By ゆき / 最後の更新 2020年03月29日

ハードディスククローンの作成について

簡単に言えば、ハードディスククローンは、ハードディスク全体をそのまま別のハードディスクにコピーすることです。

ハードディスクのクローン作成は、HDDから文書、音楽、映画、動画などのデータをコピーして別にHDDに貼り付ける(ペースト)することではなく、Windowsのマスターブートレコード、システム環境、パーティション、アプリの設定、個人ファイル、プログラムなど、すべてのHDDの内容を別のハードディスクに丸ごとコピーするプロセスです。つまり、クローン元のHDDと全く同じ内容のコピー、複製を作ることです。

★関連記事:Windows 7でHDDを丸ごとSSD/HDDにクローン・コピー

    通常、ハードディスクのクローンを作成するのに2つの目的があります。

  • 古いHDDを換装またはアップグレードするために

  • 「ディスク領域が不足している」「PCの動作が遅くなる」といった問題を解決するために、長年使っているHDDを新しい大容量HDDまたはSSDに交換してアップグレードするかもしれません。

    システムが入ったHDDをSSDに換装してアップグレードするために、SSDへのクリーンインストール(OSやアプリケーションソフトを新規にインストールすること)は少し面倒かつ複雑な操作です。こういう時に、HDDの内容をSSDに直接コピーして転送できれば、時間や手間を節約できます。しかし、それは単なるデータコピーではないので、ハードディスククローンにより、古いHDDのシステム領域も新しいSSD(またはHDD)にコピーして移行する必要があります。

  • HDD上のデータを移動または転送するために

  • ディスククローンにより、ハードディスクの中に入っているありとあらゆるデータをそっくりそのままほかの場所(HDDまたはSSD)に移します。ハードディスクの故障に備えて、クローンしたディスク(クローン先のディスク)をバックアップとして保管しておくことができます。また、ハードディスククローンによるデータ移行は、壊れかけのハードディスクから大切なデータを復旧、救出することもできます。

個人PCだけでなく、会社のコンピューターでも、HDDをアップグレードしたり、データを転送したりする必要がある場合には、ハードディスククローンを実行することができます。そのため、個人用とビジネス用、両方のコンピューターでディスククローンは非常に役立ちます。

おすすめのハードディスククローンフリーソフト

ハードディスククローンを作成するために、まずは優れたクローンツールを探し出す必要があるでしょう。

様々なHDDクローン用のフリーソフトがあるようですが、ここではAOMEI Backupper Standardという強力なハードディスク・クローン・フリーソフトを選びましょう。新しいHDDまたはSSDをPCに接続できれば特別な機器がなくてもクローンは可能です。分かりやすい画面の指示に従って、誰でも簡単に使えます。

ディスククローンソフト | AOMEI Backupper Standard

完全無料です。ブートディスクをMBRからMBRへクローンできます。通常のクローン方式のほか、セクター単位のクローンもサポートします。

無料ダウンロード

Win 10/8.1/8/7/XP

ダウンロード数が2千万回を超えた

※ブートディスクをMBRからGPTへ、GPTからMBRへ、GPTからGPTへクローンしたい場合やシステムクローンを行いたい場合、個人用Professional版またはビジネス用Workstation版にアップグレードしてください。そのStandard版はWindows 10、8.1/8、7、Vista、XPのみをサポートしますが、Windows Server 2008(R2)/2012(R2)/2016/2019などに対応するServer版、Technician Plus版もあります。もっと見る »

▼AOMEI Backupperをインストールして起動したあとのメイン画面は以下のとおりです。

主なインターフェイス

☞ハードディスククローンフリーソフトについて、もっと詳しい情報はこちらへ »

【補足】クローン機能に加えて、このディスククローンソフトウェアは他の機能をたくさん備えています。例えば、ディスク/パーティション/システム/ファイルのバックアップと復元、イメージファイルのチェック、ブータブルCDの作成などです。あなたのデータやパソコンの保護に少し役立つと思うなら、ぜひ無料でダウンロードして試してみてください~