By Comnena / 最後の更新 2022年07月11日

HDDをSSDにミラーリングする必要性

正直なところ、HDDをSSDにミラーリングすることは、古いディスクをアップグレードし、パフォーマンスを向上させ、Windowsを最初から再インストールすることを避け、ハードドライブの障害、システムクラッシュ、予期しない削除、ラップトップの盗難などによるデータ損失を防ぐための最良の方法です。

そもそも、SSDは、その構造や動作表現に関係なく、HDDよりも優れていることに注意する必要があります。その高速な実行速度と静かな作業環境により、ユーザーエクスペリエンスが向上します。したがって、SSDはHDDの優れた代替品です。

次に、ハードドライブをSSDにミラーリングすると、Windows、以前にインストールしたプログラム、保存したデータを新しいSSDに保持できますが、Windowsを再インストールすると、すべてのアプリケーションとデータが消去され、Windowsの新しいコピーしか提供されません。さらに、設定を構成する必要があります。

必要性のまとめ
SSDは実行時間が速くて、作業環境が静かであるなどのメリットを持って、従来のHDDより優れたパフォーマンスを発揮しています。
HDDをSSDにミラーリングすると、Windowsを再インストールせずに、SSDにデータを保持し、SSDから起動できます。
HDDの障害、システムクラッシュ、誤った削除、ラップトップの盗難など、データの損失を引き起こす状況があるため、PCのHDDをSSDにミラーリングすれば多くの被害に避けられます。

ミラーリングする前の準備

HDDをSSDにミラーリングすることは、HDDからSSDに正確なコピーを作成することであり、複製されたSSDを使用してコンピューターを正常に起動できます。おそらく、Windows 7/8/10/11でクローンしたSSDが起動しないということも聞いたことがあるでしょう。クローン作成の失敗、間違ったパーティションスタイル、ブートモード、ブート順序などが原因である可能性があります。したがって、SSDへのディスクのクローン作成を開始する前に、重要なものを入手して準備する必要があります。

SSDにHDDからSSDへのクローン作成に十分なスペースがあることを確認:SSDに古いディスク上のすべてを保持するのに十分なスペースがある場合にのみ、クローン作成は成功します。これを行うには、「ディスククリーンアップ」で不要なファイルを削除するか、使用されなくなったプログラムをアンインストールしてください。さらに、ローカルフォルダをネットワークドライブ、クラウドストレージ、または外部デバイスに同期してから、ディスク上の元のコピーを削除してください。
HDDとSSDの両方のパーティションスタイルを確認:検索ボックスにdiskmgmt.mscと入力し、Enterキーを押してディスクの管理にアクセスし、ディスクを右クリックして「プロパティ」を選択し、「ボリューム」タブに移動すると、「パーティションスタイル:マスターブートレコード(MBR)」のような同様の単語が表示されます。
USB-SATAアダプターを準備:コンピューターがラップトップの場合。ほとんどのラップトップにはディスク用のスロットが1つしかないため、SSDを外部に接続することしかできません。
SSDに重要なデータをバックアップ:SSDはクローン作成プロセス中に完全に上書きされるためです。
クローン作成後に正しいブートモードを設定:MBRディスクはレガシーBIOSからのみ起動し、GPTディスクはUEFIから起動するため、クローンしたSSDから起動する前に起動モードを変更してください。
最初の起動オプションをHDDからSSDに変更:起動順序をクローンSSDに変更してください。変更しないと、Windowsは元のハードディスクから起動します。

HDDからSSDへの無料クローンソフトウェア

上記の情報を除いて、AOMEI Backupper Standardのようなプロフェッショナルな無料ディスククローンソフトウェアが必要です。これは、Windows 7/8/10/11のSSDにHDDを簡単にクローンし、正常に起動するのに役立ちます。なぜそれを使うべきですか?ここに興味を持っているかもしれないいくつかの機能があります、決定する前に見てみたいと思うかもしれません。

