移動する場合は、「システムクローン」を選択してください。

ディスククローン

☛手順 3. 現在のHDDをソースディスクとして選択してください。

hdd選択

☛手順 4. Transcend SSDをターゲットディスクとして選択してください。

ターゲットディスクとして選択

☛手順 5. デフォルトでは、このソフトウェアは、インテリジェントクローンモードでHDDを使用された部分のみターゲットディスクにクローンするクローンします。この設定を変更するには、「セクター単位のクローン」をチェックしてください。「SSD 4Kアライメント」チェックボックスをオンにして、「開始」をクリックしてください。

4k

開始

ヒント:

パーティションを編集:クローンを作成する前にパーティションのサイズが変更できます。

セクター単位のクローンでは、ターゲットディスクの容量がソースディスク以上である必要があります。

ターゲットSSDは上書きされますので、重要なファイルがある場合は、事前に安全な場所にバックアップしてください。

パソコンのHDDを交換するには、バックアップと復元の方法を試して、正常に起動することをお勧めします。

このTranscend SSDクローンツールは、不良セクタのあるHDDのクローンもサポートされています。上級ユーザー向けに、AOMEI Backupperはコマンドラインクローン機能を提供しています。つまり、コマンドプロンプトでHDDをTranscend SSDにクローンできます。

CMD経由でTranscend SSDにHDDをクローンする

以下は、ディスクAをディスクBに複製し、パーティションのアライメントを使用するIntenso SSD向け最適化の手順です。

手順 1. 「WIN + R」を押して、実行ウィンドウが開き、「cmd」と入力してコマンドプロンプトを開いてください。

手順 2. AMBackup.exeを実行するには、「cd」とAOMEI Backupperのインストールパスを入力する必要があります。たとえば、「cd C:\ Program Files \ AOMEI Backupper」と入力してください。

※ヒント:パスは、ソフトウェアのインストールディレクトリと完全に一致する必要があることに注意してください。

手順 3. 次のコマンドを入力して、クローンタスクを開始してください:

「AMBackup / c / t Disk / s 0 / d 1 / a」

説明:

* [/ c]:クローンを意味します。

* [/ t]:ディスククローン、システムクローン、パーティションクローンを含むクローンタイプを意味します。

* [/ s]:ソースディスクを意味します。

* [/ d]:ターゲットディスクを意味します。

* [/ a]:パーティションのアライメントを意味します。

コマンドライン操作の詳細については、AOMEI Backupperコマンドヘルプを参照してください。

最後

市場にはTranscend SSD移行ツールとして使用できるソフトがたくさんあります。本当に必要で良いものを選択するのが大事です。データ移行ツールであることに加えて、AOMEI Backupperの「ブータブルメディアの作成」により、Windowsを起動せずにHDDをバックアップできます。データを保護するのはAOMEI Backupperの使命なので、ご安心に使用してください。では、早速体験してみましょう!