By Comnena / 最後の更新 2021年08月03日

SSDをUSBメモリにクローンする方法はありますか?

コンピュータユーザーは様々な状況でデータが失われることを存知していると思います。例えば、システムクラッシュ、ハードドライブ障害、予期しない削除など。SSDのデータを安全に保護するために、多くのユーザーはSSDのクローンを作成したいと考えているでしょう。そうしたら、悪いことが起きても、データは失われません。

SSDをUSBメモリにクローン

USBメモリは値安で、小型で、ポータブルであるため、SSDをUSBメモリにクローンすることはもう非常に一般的な方法になりました。SSDをUSBメモリに移行し、USBメモリから起動してSSDの空き容量を増やしたいと考える人が多いと思います。

では、SSDをUSBメモリにクローンし、そこから正常に起動する方法はなんだろう?

SSDをUSBメモリにクローンするソフトウェア

幸いなことに、SSDをUSBメモリにクローンできるソフトウェアがあります。AOMEI Backupper Standardという多機能を備えている最高のソフトウェアです。このソフトウェアは非常に強力であり、簡単なステップでSSDをUSBメモリにクローンして、クローン後にUSBメモリから起動できます。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

補足:AOMEI Backupperは、バックアップ、復元、クローンなどの分野の専門的なソフトウェアです。異なる消費者向けのいくつかのエディションもあります。Windows PCユーザーの場合、AOMEI Backupper ProfessionalはWindows 10/8/7/Vista/XPをサポートしています。Windows Serverユーザーには、AOMEI Backupper Serverが適しています。

さらに、AOMEI Backupperは、使いやすい直感的なインターフェースをユーザーに提供しています。じゃあ、SSDをUSBメモリにクローンする簡単なステップを学びましょう。

HDDをUSBメモリにクローンする方法

ステップ 1. USBメモリをコンピューターに接続し、検出できることを確認してください。AOMEI Backupper Standardをインストールして起動してください。次に、「クローン」、「ディスククローン」を選択してください。

注意:起動ディスクをGPTからMBRへ、GPTからGPTへ、MBRからGPTへクローンする場合、個人PC向けProfessional版またはビジネスPC向けWorkstation版にアップグレードしてください。

ディスククローン

ステップ 2. 次に、ソースディスクとしてSSDを選択し、「次へ」をクリックしてください。

ソースディスク

ステップ 3. ソースディスクを選択したら、USBメモリをターゲットディスクとして選択し、「次へ」をクリックしてください。

ターゲットディスクとして選択

ステップ 4. 次に、操作概要ページに移動してください。「開始」をクリックして、操作が開始します。

開始

まとめ

AOMEI Backupperを使用すると、SSDからUSBドライブへのクローン作成は4回クリックするだけで済み、BIOSモードで起動順序を変更することで、クローン化したUSBドライブを使用してコンピューターを起動できます。

さらに、AOMEI Backupperを使用すると、起動可能なUSBドライブを作成して、USBドライブからコンピューターを起動できます。これは、ディスククローンソフトウェアであるだけでなく、バックアップシステム、システム修復ディスクの作成、以前の日付へのシステム復元、HDDのSSDへの交換などのソフトウェアでもあります。