By ゆき / 最後の更新 2020年03月29日

SanDisk SSDについて

現在、コンピューターは私達の日常生活と仕事に重要な役割を果たします。技術の進歩に伴い、新しい記憶装置 - SSD(ソリッドステートドライ)が開発されました。

それはHDDよりも優れた性能を持つので、ますます多くの人々は古いディスク上のすべてのデータをSSDに移行してSSDを使用することを選択します。

ネットで調べると、SSDのブランドが沢山あります。例えば、Samsung SSD、Crucial SSD、SanDisk SSDです。一部のユーザーは、SanDisk SSDが好きです。

SanDisk SSD

SanDisk SSDを使用すれば、コンピューターの性能は向上できます。起動時間は短くなれます。また、バッテリー寿命が延び、より低温で静かなコンピューティングが可能になります。

さて、どのようにSanDisk SSDへHDDを移行、クローンしますか?

SanDisk SSDへHDDを移行する方法

Crucial SSD/Saunsung SSDと違って、SanDisk(サンディスク)は独自のデータ移行ツールを持っていません。ユーザーはデータをSanDisk SSDへ移行するためにSanDisk SSDデータ移行ソフトを探さなければなりません。幸いなことに、AOMEI Backupper Standardは役に立ちます。

AOMEI Backupper Standardは素晴らしいデータ移行フリーソフトです。SanDisk SSDだけでなくCrucial SSD、Saunsung SSDなど、様々な種類のSSDへディスク全体を簡単かつ高速に移行できます。それはWindows XP/Vista/7/8/10など、ほとんどのWindows OSをサポートします。

このソフトウェアを無料でダウンロードしてインストールした後、次の手順に従ってSanDisk SSDへHDDを移動しましょう。

ステップ 1. コンピューターにSanDisk SSDを接続します。AOMEI Backupper Standardを起動します。そして、このフリーソフトの簡潔なメイン画面が見えます。SanDisk SSDへHDDを移行するために、「クローン」をクリックして、「ディスククローン」を選択します。※もし、HDD上のシステムまたはパーティションだけをクローンしたいなら、「システムクローン」または「パーティションクローン」を選択できます。

ディスククローン

ステップ 2. 簡潔な操作画面が表示され、誰でも簡単に使えます。ここでは、古いHDDをソースディスク(クローン元)として選択して「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 3. 前に接続されたSanDisk SSDをターゲットディスク(クローン先)として選択して「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

ステップ 4. ソースディスクとターゲットディスクを選択した後、操作概要の情報を確認するページに移動します。問題なければ「開始」をクリックしてディスククローンを実行します。

開始

●「パーティションを編集」:ターゲットディスク上のパーティションを調整します。または、クローンした後AOMEI Partition Assistantを使用して、パーティションをリサイズできます。

●「セクター単位のクローン」:このオプションにチェックを入れると、HDDの中身をセクタごとにクローンします。これはより多くの空き領域と時間を必要とします。

●「SSD 4Kアライメント」:データをSanDisk SSDへ移行するので、これを選択することを非常にお勧めします。この機能はクローンの後、自動的にSanDisk SSDを最適化しますから、SanDisk SSDは最も良い状態で動作します。

実は、AOMEI Backupper StandardはSanDisk SSD向けデータ移行ソフトだけでなく、バックアップ&復元、ブータブルメディアの作成など機能も備えます。また、個人用PC向けProfessional版にアップグレードすると、差分バックアップ、イメージのチェック/暗号化など、もっと高度な機能を使用できます。ビジネス用のPCに対応したい場合、Workstation版を選ぶことができます。Windows Serverでデータを安全に保ちたい場合、Server版を選ぶことができます。