By Machi / 最後の更新 2022年09月28日

Windows Server バックアップについて

Windows Server バックアップ(WSB)は、Windows Server 2003、2008、2012、2016、2019、2022(R2を含む)、SBS 2003、2008、2011でサーバー全体(すべてのボリューム)、選択したボリューム、システム状態、特定のファイルやフォルダ、またはサーバーベアメタルバックアップをバックアップできる無料のサーバーバックアップソフトウェアです。

NTBackupの代替品として知られているように、Windows Server バックアップ(WSB)はバックアップの大きな改善を行い、ファイルレベルの代わりにブロックレベルのバックアップを採用しています。また、ITプロフェッショナルが簡単に管理できるように、コマンドライン版のWBAdminが提供されています。

しかし、Windows Server バックアップにはいくつかの制限があり、注意が必要です:

Windows Server バックアップは個別のファイルのバックアップをサポートしていません。ボリューム全体をバックアップする必要があり、個別のファイルやフォルダを選択すると、何もバックアップされません。
Windows Server バックアップは、シャドウコピーのストレージスペースをターゲットボリュームの1/8以下に縮小することはありません。したがって、ディスク容量が不足しているため、バックアップに失敗する場合があります。
NTFSでフォーマットされていないボリュームは、バックアップ先またはバックアップ元として使用できません。

Windows Server バックアップの代替ソフトをお探しの場合は、以下のWindows Server向けの多機能かつ信頼性の高いバックアップソフトを使用することを強くお勧めします。

Windows Server バックアップの代替ソフト-AOMEI Backupper

ここでは、Windows Server向けのバックアップ&復元ソフト-AOMEI Backupper Serverの使用をお勧めします。このソフトは次のようなメリットがあります:

すべてのWindows ServerとPCに対応しています。Windows Server 2003、2008、2012、2016、2019、2022(R2を含む)およびWindows 11、10、8.1、8、7、Vista、XP(32ビットと64ビット)に対応しています。
4つのバックアップモードをサポートしています。ハードディスク全体のバックアップ、パーティションのバックアップ、システム状態のバックアップ、個別ファイル/フォルダのバックアップが可能です。
複数の省容量機能を備えています。バックアップファイルの圧縮、使用されているセクタのみバックアップする「インテリジェントセクターバックアップ」、変更された部分のみバックアップする増分/差分バックアップ、古いバックアップの自動クリーンアップをサポートしています。
FAT16、FAT32、NTFS、ReFS、Ext2、Ext3、ExFATなどのファイルシステムをサポートしています。

AOMEI Backupper Serverの30日間無料試用版をダウンロードし、お試しください。

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速

AOMEI BackupperでWindows Serverをバックアップする方法

次に、AOMEI Backupper Serverの「ディスクバックアップ」機能を使用してWindows Serverをバックアップする方法をご紹介します。ニーズに応じて他のバックアップモードを選択できます。

手順 1. AOMEI Backupperを起動します。「バックアップ」タブをクリックしてから「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

手順 2. 別のバックアップタスクと区別するために、タスク名を変更することができます。

タスク名

手順 3. 「ディスクを追加」をクリックします。ポップアップウィンドウで、Windows Serverを含むディスクをバックアップ元として選択します。

ソースディスク

手順 4. そして、矢印下のボックスまたは逆三角形をクリックし、ディスクイメージファイルを保存する場所を選択します。内蔵/外付けHDD/SSD、USBメモリ、SDカード、NAS、共有フォルダ、クラウドストレージなどほとんどのストレージデバイスに対応しています。

バックアップ先のドライブ

手順 5. 「開始」をクリックし、プロセスが完了するまで待ちます。

開始

下の3つのオプションをクリックし、バックアップをカスタマイズできます:
オプション:他のバックアップと区別するためのコメントを書き込んだり、システムバックアップの圧縮レベルを選択したり、バックアップ完了後の電子メール通知を設定したりすることができます。
スケジュール:この機能では、毎日、毎週、毎月、イベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)、USB挿入の5つのモードから、自動バックアップを設定することができます。
スキーム:フルバックアップ、変更された部分のみバックアップする増分/差分バックアップ、古いバックアップの自動クリーンアップを設定することができます。

まとめ

この記事では、最高のWindows Server バックアップの代替ソフト-AOMEI Backupper Serverとその使い方を紹介しました。いくつかのクリックだけで、特定のフォルダ/ファイル/パーティション、システム、ディスク全体を好きな場所にバックアップできます。初心者でも気軽に使えます。

また、クローン、同期、ディスク消去ソフトでもあります。データをHDDからSSDに移行したい場合や、ディスク上のデータを復元できないように消去したい場合に役立ちます。今すぐダウンロードし、使ってみましょう!