By AOMEI / 最後の更新 2020年01月06日

起動ドライブのクローンはどうやって

どうやって起動ドライブを別のドライブにクローンするのですか」、「起動ドライブをコピーしてペーストできますか」ってそういう質問がありましたか。私たちの日常生活で、ファイルを転送する最も一般的な方法はコピーしてターゲットドライブにペーストすることです。従って、ユーザーはWindows 7/8/10で起動ドライブを移動するのに同じ方法を使うことができると思いかねません。

実際には、すべてのWindowsファイルを別のドライブにクローンできますが、コンピュータの起動に使用されるシステム予約パーティションまたはその他の隠しパーティションがそのまま移動されないと、ドライブは起動しません。

つまり、Windowsファイルを別のドライブにコピーしてペーストすることだけしてはいけないということです。では、起動ドライブを別のドライブに移動した上で安全な起動を確実にする方法はなんでしょうか。

HDDを起動可能にする方法とは

HDDを起動可能にするには、コンピュータの起動に使用するすべてのパーティションまたはファイルをクローンできるディスククローンソフトウェアが必要なのです。無料で使用できるAOMEI Backupper Standardを強くお勧めします。 世界中の多くのユーザーに使用されています。

それはディスククローン、パーティションクローンを含むあらゆる基本的なクローン機能を持っているソフトウェアです。 また、GPTディスクをMBRにクローンすることもできて、その逆も可能です。 その上、より大きなHDDをより小さなSSDにクローンすること、またはより小さなディスクをより大きなディスクにクローンすることもサポートされています。

起動ドライブを別のドライブにクローンする方法とは

起動ドライブを別のドライブにクローンするには、AOMEI Backupper Standardのディスククローン機能を利用してみてください。 Windows 7/8/10でブートパーティションのクローンを作成するだけなら、システムクローンを検討することができます。 ディスク全体ではなく、オペレーティングシステムのみを転送します。 より高度な機能が必要な場合は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードすることができます。システムクローンとか、ユーザーにSSDの整列とか、パーティションの編集などの追加機能を提供します。

詳細な手順:

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールしてから起動してください。 ターゲットディスクをコンピュータに接続し、それが検出されることを確認してください。

ステップ 2. クローンタブの右側にある「ディスククローン」というボタンをクリックしてください。 Windows 7/8/10ブートパーティションを別のドライブにクローンするには、「システムクローンをクリックしてください。

ディスククローン

ステップ 3. オペレーティングシステムを含むドライブをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックしてください。

ソースディスク

ステップ 4. ターゲットディスクを選択して「次へ」をクリックしてください。

次へ

ステップ 5. 「開始」をクリックしてください。その後、操作が完了するまで辛抱強く待ってください。

開始

ディスククローン/システムクローンのヒント

一部のユーザーは、クローンHDDまたはSSDが起動できないと報告していました。この問題を解決するにはどうするのか、 次のことを確認してください。

● ディスクまたはシステムのクローンを作成する前に:

1. ターゲットデバイスとソースデバイス以外のをパソコンから外す必要があります。そうでない場合、ソースデバイス上のデータをクローンする時に、一部の起動ファイルがターゲットデバイス以外のデバイスにクローンしかねません。

2. ディスクに不良セクタが含まれているかどうかを確認して、もしあったら、HDDから不良セクタを修復したり削除したりする必要があります。

● クローンを作成した後、コンピュータはターゲットドライブからコンピュータを自動的に起動しません。そして手動でする必要のあることがあります。

1. 古いHDDを取り出し、元のHDDの場所にSSDをインストールします。そうしないと、元のHDDから自動的に起動することがあります。コンピュータがクローンHDDから起動できるようになるまでに、ディスクをフォーマットしないでください。

2. BIOSを起動してブートオーダーを変更する必要があります。クローンし上がったHDDが最初の起動オプションになっていない場合、コンピュータが起動できません。

3. ターゲットディスクのパーティションスタイルがソースディスクと異なる場合は、ブートモードを変更することです。普通に、GPTディスクはUEFIから起動し、MBRはBIOSから起動しますが、ターゲットディスクがGPTの場合は、Legacy BIOSをUEFIに変更する必要があります。

最後

起動ドライブを別のドライブにクローンすると言えば、単にコピーしてペーストするではなく、AOMEI Backupper Standardのようなディスククローン作成ソフトウェアを使用する必要があります。AOMEI Backupper Standardは起動に必要なすべてのファイルのクローンを作成できます。クローンを作成した後、古いドライブを切り替え、ブートオーダーとブートモードを変更するだけです。

※ご注意 : ターゲットディスクがSSDの場合は、SSD 4Kアライメントにチェックマークを入れる必要があります。それはSSDの読み書きを加速させます。ターゲットディスクが大きい場合は、「パーティションを編集 」をクリックしてパーティションサイズを調整し、ディスクを最大限に活用できます。