By AOMEI / 最後の更新 2020年03月27日

なぜディスククローンをするのか?

「ディスククローン」って簡単に言えば、ディスクの内容全体を他のディスクにコピークすることです。それは、多くの目的に使用されています。ここで五つの点をまとめました。

データの損失を防ぐため:お使いのHDDを空のHDDに丸ごとクローンしておくと、重要なデータを誤って削除しても、データの紛失を心配する必要はありません。

時間を節約するため:ディスク間で直接コピーするのに費やす手間と時間はOSやアプリの再インストールよりもずっと少ないです。

起動失敗を回避するため:Cドライブだけをコピーし、システムで予約済みのパーティションやEFIシステムパーティションなどをコピーしない場合、新しいHDDからの起動に失敗することがあります。OSが正常に起動することを保証するために、ディスク全体をコピーしたほうがいいです。

ディスクを交換するため:HDDを長期間使うと、当然パソコンの動作が遅く、重くなってきて、ディスクの空き容量も少なくなってきました。より多くの空き領域を作るため、パソコンの運行速度を戻すため、新たで大きなディスクにコピーして交換することができます。

ディスクをアップグレードするため:SSDは全面的な優れたドライブで、多くのユーザーはHDDをSSDに交換して、性能を上げると考えています。アップグレード中データの安全を守るために、「ディスククローン」が必要となります。

Windows Server 2012向きのクローンソフトの選び方

サーバーのディスククローンを選択するなら、信頼性が高く、強力なディスククローンソフトウェアであるAOMEI Backupper Serverは最高です。

AOMEI Backupper Serverは簡潔なインターフェースと簡単な操作のため、どのユーザーにとってもやさしいです。対応性には各バージョンのサーバーシステムをサポートしています。だから、安心に使用してください。

クローン機能に関しては、ディスククローンやシステムクローンなどを備えています。さらに、Windows Server HDDをSSDにクローンする場合、「SSD 4Kアライメント」機能をオンにして、ディスクのパフォーマンスを向上することができます。一方、バックアップ機能も提供していて、ニーズによって利用できます。

無料体験 Win サーバ&PC向け

AOMEI BackupperでWindows Serverのクローンを作ろう

クローン前の準備が必要です。

● ターゲットディスクをWindows Serverコンピューターに接続し、検出できることを確認してください。

● ソースディスクがターゲットディスクにクローンされると、ターゲットディスク上のすべてのデータが上書きされます。したがって、事前に重要なファイルを外付けHDDにバックアップしてください。

● AOMEI Backupper Serverをダウンロードして、インストールして、起動してください。

そして、以下のステップに従って、サーバーのディスククローンを行いましょう。

ステップ 1. 「クローン」、「ディスククローン」をクリックしてください。システムのみクローンする場合、「システムクローン」をクリックしてください。

ディスククローン

ステップ 2. クローンするディスクをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックしてください。

ソースディスク

ステップ 3. 別のディスクをターゲットディスクとして選択し、「次へ」をクリックしてください。

ターゲットディスク

ステップ 4. ターゲットディスクがSSDの場合、「SSD 4Kアライメント」を選択してください。ソースディスクとターゲットディスクの設定を確認し、「開始」をクリックして、実行を始めます。

開始

ご注意:

● 小さなディスクを大きなディスクにクローンする場合、「パーティションを編集」ボタンをクリックしてください。ディスク全体を使用できるように、3つのオプションを使用してパーティションのサイズを変更することができます。

● このバージョンは1台のコンピューターのみサポートします。データとOSを継続的に保護したい場合、AOMEI Backupper Technicianのような高度なバージョンにアップグレードすることを推薦します。これは無制限のPCまたはサーバーで使用できて、とても評判になっています。

ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なく聞いてください。弊社のメールは:「[email protected]」です。最後までありがとうございました。