By ゆき / 最後の更新 2020年03月10日

Windows Server Essentials ダッシュボードを使用してWindows Server 2019、2016、2012、2008のクライアントバックアップを作成できますが、ちょっと複雑です。この記事では、クライアントバックアップを作成するより簡単な方法をご紹介します。

なぜWindows Serverのクライアントバックアップを作成する?

ほとんどのWindows Serverのユーザーは、1つのコンピュータだけを持っています。そのため、1つだけのコンピュータでWindows Serverのバックアップを作成する必要があります。しかし、複数のコンピュータを持っている場合、バックアップ作成にかかる時間が長くなります。

この問題を解決するためにWindows Serverのクライアントバックアップを作成できます。Windows Serverのクライアントバックアップはトラブルを回避するだけでなく、利点をもたらします。

  • 時間と労力を節約

    コンピュータをひとつずつバックアップすることよりも、複数のコンピュータを同時にバックアップするほうがずっとマシです。バックアップ作成にかかる時間と労力を節約できます。

  • 管理コストを削減

    企業では、すべての従業員にWindows Server向けバックアップソフトの使い方を教える必要がありません。技術者一人だけを指定して、すべての操作は彼一人で完了できます。こうすると、管理コストを削減できます。

  • 操作中にエラーを回避

    上述のように、すべてのバックアップ操作は一人で完了できるため、同じことを実行するもう一人が要りません。こうすると、操作中にエラーが発生する可能性を低くできます。

WSEのダッシュボード vs AOMEI Centralized Backupper

Windows Server 2019、2016、2012(R2)、2008 クライアント バックアップの作成に2つの選択があります。Windows Server Essentials ダッシュ ボードAOMEI Centralized Backupperです。しかし、どれが最適なクライアントバックアップソフトですか?

Windows Server Essentials ダッシュボードはデフォルトでWindows Serverにインストールされているわけではありません。Windows Server Essentials ダッシュボードを使用するためにWindows Server Essentials エクスペリエンスの役割をインストールして、Windows Server Essentials環境を構築する必要があります。Windows Server Essentials エクスペリエンスの役割を追加するだけで、Windows Server Essentials ダッシュボードを開くことができません。

クライアントコンピュータをバックアップするために、バックアップしたいクライアントをすべてドメインに参加させる必要があります。クライアントコンピュータをドメインに参加させない場合、そのバックアップの作成が完成できません。

Windows Server Essentials ダッシュボードと比べて、AOMEI Centralized Backupperはより簡単に使えます。AOMEI Centralized Backupperを中央コンピュータにインストールし、AOMEI Backupperのスタンドアロン・バージョンをクライアントコンピュータにインストールする限り、中央コンピュータでこれらのすべてのクライアントのシステム、ディスク、パーティションまたはファイルを共有フォルダやNASにバックアップできます。更に、対象クライアントをドメインに参加させる必要はありません。

こちらから購入する

一言でより簡単な方法を使用したいなら、ぜひAOMEI Centralized Backupperを試してみてください。

ACBでWindows Serverのクライアントバックアップを作成

  • 手順 1. AOMEI Centralized Backupperをインストールして起動します。

  • 手順 2.Computers(コンピュータ)」⇒「Uncontrolled Computers(制御されないコンピュータ)」をクリックします。一覧表示からすべてまたは部分のコンピュータを選択し、「Request Control(制御を要求)」をクリックします。制御を要求


  • Uncontrolled Computers(制御されないコンピュータ)タブでバックアップしたいクライアントコンピュータが見つからない場合、「Install client program(クライアントプログラムをインストール)」をクリックし、AOMEI Backupperのスタンドアロン・バージョンを新しいパソコンにインストールすることができます。その後、新しいコンピュータを選択し、制御要求を送信できます。

  • 手順 3.Tasks(タスク)」タブで「New Task(新規タスク)」をクリックし、タスクを一つ選択してください。この例では「System Backup(システムバックアップ)」を選びましょう。新規タスク

  • 手順 4. このバックアップのために名前を付けます。

  • 手順 5.Step 1(手順1)」で「Add Computers(コンピュータを追加)」⇒「Controlled Computers(制御されたコンピュータ)」をクリックします。そして、バックアップしたいすべてのコンピュータを選択します。

  • 手順 6.Step 2(手順2)」そして「Add Storage(ストレージを追加)」をクリックします。次の画面で共有フォルダまたはNASのパスと表示名を入力し、「OK(はい)」をクリックします。最後はネットワーク上のバックアップ先(ターゲットフォルダ)を選択し、このステップを完成させます。

  • 手順 7. このバックアップタスクを別のタスクから区別したい場合、左下隅にある「Settings(設定)」をクリックし、「General(全般)」を選択することでコメントをバックアップに追加することができます。また、圧縮、分割、VSSなど、他のバックアップ設定をここで実行することもできます。

  • 手順 8. システムを自動的にバックアップしたい場合、「Schedule(スケジュール)」をクリックし、コンピュータを選択し、バックアップのためにスケジュールを設定できます。

  • 手順 9.Start Backup(バックアップ開始)」をクリックし、「Only create a task(タスクを作成)」または「Create and execute tasks(タスクを作成および実行)」を一つ選択します。そして、実行結果を待っています。システムバックアップ

補足:バックアップがあれば、ウイルス、システムクラッシュなど、予想外のことが発生すると、システムイメージからコンピュータを復元できます。

まとめ

Windows Server 2019、2016、2012(R2)、2008 クライアント バックアップを作成すると、時間と労力を節約し、管理コストを削減し、操作中のエラーを回避することができます。色々な利点があります。Windows Serverのクライアントバックアップの作成にWindows Server Essentials ダッシュボードとAOMEI Centralized Backupperを使用できます。

しかし、Windows Server Essentials ダッシュボードのほうが複雑です。Windows Server Essentials ダッシュボードがデフォルトでインストールされないので、手動でそれをインストールして設定する必要があります。また、バックアップしたいクライアントコンピュータをドメインに参加させる必要があります。

より簡単な方法を使用したい場合、AOMEI Centralized Backupperを使用できます。それを中央コンピュータにインストールし、クライアントプログラムをクライアントコンピュータにインストールするだけが必要です。そして、ACBでクライアントのシステム、ディスク、パーティションまたは重要なファイルをバックアップできます。