By Akira / 最後の更新 2022年12月07日

GPTからMBR ディスクにクローンする原因

HDDからSSDに変更すると、システムの起動とプログラムの読み込みがよくアップグレードされ、多くのユーザーは時間のかかる再インストールを避けるために、Windows 11/10/8/7でハードディスクをSSDにクローンしたいと思います。HDDがGPTパーティションスタイルでフォーマットされ、SSDがMBRでフォーマットされた場合、ユーザーはGPTをMBRにクローンして処理を実行する必要があります。

GPTからMBR ディスクにクローン

一般に、GPTパーティションスタイルは新しく、MBRよりも優れています。のため、多くの人はMBR HDDをGPT SSDにクローンしたいです。しかし、GPTフォーマットされたディスクをトラブルなく使うために、いくつか注意しなければならないことがあります。GPTフォーマットのデータディスクは、32ビットと64ビットの両方のパソコンで動作します。ただし、GPT形式のシステムディスクは、64ビットWindowsでのみサポートされます。

パソコンは、UEFIベースのファームウェアを搭載したマザーボードである必要があります。そのファームウェアがあれば、GPTフォーマットされたシステムディスクは正常に起動することができます。

この2つはWindows GPTパーティションレイアウトを起動するための必須条件です。したがって、機能がないパソコンの場合は、MBRパーティションスタイルが適しています。それから、GPTからMBR SSDにクローンすることに関しても、いくつか注意する必要があります。

GPTからMBRへのクローン作成時の注意事項

このように、UEFIベースのファームウェアはGPTディスクの起動を保証します。逆に、LegacyベースのファームウェアはMBRディスクの起動をサポートします。ですから、クローン作成後、ブートモードをUEFIからLegacyに変更する必要があります。

もう一つの重要なことはプライマリパーティション番号です。MBRパーティションは最大4つのプライマリパーティション、または3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティション(無制限の論理ドライブを含むことができる)をサポートすることはよく知られています。一方、GPTディスクのすべてのパーティションはプライマリパーティションであり、パーティション数は最大128に達することができます(多くの人がMBRをGPTに変換する理由もそこにあります)。

例えば、GPTディスクのパーティションは5つに分け、MBRディスクにクローンした後、これらのパーティションは変更されます。そのため、クローンする前にパーティションを結合するか、或いはシステムクローンを行ってから、パーティションクローンを行って残りのパーティションを移動することをお勧めします。

GPTからMBRへのクローンに関する注意事項を理解した後、GPTからMBRへのクローンを実行しましょう~

GPTからMBR SSDにクローンする方法

HDDからSSDへのクローン作成には、特に信頼性の高いクローン作成ソフトウェアが必要です。AOMEI Backupper Professionalは包括的なUEFIディスククローニングソフトウェアで、GPTからMBR SSDドライブにクローンすることをサポートします。

このソフトは様々な状況に応じて、インテリジェントクローン(使用する部分のみコピー)とセクター単位のクローン(削除または紛失したファイルを復元するための良い方法)を提供します。

起動可能なメディアを作成して、Windowsを起動せずにUEFI GPTディスクをクローンするオプションを提供します。システムクローンを使って、システムドライブだけをGPTからMBRにクローンすることもできます。Windows 11、10、8、7、XP、Vistaに対応します。ぜひダウンロードしてお試してみましょう!

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
クローンする前の準備:
クローン後、ターゲットのMBR SSDは上書きされます。もし必要なら、外付けドライブまたは他の安全な場所にファイルをバックアップしてください。
新しいハードディスク或いはSSD、特に小さいハードディスクにWindows 10をクローンする時、ターゲットディスクにソースディスクの全データを保存する十分なスペースがあることを確認してください。そうでなければ、クローン作成は失敗する場合があります。

1. SATA-to-USBケーブルで接続するか、SSDをパソコンにインストールします。AOMEI Backupperをインストールし、実行します。

2. 「クローン」タブの「ディスククローン」をクリックします。

ディスククローン

3. UEFI GPTディスクをソースディスクとして選択します。「次へ」をクリックします。

ソースディスク

4. MBR SSDを保存先ディスクとして選択します。「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

5. 操作概要のページで「SSD 4Kアライメント」をチェックし、「開始」をクリックします。

開始

セクター単位のクローン:このオプションをチェックすると、使用されているかどうかにかかわらず、GPTからMBR SSDへすべてのセクタをクローンします。この方法はより長い時間がかかります。
パーティションを編集:この機能で三つのオプションが利用可能です。パーティションのサイズを変更せずにコピーする、すべてのパーティションに未使用領域を追加する、またはパーティションサイズを手動で調整することができます。セクタ単位のクローンをチェックすると、このオプションは使用できなくなります。

6. クローン作成が終了したら、PCをシャットダウンします。電源を入れ、特定のキー(DelまたはF2)をタップし続け、ブート起動に入ります。もしどのキーを押せばいいかわからない場合は、Escキーを押してください。フルメニューが表示され、BIOS Setupを選択することができます。

7. Bootタブの下にLegacy/UEFI bootがあります。UEFIを無効にしてLegacyを有効にすればOKです。F10を押して変更を保存し、終了します。その後、パソコンを再起動します。

boot

まとめ

AOMEI Backupper Professionalを利用して、WindowsでGPTからMBRにクローンすることを簡単に実行できます。クローンの機能以外に、このソフトウェアでリアルタイムに同期して、データを即時に保護することもできます。Windows Serverユーザーの場合は、AOMEI Backupper Serverを使用してデータの安全性を保護してみてください。