By Machi / 最後の更新 2022年10月08日

PCシャットダウン時の自動バックアップを設定する原因

Windowsは最も一般的に使用されているオペレーティングシステムです。強力なシステムですが、特にシステムのアップグレードやプログラムのインストール後に問題が発生しやすいのも事実です。システム障害が発生したり、突然起動できなくなったりすることがあります。

このような状況を避けるためには、時間ベースの自動バックアップを設定することによって、Windowsの復元ポイントを定期的に作成することが有効な解決策の1つです。しかし、データ損失の原因となるシステム障害は、PCシャットダウン時に発生することが多いのです。したがって、コンピュータの操作を終了した後、シャットダウンする前にバックアップを実行するのが最善です。

シャットダウン時にバックアップを自動的に実行

しかし、このようなバックアップのスケジュールは、時間を決めて作成することはほとんどできません。コンピュータをシャットダウンするたびにバックアップタスクが自動的に実行されれば、より効率的でしょう。このように、自動バックアップで常に最新のデータを安全に保つことができ、パソコンに深刻な問題が発生したときに、簡単に正常な状態の最新イメージに復元することができます。

イベントに基づいてバックアップを自動実行する最適な方法

Windows 10には、「ファイル履歴」と「バックアップと復元」の2つの基本的なバックアップユーティリティがあります。前者は主にユーザーフォルダを対象とし、後者はシステムイメージを作成することができます。

どちらも「スタート」→「設定」→「更新とセキュリティ」→「バックアップ」にあり、スケジュール(毎日、1時間ごと、12時間ごとなど)を設定してバックアップを自動化することも可能です。ただし、これらのいずれもシステムシャットダウン時や起動時に自動バックアップすることはできません。

また、蓄積されたバックアップデータで、バックアップ保存先が容量不足になることもあります。Windowsは最新のシステムイメージのみを保持することができるものの、カスタマイズ可能なバックアップ保持方法がまだ不足しています。

したがって、Windows 10でシャットダウンまたはスタートアップ時に、バックアップを自動的に実行するには、サードパーティー製のバックアップソフトを使用しなければなりません。ここでは、最高のバックアップ&復元ソフト-AOMEI Backupper Professionalをお勧めします。このソフトは:

システム起動、シャットダウンなど、イベントベースのスケジュールオプションがあります。当然、毎日/毎週/毎月のような時間基準のスケジュールオプションもあります。
古いバックアップの自動クリーンアップ、変更された部分のみバックアップする増分/差分バックアップ、使用されているセクターのみバックアップする「インテリジェントセクターバックアップ」など複数の省容量機能をサポートしています。
ファイル/フォルダ、パーティション、システム、ディスクバックアップの4つのバックアップモードをサポートしています。
内蔵/外付けHDD/SSD、USBメモリ、SDカード、共有フォルダ、NAS、クラウドストレージなどほとんどのストレージデバイスに対応しています。
Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPに対応しています。

下のダウンロードボタンをクリックし、AOMEI Backupper Professionalの30日間無料試用版をダウンロードし、使ってみましょう!

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

シャットダウン時のバックアップの自動実行を設定する方法

これから、AOMEI Backupper Professionalでシャットダウン時にバックアップを自動的に実行することを設定する方法をご紹介します。

1. AOMEI Backupper Professionalを開きます。「バックアップ」タブをクリックして、ニーズに応じてバックアップモードを選択します。ここでは「システムバックアップ」を例として説明します。

システムバックアップ

2. システムの起動に必要なドライブがすでに選択されるので、矢印下のボックスまたは逆三角形をクリックし、システムイメージの保存先だけを選択すればよいです。

ステップ2

3. 「スケジュール」をクリックし、「自動バックアップを有効にする」スイッチをオンにして、ドロップダウンから「イベントトリガー」を選択します。そして、「システムシャットダウン」を選択し、「はい」をクリックします。*必要に応じて、「一日に最大一回実行」にチェックを入れることができます。

システムシャットダウン

他の2つのオプション:
オプション:バックアップの圧縮レベル/暗号化/分割、バックアップ完了後の電子メール通知、インテリジェントセクターバックアップ/完全なバックアップ(すべてのセクターをバックアップ)などを設定することができます。
スキーム:フル/増分/差分バックアップ、古いバックアップの自動クリーンアップを設定することができます。バックアップの保存先に十分な空き容量があることを確保したいなら、このオプションの設定をお勧めします。

4. すべての設定を確認し、問題がなければ、「開始」をクリックします。

開始

まとめ

以上は、Windows 10/11で、AOMEI Backupper Professionalを使用して、シャットダウン時にバックアップを自動的に実行することを設定する方法でした。どうでしょうか?非常に簡単でしょう。

このソフトは、シャットダウンに加えて、システム起動、サインイン、サインアウト、USB挿入のスケジュールオプションもサポートしています。ユーザーの異なるニーズを満たすことができます。

また、システムイメージを作成した後、あらかじめブータブルメディアを作成しておくことをお勧めします。こうすれば、システムクラッシュなどによってシステムが起動できない場合でも、作成されたイメージを正常に復元できます。

今すぐダウンロードし、データを守りましょう!