By Machi / 最後の更新 2022年04月18日

Windowsを別のドライブに移行できるのか?

古いハードディスクが壊れかけていたり、使用するのに十分でなくなったりしたとき、新しいHDDやSDDを購入して交換したいと思っているでしょう。しかし、OSの移行にはどうすればよいでしょうか?

Windowsのライセンスを買い直すのも、OSやプログラムを一からインストールするのも面倒だという方は、Windows 10を直接別のSSD/HDDに移したいかもしれません。実際、それは可能です。しかし、多くの複雑なシステムファイルが関係しているため、手動でのコピー&ペーストでは実現できません。

次の記事では、Windows 10を安全に移行するための具体的な方法といくつかの注意点をご紹介します。

windows 10

Windows 10のライセンスを新しいSSD/HDDに移行できるのか?

これは多くの人にとって大きな関心事です。ライセンスが移行できないのであれば、Windowsを別のSSD/HDDに移行する意味がありません。そこで、3つのライセンスの種類について見てみましょう。

パッケージ版(Retail)ローカルストアまたはオンライン小売業者から購入するライセンスです。異なるハードディスクやパソコン間で何度でも移行できます。Windows 10が Windows 8.1またはWindows 7のパッケージ版からアップグレードされた場合、キーも譲渡可能ですが、1 回のみです。

パッケージ版

VL版(Volume):このようなライセンスは、企業などで大量購入する場合に割安で変えるライセンスです。50台とか100台のパソコンに一斉にWindows10を導入する場合などに使われるライセンス形態です。通常、1つのマスターキーですべてのWindows 10のインストールをアクティブにできますが、その組織に属さないデバイスをアクティブにすることはできません。また、システムの所有者が変わったときに、キーとデバイスを一緒に譲渡することは許可されていません。

OEM版:このライセンスは、メーカーが新しいコンピューターにプリインストールしています。デバイスのマザーボードにリンクされているため、別のデバイスに移行できませんが、同じPCの新しいハードディスクにインストールすることは問題ありません。

oem

結論として、すべてのWindowsライセンスが他のパソコンに移行できるわけではありませんが、同じマシンの別のSSD/HDDに移行することは可能です(マザーボードを変更しない限りは)。つまり、ただのSSD/HDD交換のためのWindows移行が可能です。

★ ヒント:
ライセンスの種類がわからない場合は、「コマンドプロンプト」で「slmgr /dli」というコマンドを入力してください。「Enter」キーを押すと、ポップアップウィンドウにライセンスに関する情報が表示されます。
ライセンス認証に問題があり、マイクロソフトのサポートに連絡して、状況を説明し、ライセンスを持っていることを証明する必要がある場合があります。

ライセンス

Windows 10を簡単に別のSSD/HDDに移行する方法

Windows OSを別のドライブに移動することは可能ですが、具体的にどのように実現すればよいのでしょうか。

一般的な方法は、新しいハードディスクにWindows 10のシステムイメージを復元することです。バックアップと復元の両方を行うことになり、あまり簡単ではありません。また、Windowsの「バックアップと復元」でシステムイメージを作成したことがある人は、それがいかにエラーを起こしやすいか知っているかもしれません。

Windows 10の移行を効率的に実行するために、ディスククローンはより良い解決策です。新しいドライブをパソコンにインストールし、システム(またはディスク)をクローンしてから、復元する必要なく、直接クローンしたドライブからパソコンを起動できます。しかし、Windowsにはクローン機能がないので、サードパーティー製のプロのクローンソフトが必要です。

ここで使用するのは、すべてのWindows PCとすべてのメーカー製のデバイスに対応しているプロのディスククローンフリーソフト-AOMEI Backupper Standardです。このソフトは無料でWindows 10を新しいハードディスクに移行でき、操作もとても簡単です。デフォルトで、使用されているセクターのみクローンするので、大容量HDDを小容量SSDに交換したい場合でも、Windows 10を簡単に移行できます。

さあ、始めましょう。

Windowsを別のSSD/HDDに移行する前の準備

  ▶ 古いハードディスクをクリーンアップする

ジャンクファイルの削除、不要なプログラムのアンインストール、「ディスククリーンアップ」による一時ファイルの消去を行います。

  ▶ ディスククローンソフトをインストールする

ディスククローンソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。Windows Serverのユーザーである場合、AOMEI Backupper Serverをご利用ください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