ディスククローンを作成するときは、安全に起動できます。
WD SSD、Samsung SSD、Sandisk SSDなど、インターフェイス(SATA、NVMe、PCIeなど)に関係なく、すべてのブランドSSDのクローン作成をサポートします。
インテリジェントクローンを使用して、大きなHDDを小さなSSDにクローンします。
「SSD 4Kアライメント」機能により、SSDのパフォーマンスを向上させ、その寿命を延ばします。
セクターごとのクローン」機能を使用して、すべてのセクターのクローンを作成します。

AOMEI Backupper Standardをダウンロードして、HDDからSSDへのクローン作成のためにコンピューターにインストールしてください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

HDDをSSDにミラーリングする方法

たとえば、Windows10/11をSSDに移行する場合、ディスククローンソフトウェアAOMEI Backupper Standardが大きなメリットをもたらします。開始する前に、SSDを追加のドライブベイにインストールするか、USB-SATAアダプターで接続してください。

ステップ 1. SSDをコンピューターに接続し、検出できることを確認します。そしてAOMEI Backupperを起動してください。

ステップ 2. ホームページで「クローン」、「ディスククローン」の順に移動してください。

ディスククローン

ステップ 3. ソースディスクとしてHDDを選択してください。

ソースディスク

ステップ 4. ターゲットディスクとしてSSDを選択してください。

ターゲットディスク

ステップ 5. 前の操作を確認したら、「開始」をクリックしてタスクを始めます。

開始

ノート:
「パーティーションを編集」を使うと、「パーティションのサイズを変更せずコピー」、「各パーティションに未使用領域を追加」(推薦)、「パーティションのサイズを手動で変更」を選択できます。最後の二つの機能を利用したい場合は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードしてください。
「セクター単位のクローン」をチェックすると、古いHDDのすべてのバイトが使用されているかどうか関係なくクローンされます。
「SSD 4Kアライメント」をチェックすると、SSDが最適な状態に保たれます。

パーティーションを編集

ブートドライブをSSDに変更する方法

HDDからSSDへのWindows10/11のクローン作成は半分しか完了していません。その後も、起動順序と起動モードを変更し、クローンSSDからコンピューターを起動して、動作するかどうかを確認する必要があります。SATA-USBアダプターでは起動に十分な電源が供給されないため、外部接続されたディスクからコンピューターを起動しないでください。

手順 1. コンピュータの背面カバーを開き、HDDを固定しているネジを外して、箱に入れておきます。

手順 2. 既存のHDDを取り出し、SSDをWindows 10/11にインストールし、先に取り外した取り付けネジで固定します。

HDDを取り出し

手順 3. 背面パネルを元に戻し、電源ケーブルを接続します。

手順 4. コンピュータを起動し、最初の起動画面で特定のキーを押します。通常、F1、F2、F12、ESCなどです。

手順 5. 「ブート」タブに移動し、クローンしたSSDを最初のブートオプションに移動します。

手順 6. レガシー/UEFIブートモード構成を見つけて、レガシーBIOSをUEFIに、またはその逆に変更します。

手順 7. 最後に、F10キーを押して変更を保存し、クローンしたSSDからコンピューターを起動します。

まとめ

コンピューターの運行速度のために、データの安全のために、PCのHDDをSSDにミラーリングします。でも複雑の方法はパソコン初心者に対して受けにくいし、ミスのせいでデータもなくなるかもしれません。それで、AOMEI Backupperとの使用やすいクローンソフトを本当に強くお勧めします。色んな機能が体験できるし、簡単なステップでコンピューター問題を解決することができるし、ユーザー達のコンピューターの守り神になるでしょう。

コンピューターはServerである場合、AOMEI Backupper Serverの利用をお勧めします。もし、高級機能を求めない場合、無料版はいつまで利用しても構いません。

最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。@(o・ェ・o)@