By ゆき / 最後の更新 2020年03月28日

エラー:Samsung Data Migration 複製に失敗しました

SSD860EVO500が届いたので、現在使用中のSSD850EVO250から複製を作ろうと思ったのだが、Samsung Data Migration v3.1で複製すると、0%から99%までは順調だが、それ以降はなかなか進まずに「複製したWindowsパーティションを検証しています。」が表示され、その後にエラーメッセージが「複製に失敗しました。-00001[ffffffff]」と表示される。

しかたなく、いったんSamsung Data Migration v3.1を終了する。再度Samsung Data Migration v3.1を使って複製しようとするが、複製に失敗したSSDはディスクとして認識されない状態になってしまった。エクスプローラーやディスクの管理でも認識しないので、まいってしまう。

--実例

◎Samsung Data Migrationについて

現在多くのユーザに好まれているSamsung SSDは、その優れた性能で高く評価されています。

Samsung(サムスン)は、HDDやSSDなどのストレージデバイスからOS、アプリ、個人ファイルを含むすべてのデータをSamsung SSDに素早く簡単、かつ安全に移行するために「Samsung Data Migration」という独自の無料ツールを提供しています。

▼Samsung Data Migrationでクローンを作成する操作手順は下記のとおりです。

1. 新しいSamsung SSDをパソコンに接続します。


2. Samsung公式サイトからSamsung Data Migrationソフトウェアの最新バージョンをダウンロードし、パソコンにインストールします。


3. ソフトウェアを実行して右図のようなメイン画面に入り、右下隅にある「開始」ボタンをクリックして複製プロセスを始めます。そして「ディスク分析および複製設定」→「複製開始」で複製を完了することができます。

 3つのステップだけが必要

◎複製に失敗した問題について

Samsung Data Migrationを使用してHDDをSamsung SSDへクローンするとき、さまざまなエラーコード(例えば、400180[061b34]、00001[ffffffff])で複製に失敗したことがあるでしょう。また、「ターゲットディスクが切断されました」というメッセージが表示され、Samsung Data Migrationが複製に失敗したこともあります。

サムスンデータ移行/クローンは失敗しました

    Samsungデータ移行(またはクローン作成)が失敗した場合、最も考えられる原因は次のとおりです。

  • 暗号化されたディスクは複製できません。

  • Samsung以外のコンピューターメーカーによって作成されたOEMリカバリパーティションは複製できません。

  • 複製時にメインボード・チップセット・ドライバーが最新でない場合、このソフトは正しく機能しません。

  • ソースディスクをダイナミックディスクに変換している場合、このソフトは正しく機能しない場合があります。

  • システムにインスタント復元がインストールされている場合、このソフトは正しく機能しない場合があります。

  • このソフトは、OSがソースディスクにインストールされている場合にのみ実行できます。OSのインストール環境がないディスク上では機能しません。

  • このソフトは、ユーザーマニュアルに記載されているSamsung SSDのみをサポートしています。Kingston、Crucial、SanDiskなどのブランドのSSDをサポートしません。
    ......

ソリューション:Samsung Data Migration 複製に失敗しました

次は5つの汎用的な解決策を提供して、「Samsung Data Migration 複製に失敗しました」というエラーを修正しましょう~o(^▽^)o

対処法 1. HDDのデフラグ(最適化)を実行します。検索ボックスに「ディスク デフラグ ツール」と入力し、結果の一覧でディスクデフラグユーティリティ(例えば、Windows10の場合「ドライブのデフラグと最適化」となる)をクリックします。

対処法 2. ページファイル(仮想メモリまたはpagefile.sys)を無効にします。Windows10の場合、PCを右クリックして「プロパティ」→「システムの詳細設定」→「詳細設定」タブ→「パフォーマンス」の「設定」→「詳細設定」タブ→「変更」の順にクリックします。そして「すべてのドライブのページングファイルのサイズを自動的に管理する」のチェックを外して「ページングファイルなし」を選択します。

対処法 3. ハイバネーションモード(休止状態)を無効にします。ハイバネーションファイル(hiberfil.sys)を無効にする最も簡単な方法は、コマンドプロンプトを利用することです。「Windows」キーを押しながら「R」キーを押し、「ファイル名を指定して実行」ウィンドウが表示され、名前欄に「cmd」と入力し、「OK」をクリックします。「コマンドプロンプト」ウィンドウが起動したあと、「powercfg /hibernate off」を実行します。

※ご注意:Windows 8/8.1やWindows 10である場合、ハイバネーションはデフォルトで無効になっていることに注意してください。

対処法 4. システムの保護を無効にします。Windows10の場合、PCを右クリックして「プロパティ」→「システムの保護」をクリックします。そして、Cドライブを選択し、「構成」をクリックして「システムの保護を無効にする」にチェックを入れます。

対処法 5. Cドライブのサイズを少し縮小または拡張したあと、お使いのPCを再起動し、もう一度SSDを接続してクローン作成を開始してみます。

上述のソリューションはSamsung Data Migrationのエラーを解決できるはずです。もし、それらは複雑で面倒な操作だと思う場合、や問題はまた解決しない場合、Samsung Data Migrationソフトウェアの代替ソフト - AOMEI Backupper Standardを使用することができます。

Samsung Data Migrationの代替ソフト

Samsung Data Migrationソフトウェアは、データ移行/クローン作成に失敗した場合は、その代わりになるAOMEI Backupper Standardを使用することができます。

AOMEI Backupper Standardは強力なHDDクローンフリーソフトです。いかなるブランドのSSDにHDDのクローンを作成することができます。また、ターゲットディスク上のパーティションを編集したり、SSDを最適化したり、セクター単位でクローンを作成したりすることができます。さらに、SSDの空き容量はHDDの使用容量より大きい限り、大容量HDDから小容量SSDへクローンを作成することができます。

▼次は、AOMEI Backupper Standardを使用してHDDをSSDに複製する詳しい手順を見てみましょう~

1. AOMEI Backupper Standardを無料でダウンロードし、インストールし、実行します。

2. 「クローン」タブの 「ディスククローン」 をクリックします。

クローン

3. ソース(クローン元)ディスクを選択して「次へ」をクリックします。

※ご注意:ダイナミックディスク全体のクローン作成がサポートされていないことに注意してください。ダイナミックディスク全体のクローンを作成したい場合、「パーティションクローン」を使用してください。

ソース選択

4. Samsung SSDをターゲット(クローン先)ディスクとして選択して「次へ」をクリックします。

※ご注意:ターゲットディスク上のすべてのデータが削除(上書き)されることに注意してください。重要なデータがあれば、事前にバックアップを取っておいてください。

ターゲットディスク

注意

5. 「開始」をクリックします。クローン実行中にパソコンでほかの仕事を行うことができます。

開始

Samsung Data Migration 複製に失敗した場合には、AOMEI Backupper Standardを使用して問題を解決することができます。

Standard版を個人PC向けProfessional版やビジネスPC向けWorkstation版にアップグレードすると、「システムクローン」機能を使用してOSのみをSSDに移行することもできます。また、Windowsサーバで利用可能なServer版、台数無制限のPCで利用可能なTechnician版もあります。もっと見る »