By Comnena / 最後の更新 2021年08月02日

M.2 SSDとは何ですか?

M.2 SSD

M.2 SSDは、次世代フォームファクター(NGFF)として知られ、M-dot-2と発音されるコンピューター業界の仕様に準拠するソリッドステートドライブの一種を指します。M.2仕様は、Wi-Fi、USB、PCle、SATAなどのアプリケーションをサポートします。

M.2 SSDは、既存のmSATA SSDの代替品と見なされていますが、フォームファクターとコネクタは異なります。M.2 SSDは長方形であり、mSATA SSDと比較して、より高速で、より多くのデータを保存できます。M.2 SSDをコンピューターに適用するときは、そのマザーボードがM.2スロットをサポートしていることを確認してください。そうしないと、M.2 SSDがWindows 10またはその他のオペレーティングシステムで検出されないことがわかります。

HDDアップグレード用のSamsung M.2 SSD

Samsung M.2 SSD

システムをよりすばやく起動できるよう、HDDをSSDにアップグレードしようとするユーザーにとって、規格サイズM.2のサムスンSSD製品は一番良い選択かもしれません。Windowsの応答時間を短縮するために、壊れかけたHDDを人気のあるサムスン M.2 SSDに置き換えましょう。

Samsung M.2 SSDをブート(起動)ドライブとしてインストールする時、ゼロからWindows OSをもう一度インストールしたくないなら、強力なサムスン SSD 移行ソフト(Samsung Data Migration)を使ってWindowsやアプリケーションを再インストールせずにOSをM.2 SSDに移動することができます。

Samsung SSD向けのクローンフリーソフト

OSをサムスン SSDへ移行するユーザーのためにサムスンはSamsung Data Migrationという独自の無料ツールを提供します。Cドライブのみをサムスン SSDにクローンしたい場合、このSamsung Data Migrationソフトを使用することができます。

しかし、HDDに含まれている回復パーティション、または他のデータもサムスン SSDにクローンしたい場合、別のツールを選択しなければなりません。また、幾つかの状況でSamsung Data Migrationが失敗するか、または途中で止まることもあります。こういう時に、より優れたSSDクローンソフトを選ぶ必要があります。

★プロのディスククローンツールが持つべきいくつかの機能があります。
さまざまなサイズのHDDをクローンします。一般に、SSDはHDDよりも小さいため、大きなディスクから小さなディスクへのクローンをサポートする必要があります。
MBRおよびGPTパーティションスタイルをサポートします。最近のコンピューターハードウェアはデフォルトでUEFIブートモードを使用しているため、このソフトウェアはUEFIを完全にサポートする必要があります。MBRをGPTディスクにクローンしたり(AOMEI Backupper Professionalでサポート)、元に戻したりできるとさらに便利です。
起動可能なクローン:多くのユーザーは、パフォーマンスを向上させるためにシステムディスクをM.2 SSDにアップグレードします。クローンソフトウェアは、安全なブートを保証するために、すべてのブート関連ドライブを正常にクローンする必要があります。

幸いなことに、AOMEI Backupper Standardはそのようなフリーソフトです。上述のすべての要求を満たせます。さらに、ハードドライブクローンの場合にも、より多くのオプションが提供されます。

SSD 4Kアライメント: SSDパーティションの4Kアライメントを処理して、パフォーマンスを向上させ、耐用年数を延ばします。
ホットクローン:クローンを実行するためにUSBドライブまたはCDを使用して起動可能なメディアを作成する必要はなく、Windowsでハードドライブのクローンを作成できます。したがって、クローンの処理中も、コンピューターを使用して好きなことを行うことができます。
ユーザーフレンドリーなインターフェース:明確なインターフェースですべての手順を簡単に実行できます。コンピューターの初心者でも素晴らしい仕事をすることができます。Windows 10、8.1/8、7、XP、Vistaがサポートされています。

無料でダウンロードできます(100%クリーン)。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適

クローンを実行する前に

Samsung M.2クローンの最も重要な手順の1つは、Windowsで検出されるようにすることです。ここにいくつかの注意事項があります。

1. システムはM.2 SSDをサポートするかを確認してください。最近リリースされたIntel Z97とAMD FX 990チップセットを使用しているマザーボードは、M.2 SATAとPCI Express(PCIe)ベースのSSDをサポートします。もちろん、ほとんどのノートパソコンは既にM.2 SSDをサポートします。システム仕様書やユーザーマニュアルをチェックしてM.2 SSDとの互換性があるかを確認できます。

2. M.2規格のSSDはSATA/PCIeとの互換性を持たせるためにデザインされました。SATA対応のM.2 SSDはまた、標準型2.5インチのSATA SSDと同じコントローラを使用しますが、PCIe対応のM.2 SSDは、PCIeプロトコルをサポートするために特にデザインされたコントローラを使用します。1つのM.2 SSDは1つだけのプロトコルをサポートしますが、一部のコンピューターにはPCIe接続と従来のSATA接続両方をサポートするM.2スロットが用意されるので、M.2 SSDを正しいスロットに接続する必要があります。さもないと、BIOS設定でもM.2 SSDが見つかりません。

3. Windows 7のOSでM.2 SSDはNVMeプロトコルを採用している場合、クローンの前にNVMeをコンピューターにインストールして対応するドライバーをダウンロードする必要があります。Windows 7は古いシステムで、NVMe SSDのドライバーを含まないからです。

M.2 SSDをクローンする方法

Samsung M.2 SSDをお使いのコンピューターに接続した後、コンピューターが認識できるかを確認します。もし、M.2 SSDがWindowsの「ディスクの管理」に表示されるなら、次の手順に従ってHDDをSamsung M.2 SSDにクローンする操作を始めましょう。

手順 1. このサムスン SSD 移行フリーソフトをダウンロードして起動します。

手順 2. ホーム画面で「クローン」→「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

※補足:OSのみをクローンするつもりなら、「システムクローン」を選択できます。しかし、この機能はAOMEI Backupper Pro版で利用可能です。使いたいなら、アップグレードしてください。

手順 3. ソースディスク(クローン元)を指定して「次へ」をクリックします。

ソースディスク

手順 4. サムスン M.2 SSDをターゲットディスク(クローン先)として指定して「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

手順 5. もし、ターゲットディスクの容量はソースディスクの容量より大きいなら、「パーティションを編集」をクリックできます。次は「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れて「開始」をクリックしてクローンを実行します。

開始

ヒント:✎...
パーティションを編集:M.2 SSDのディスクスペースの管理をサポートします。
セクター単位のクローン:使用されているかどうかに関係なく、すべてのセクターをターゲットディスクにクローンします。 ソース以上のターゲットディスクが必要です。また、編集パーティションが使用できなくなります。

まとめ

また、AOMEI Backupperによって作成されたブータブルメディアを使用してパソコンを起動した後、上述と同じ操作手順でHDDからSamsung M.2 SSDへクローンを作成することもできます。

更に、AOMEI Backupper Standardはバックアップ&復元フリーソフトです。お使いのコンピューターには1つだけのM.2スロットがある場合、まずSSDを外付けHDDにバックアップして、そしてイメージをSamsung M.2 SSDに復元することもできます。

★注:ビジネス用のPCに対応したい場合、Workstation版を選ぶことができます。Windows Serverでデータを安全に保ちたい場合、Server版を選ぶことができます。