By Machi / 最後の更新 2022年11月30日

ネットワーク上のすべてのパソコンをバックアップできるのか?

個人データのバックアップは、個人ユーザーにとっては日常的なことであり、実現も難しくはないでしょう。しかし、企業や学校、ネットカフェなどでは、管理者が複数のコンピュータを管理する必要があり、それに応じて時間や管理コストも増加します。

複数台のパソコンをバックアップ

この負担を軽減するためには、集中バックアップソリューションを導入するのが一番です。このソリューションでは、マシンごとにバックアップや復元を実行する必要はありません。すべての操作は、コンソールから簡単に行うことができます。

これを実現するには、強力な集中型バックアップソフトウェアが必要です。

LAN内の複数台のPCを集中的にバックアップできるソフトウェア

ご存知のように、ほとんどの集中バックアップソフトは、パソコンに精通しているユーザー向けに開発されていて、関連する知識を必要とします。ここでは、初心者でも気楽に使える総合的なバックアップソフト-AOMEI Centralized Backupperをお勧めします。

AOMEI Centralized Backupperは、1台のコンピュータをコンソールとして使用し、ネットワーク上の複数台のWindowsデスクトップパソコン、ノートパソコン、仮想マシン、サーバーをバックアップすることが可能です。このソフトで、ファイルバックアップ、パーティションバックアップ、システムバックアップ、ディスクバックアップ、またはリアルタイム同期を作成・管理し、すべてのクライアントの状態を監視することができます。

具体的には、このソフトは以下のようなメリットがあります:

自動スキャンとグループポリシー

ネットワーク上のすべてのコンピュータを自動的にスキャンし、リストアップします。
制御されているコンピュータを異なるグループに分け、それらを異なる方法でバックアップを実行できます。

柔軟なバックアップオプション

設定」で、バックアップイメージの圧縮/暗号化/分割、他のバックアップと区別するためのコメントの追加、電子メール通知などを設定できます。
スケジュール」で、バックアップ頻度を1回/毎日/毎週/毎月から選択できます。また、「詳細」をクリックし、フル/増分/差分バックアップを選択できます。
自動バックアップを設定した場合、バックアップ先の容量を節約するには、「スキーム」で、保持するバックアップ数を設定できます。保持しているバックアップは設定した数を超えると、古いバックアップファイルが自動的に削除されます。

バックグラウンドで実行

バックアップを実行するとき、クライアントコンピュータは作業が中断されません。
VSS技術により、対象ファイルが使用中であっても、正常にバックアップされます。

ネットワーク上のすべてのコンピュータを一度にバックアップする方法

このソフトを使えば、ホームネットワークやビジネスネットワーク上の複数台のコンピュータを一度にバックアップできます。操作は非常に簡単です。開始する前に、まず2つの準備作業を行う必要があります:

▶ まず、コンソールとしてのコンピュータにAOMEI Centralized Backupperをダウンロードしてインストールし、すべてのクライアントにACBAgentをインストールします(インストールパスからコピーするか、ACBからインストールします)。

acbagentをインストール

▶ ACBを起動すると、「コンピュータ」タブにLAN内のすべてのコンピュータが表示されます。管理したいものを選択し、制御を申請します。申請が承認されると、複数台のコンピュータのバックアップを一度に作成できます。

制御を要求

手順 1. システムのバックアップを例とします。「タスク」→「新規タスク」をクリックし、「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

手順 2. 「ステップ1」で「コンピュータを追加」をクリックして、バックアップするクライアントをすべて選択し、「はい」をクリックして確認します。

コンピュータを追加

手順 3. システムの完全復旧に必要なパーティションがすべて選択されます。「ステップ2」をクリックして、「ストレージを追加」をクリックし、共有フォルダ/NASのパスを入力し、「はい」をクリックして追加します。

ストレージを追加

手順 4. ニーズに応じて、「設定」「スケジュール」「スキーム」をクリックし、バックアップをカスタイズします。すべての設定を確認し、問題がなければ、「バックアップ開始」をクリックし、「タスクを作成」または「タスクを作成および実行」を選択できます。

バックアップ開始

ご覧のように、AOMEI Centralized Backupperでネットワーク上のすべてのコンピュータをバックアップするのは非常に簡単です。ディスク容量とバックアップ実行時間を節約するために、デフォルトで、自動バックアップは増分バックアップとして実行されます。

作成されたバックアップタスクは「タスク」タブに表示され、そこで集中的に管理または復元することができます。

まとめ

仕事や日常生活で複数のコンピュータを同時に管理する必要がある場合、一つずつ操作するよりも、ネットワーク上の複数台のコンピュータを同時にバックアップする方がはるかに手間がかかりません。

AOMEI Centralized Backupperのような集中バックアップソフトを使えば、バックアップタスクを集中的に作成・管理することができます。もし一つのコンピュータがクラッシュしたら、簡単に正常な状態に復元できます。また、ファイルやOSだけでなく、このソフトウェアはSQLデータベースでも自動バックアップできます。今すぐダウンロードし、体験しましょう!