By AOMEI / 最後の更新 2020年04月13日

Windows Server 2012ディスクイメージソフトとは

Windows Server 2012のシステムに内蔵するディスクイメージツールがないのです。そのため、システムクラッシュや、保存ストレージの損害や、ヒューマンエラーやウイルス攻撃などの事故からもたらすデータの紛失を避けるには、Windows Server 2012のディスクイメージソフトを使用しなければなりません。実際、Windows Server 2012のディスクイメージソフトとは、データ安全を保護するためのプログラムです。Windows Serverディスクバックアップソフトとも呼ばれています。

サーバーディスクイメージソフトになる資格

1. 異なるストレージデバイスにバックアップ可能

例えば、データをローカルパーティション、外付HDD、ネットワーク、NAS、CD/DVD、USBメモリーなどにバックアップできる機能を備えています。

2. 画像圧縮・画像分割機能あり

この二つの機能があれば、イメージファイルをより小さな一つに圧縮できるし、いくつかの部分に分割できます。こうしたら、ストレージ容量は随分節約できます。

3. 起動可能なCDの作成許可

こうして、システムが起動できなくなっても、ディスクイメージを作成し、復元するアクセス許可がもらえます。

4. ディスク/パーティションクローン機能あり

システムやアプリなど再インストールなしで一つのHDDから別のHDDにデータを移動するための大切な機能です。

5. 画像ファイル検索

イメージファイルの保存をチェックする機能を提供します。

ナイス選択:AOMEI Backupper Server

市場にはたくさんのバックアップソフトがありますが、性能がダメか、価格が高すぎなどの問題で様々な文句があります。以上の要素を全部備えているのソフトはないとも言えません。AOMEI会社によって開発された、クローン・バックアップ・復元ソフトウェアのAOMEI Backupperはすごく評判されている満点製品です。

AOMEI Backupperはビジネスやホームユーザー向けの機能豊富、使いやすいバックアップと復元フソフトです。三つの主要なバックアップオプション:ディスクバックアップ、パーティションバックア ップ、システムバックアップを備えています。データをバックアップしたら、損失が発生しても、「復元」機能の力で前の状態に戻ることができます。それに、その柔軟性も優れています(AOMEI Backupper ServerはWindows Server 2008/2008 R2/2003/2003 R2/2016/2019をサポート)。

では、例をとして、AOMEI Backupper ServerでWindows Server 2012ディスクイメージをバックアップする方法を実演します。

無料体験

Win サーバ&PC向け

安全かつ高速ダウンロード

ディスクイメージを作成する方法

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをインストールして、起動します。「バックアップ」、「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

ステップ 2. 「ディスクを追加」をクリックして、バックアップしたいディスクを選択します。

ソースディスク

ステップ 3. そして、ターゲットパスを選択します。

ターゲットディスク

ステップ 4. ニーズに応じて、「スケジュール」をクリックして、特定のバックアップ時間とバックアップタイプを設定することができます。

スケジュール

ステップ 5. 「開始」をクリックしてから、バックアップが実行されます。

開始

それで、この製品に対する紹介が以上です。このバージョンは1台のサーバーパソコンだけをサポートします。社内の台数無制限サーバーでデータとOSを継続的に保護したい場合、AOMEI Backupper Technician Plusのような高度なバージョンにアップグレードすることを推薦します。

最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、何か問題があったら気軽にお聞きください。