  ▶ 新しいハードディスクをインストールする

PCに複数のスロットがある場合は、古いハードディスクの隣に新しいHDDまたはSSDをインストールすればよいです。

HDD・SSDの増設

HDD/SSDの増設

そうでない場合は、USB-SATAケーブルを使用して新しいHDD/SSDをパソコンに接続してください。

接続

  ▶ 状況に応じて新しいハードディスクを初期化/バックアップする

新品のハードディスクであり、エクスプローラーに表示されない場合、使用前に初期化する必要があります。詳細については、次の記事をご参照ください。

新しいディスクの初期化

ハードディスクにすでにファイルを保存している場合、クローンした後、すべてのデータが上書きされるので、あらかじめ重要なファイルをバックアップしておいてください。

AOMEI Backupperでファイルやフォルダをバックアップする方法

Windows 10を別のSSD/HDDにクローンする方法

準備ができたら、これから、AOMEI BackupperでWindows 10を別のSSD/HDDにクローンする方法をご案内します。

ここで使う機能は「ディスククローン」です。これによって、システムを含む元のディスク全体を別のドライブにクローンできます。しかも、無料です。

「システムクローン」機能で、Windows 10システム/Cドライブのみを新しいSSD/HDDに移行することも可能ですが、AOMEI Backupper Professionalなどの上位版へアップグレートする必要があります。必要に応じて選択してください。

ステップ 1. AOMEI Backupperを起動し、「クローン」タブに移動し、「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

▶ 注意:AB Stdの「ディスククローン」は、データディスクのクローンと、MBRからMBRへのシステムディスクのクローンをサポートしています。GPTからGPTへ、MBRとGPTの間のシステムディスクのクローンを実行したい場合、AB Proへのアップグレードをご検討ください。

ステップ 2. Windows 10が含まれている元のハードディスクをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 3. 接続されている新しいSSD/HDDをターゲットディスクとして選択し、「次へ」をクリックして続行します。

ターゲットディスク

ステップ 4. インタフェースの下に、3つのオプションがあり、それらをクリックし、クローンをカスタマイズできます。設定完了後、確認し、問題がなければ、「開始」をクリックし、クローン作成を開始します。

開始

SSD 4Kアライメント:ターゲットドライブがSSDである場合、このオプションにチェックを入れると、クローン完了後、SSDの読み取りと書き込み速度を向上させます。
セクター単位のクローン:より大きなSSD/HDDにクローンする場合、このオプションにチェックを入れると、使用されているかどうかに関係なく、すべてのセクターをクローンします。
パーティションを編集(AB Proで利用可能):より大きなSSD/HDDにクローンする場合、このオプションが利用可能です。ターゲットディスクのパーティションのサイズを手動か自動で調整できます。ちなみに、「セクター単位のクローン」と一緒に使うことはできません。

補足:新しいSSD/HDDからWindows 10を正常に起動する方法

クローンが完了した後、PCのドライブベイが1つしかない場合、シャットダウンして古いハードディスクを新しいものと交換します。複数のスロットがあり、古いハードディスクをセカンドストレージとして維持したい場合、新しいSSDをパソコンにインストールしてから、以下の操作を行う必要があります:

ステップ 1. コンピュータを再起動し、メーカーのロゴが表示されると、マザーボード/パソコンのメーカーによって特定のキーを押してBIOSに入ります。

bios起動キー

ステップ 2. 矢印キーで「Boot」タブに移動し、新しいハードディスクを最初に起動するドライブとして設定します。「F10」キーを押して変更を保存し、終了します。

bios

パソコンが新しいドライブから正常に起動したら、古いハードディスクをどうするか自由に決めることができます。必要に応じて廃棄するか、ストレージデバイスとして維持することができます。AOMEI Backupperはまたディスク消去、バックアップ機能を備えています。その2つの場合にも役立ちます。

まとめ

Windows 10を別のドライブに移行したい場合、最も簡単な方法はディスククローンソフトウェアを使用することです。AOMEI Backupperは強力なディスククローンとシステムクローン機能を備えているので、良い選択です。このソフトによって、大容量ディスクから小容量ディスクへ、小容量ディスクから大容量ディスクへのクローンの両方とも可能です。

Windows 10を新しいパソコンに移行する必要がある場合、そのバックアップ&復元機能の利用をお勧めします。「復元」では、「ユニバーサル復元」という機能があり、チェックを入れると、バックアップを異なるハードウェアの別のPCに復元できます。ぜひダウンロードしてお試しください。