By ゆき / 最後の更新 2019年10月10日

Windowsサーバーの間にファイルを同期するニーズがある時、どうやって簡単にファイルを共有して同期しますか?この記事は一番簡単な方法を説明します。

サーバー同士の間にファイルを同期

  • 職場で複数のサーバーの間にファイルを同期する必要がある事が多いです。あるユーザーからの質問を例にとって:

    会社には2つのWindowsベースのサーバーがあります。一台はWindows Server 2008 Standardで、もう一台はWindows Server 2008 R2のOSとなっています。それぞれは異なる部署のオフィスにあり、どちらも独自のドメインとアクテイブディレクトリを持っていますが静的IPアドレスを持っていません。今は2つの部署の間にファイルを共有する必要があります。どうやって簡単にサーバーのファイルを共有しますか?。
  • 複数のサーバーを所有している会社か個人にとって、サーバー同士間でファイルを同期することは日常の使用においてごく普通なニーズです。上記のユーザーのように、部署ごとにファイルを複数のサーバーに保存しておくと良いでしょう。または、データの損失を防ぐため、ファイルを別のサーバーに同期してバックアップします。どんな理由でファイルを同期しても、正しい方法は重要です。続けて読んで、最も簡単な方法を学びましょう。

Windows Server2008/2012/2016同期機能

問題を解決する時はもちろんまず組み込みユーティリティーを試します。実にWindows ServerオペレーティングシステムにはDFSという複数のサーバーの間にファイルを同期するツールがあります。

DFS(Distributed File System)はWindows Server 2003 R2から導入されていてWindows Server 2008/2012/2016/2019にも利用できるネットワーク機能です。DFSは複数のサーバーに存在するファイルをネットワーク上の一つの機器で集中的に管理する機能です。

dfs

しかし、DFS機能を利用するのは複雑で時間がかかります。さらに、多くの欠点が避けられません。

  • ● 各サーバーはアクテイブダイレクトリールドメインの一部である必要があります。そうでないと、DFSは機能しません。

  • ● DFS機能はNTFSファイルシステムをのみサポートします。即ち、FAT32、ReFSなど他のファイルシステムのディスクを同期することができません。

  • ● DFSを使用するうちに、エラーコード:1706、エラーコード:9026、エラーコード:9098などのエラーメッセージが表示される場合がよく見られます。

幸いに、DFSは唯一のサーバー同期方法ではありません。強力なサーバーバックアップソフトAOMEI Backupper Serverはサーバー同期機能が備わっています。この製品を利用して、簡単なクリックでWindowsサーバーの間にファイルを同期します。

AOMEI Backupper Serverでファイル同期

AOMEI Backupper ServerはWindows Serverユーザー向けに開発された総合的なバックアップツールです。このソフトはバックアップクローン同期の3つの主な機能によって最も簡単なデータバックアップと災害復旧ソリューションを提供します。ここではファイル同期機能を利用してWindowsサーバー間でファイルを同期します。

AOMEI Backupper Serverは全てのWindows PCとサーバーオペレーティングシステム(Windows XP/Vista/7/8/8.1/10、Windows Server 2003/2008/2011/2012/2016/2019)をサポートしています。同期機能といえば、AOMEI Backupper Serverはマルチ機能の同期タスクを作成できます。毎日、毎週、または毎月ファイルを自動同期することを選択できます。さらに、「リアルタイム同期」機能を使用すると、指定したファイル/フォルダに起こった変更(追加、削除や編集)は遅延なく同時にターゲットパスに同期されます。

お買い求めはこちら 30日間無料試用 90日間無条件返金処理可 24時間年中無休メール技術サポート

早速サーバー同期を設定しましょう!

  • 1. ファイル同期のターゲットサーバーで同期用フォルダを作成しておきます。

  • 2. AOMEI Backupper Serverを実行し、「バックアップ」⇒「ファイル同期」をクリックします。ファイル同期

  • 3. タスク名をつけ、「フォルダを追加」ボタンをクリックして同期したいローカルフォルダを指定します。フォルダ追加

  • 4. ターゲットフォルダを指定します。下側の②をクリックして、ポップアップウィンドウで「Share/NAS」をクリックします。 sharenas

  • 5. 「Share/NASデバイスを追加」ボタンをクリックします。同期用フォルダ所在のサーバーの情報を入力して「はい」をクリックします。最後に、同期用フォルダのパスを指定します。サーバー追加

これで、同期タスクの作成が終わりました。

実用!スケジュールによって自動同期同期タスクを自動的に実行させたい場合はぜひ「スケジュール」機能を活用してください!

スケジュール

スケジュール」機能は日付だけでなく、サーバーの起動、シャットダウンなどのイベントトリガーもサポートします。さらに、USBドライブ挿入するとバックアップを実行するように設定できます。ファイルを常に最新のバージョンに同期するには「リアルタイム同期」をチェックします。

まとめ

AOMEI Backupper ServerはWindowsサーバーを同期するために最善な選択です。数回のクリックで複数のサーバーの同期タスクを作成できます。それ以外に、AOMEI Backupper Serverは文字通り、PCとサーバーのディスク、パーティション、システムとファイルをバックアップするソフトです。強力なバックアップ機能は大切なデータを完璧に保護します。内蔵のクローン機能もサーバーのクローンとデータ移行に役立ちます。