By Comnena / 最後の更新 2019年10月14日

HDDをSSDにミラーリングする必要性

● SSDは実行時間が速くて、作業環境が静かであるなどのメリットを持って、従来のHDDより優れたパフォーマンスを発揮しています。

● HDDをSSDにミラーリングすると、Windowsを再インストールせずに、SSDにデータを保持し、SSDから起動できます。

● HDDの障害、システムクラッシュ、誤った削除、ラップトップの盗難など、データの損失を引き起こす状況があるため、PCのHDDをSSDにミラーリングすれば多くの被害に避けられます。

HDDをSSDにミラーリングする方法

● 操作する前の準備

WindowsでHDDをSSDにミラーリングすることは、データをHDDからSSDに正確なコピーを作成するためです。ここでHDDをSSDにミラーリングするのに役立つ強力なディスククローンソフトAOMEI Backupperを紹介させて頂きます。ディスククローンという機能を利用して、安全かつ有効にHDDをSSDにミラーリングすることができて、PCも順調にSSDから起動できます。

その前に、古いHDDにすべてのデータを保存するのに十分な容量のあるSSDを準備しておいてください。AOMEI Backupperによって古いHDDを小さなSSDにミラーリングできますが、HDDからSSDに精密なコピーを作成したい場合、SSDは少なくとも古いHDDと同じ大きさでなければなりません。

ちなみに、Windows PCユーザーの場合、AOMEI Backupper Professionalを利用してください(一部のユーティリティについてはAOMEI Backupper Standardを無料でダウンロードすることもできます)。Windows Serverユーザーである場合なら、AOMEI Backupper Serverは間違いなく絶好の選択肢になります。

● 詳細なHDDをSSDにミラーリングする操作

ステップ 1. SSDをコンピューターに接続し、検出できることを確認します。そして AOMEI Backupperを起動してください。

ステップ 2. ホームページで「クローン」、「ディスククローン」の順に移動してください。

ディスククローン

ステップ 3. ソースディスクとしてHDDを選択してください。

ソースディスク

ステップ 4. ターゲットディスクとしてSSDを選択してください。

ターゲットディスク

ステップ 5. 前の操作を確認したら、「開始」をクリックしてタスクを始めます。

開始

ノート:

「パーティションを編集」では、必要に応じてターゲットディスク上のパーティションを編集することができます。

「セクター単位のクローン」をチェックすると、古いHDDのすべてのバイトが使用されているかどうか関係なくクローンされます。

「SSD 4Kアライメント」をチェックすると、SSDが最適な状態に保たれます。

まとめ

コンピューターの運行速度のために、データの安全のために、PCのHDDをSSDにミラーリングします。でも複雑の方法はパソコン初心者に対して受けにくいし、ミスのせいでデータもなくなるかもしれません。それで、AOMEI Backupperとの使用やすいクローンソフトを本当に強くお勧めします。色んな機能が体験できるし、簡単なステップでコンピューター問題を解決することができるし、ユーザー達のコンピューターの守り神になるでしょう。