By Comnena / 最後の更新 2020年06月28日

Intenso SSDは良いでしょうか?

上記の質問に答える前に、このIntensoブランドについて簡単に理解しましょう。

豆知識Intenso GmbHは、ドイツおよびその他のヨーロッパ諸国で、「Intenso」というブランド名でストレージメディアおよびエンターテイメントエレクトロニクスの分野の製品を販売しているドイツ企業です。Intensoは、HDDとSSDだけでなく、デジタル画像フレーム、MP3プレーヤー、MP3ビデオプレーヤー、パワーバンク、メモリカード、USBスティック、BluRayディスク、WI-FIストレージメディアなども販売している総合メーカーなのです。

Intenso SSDドライブに関する製品は、SSD SATA III High、SSD SATA III Top、およびポータブルSSDその三つがあります。SATA III Highは、120GB、240GB、480GB、および960GBの容量が利用できます。後者の二つのSSDは、128GB、256GB、および512GBの容量が利用できます。Intensoサイトの主張として、SSDは読み取りと書き込みの転送速度に優れています。他の多くのSSDと同様に、Intenso SSDは低消費電力、強力な耐衝撃性(1500G / 0.5ms)、および静かな動作特性を備えています。SATA IIIインターフェースと6Gbpsネットブックを備えたSSDを使用すると、20秒以内で起動できると言われています。

Intenso SSDは良いでしょうか?答えは「はい」です。それはユーザーに最高のコンピューティング体験をもたらします。

sdd

Intenso SSD移行ツールが必要な理由

一般的に、データの移行ツールは、PCユーザーが古いストレージデバイスから新しいストレージデバイスにすべてを移行するのに役立ちます。「すべて」には、システムプログラム、ブートマネージャー、インストールされたソフトウェアとゲーム、作成された個人ファイルなどが含まれています。すべてのコンテンツを再インストールおよび再作成したくない場合、Intenso SSDデータ移行は非常に役立ちます。

さらに重要なのは、再作成できないデータが慎重に新しい場所に移動できることです。Intenso SSDを外付けHDDとして使用する場合でも、内蔵HDDとして使用する場合でも、移行ソフトウェアは非常に役立ちます。

Intenso SSDクローンソフトウェア– AOMEI Backupper

AOMEI Backupper Professionalは信頼できる強力なクローン作成プログラムで、ソースストレージデバイスのすべてのセクションを目的のドライブであるIntenso SSDにクローンできます。もちろん、セクターごとのクローンに加えて、このソフトウェアをインテリジェントクローンに使用することもできます。つまり、このソフトウェアを使用してストレージの一部のみをクローンすることもできます。この機能は、1TBのHDDをIntenso SATA III High 240GBにクローンするなど、大きなドライブを小さなドライブにクローンする場合に非常に役立ちます。

AOMEI Backupperは、ディスククローン、システムクローン、パーティションクローン機能を提供しています。OSを小さなドライブのみに移行する場合は、システムクローン機能が最も役立ちます。上級ユーザーは、AOMEI Backupper Proに搭載されているAMBackup.exeアプリケーションを使用して、コマンドプロンプトでコマンドラインクローンを実行することもできます。 AOMEI Backupper ProfessionalはWindows 10 / 8.1 / 8/7 / Vista / XPをサポートしています。まず、体験版を無料ダウンロードしてお試しください。

Intenso SSD移行の手順

ご注意:お使いのコンピューターがSATA IIIインターフェースをサポートし、Intenso SSDドライブと互換性があることを確認してください。

GUIバージョンからHDDをIntenso SSDにクローンする

手順 1. Intenso SSDをPCに接続し、Windowsで認識されることを確認してください。AOMEI Backupperをインストールして起動してください。

手順 2. ホームで、「クローン」、「ディスククローン」の順にクリックしてください。

ディスククローン

手順 3. ソースディスクとして現在のHDDまたはSSDを選択してください。

現在のディスクを選択

手順 4. ターゲットディスクとしてIntenso SSDを選択してください。ターゲットディスクは上書きされることに注意してください。重要なデータがある場合は、事前にバックアップしてください。

ターゲットディスクとして選択する

手順 5. ここで、「操作概要」ウィンドウが表示されます。「SSD 4Kアライメント」チェックボックスをオンにして、SSDのパフォーマンスを最適化します。必要に応じて、他のいくつかの変更を行うこともできます。

編集

手順 6. 「開始」をクリックして、操作を実行します。

開始

補足:
✦ パーティションを編集:Intenso SSDドライブのパーティションのサイズを変更したり、ドライブ文字を変更したりできます。
✦ セクター単位のクローン:これにチェックを入れることで、削除されまたはフォーマットされたデータが回復できます。ただし、編集パーティションは使用できなくなります。
✦ ディスクベイが1つしかないラップトップの場合、クローン作成プロセスでUSBケーブルが必要です。

コマンドプロンプトからHDDをIntenso SSDにクローンする

前に説明したとおり、AOMEI Backupper Professionalにはコマンドラインクローンの機能も付いています。以下は、ディスク1をディスク2にコピーし、パーティションのアライメントを使用してHDDをIntenso SSDにクローンする詳細な手順です。

手順 1. 「WIN+R」を押して、実行ウィンドウを開き、「cmd」と入力してコマンドプロンプトを開いてください。

手順 2. AMBackup.exeを実行するには、「cd」とAOMEI Backupperのインストールパスを入力する必要があります。たとえば、「cd C:\ Program Files \ AOMEI Backupper」と入力します。

※ヒント:パスは、ソフトウェアのインストールディレクトリと完全に一致する必要があることに注意してください。

手順 3. 次のコマンドを入力して、クローンタスクを開始してください:

「AMBackup / c / t Disk / s 1 / d 2 / a」

※説明:
[/ c]:クローンを意味します。
[/ t]:ディスククローン、システムクローン、パーティションクローンを含むクローンタイプを意味します。
[/ s]:ソースディスクを意味します。
[/ d]:ターゲットディスクを意味します。
[/ a]:パーティションのアライメントを意味します。
コマンドライン操作の詳細については、AOMEI Backupperコマンドヘルプを参照してください。

結論

このIntenso SSD移行ツールは、実際には初心者とIT専門家の両方も適しています。ソフトウェアのクローンを作成する以外に、AOMEI Backupperは優れたバックアップソリューションの機能でもあります。たとえば、Buffalo NASからNASへのバックアップを簡単に実行できます。NASを除き、Windows 7をWD My Cloudにバックアップすることもできます。さらに、万が一に備えて、このソフトウェアで起動可能なデバイスを作成できます。