By Machi / 最後の更新 2022年09月14日

なぜバックアップソフトを探すの?

 

私のパソコンはWindows Server 2008エディションで、随分長い間に使用されましたが、現在、よく分からない問題でパソコンの調子は良くなくなったのです。友人から、サードパーティ製のバックアップソフトで事前にデータとファイルをバックアップしておくと、システムがクラッシュしでも、イメージでシステムを復元することができますって聞きました。そして私は今、Windows Server 2008向けの強力なバックアップソフトを探しているのです。

- サーバーユーザー

そうです。パソコンのパフォーマンスを最適化にするように、またはパソコンが故障中の状態でもシステムを復元できるように、強力なバックアップソフトを見つけるのは重要です。

Windows Server向けの最高のバックアップソフト-AOMEI Backupper Server

ここでは、Windows Server向けの最高のバックアップソフト-AOMEI Backupper Serverの使用をお勧めします。Windows Server 2008に加えて、Windows Server 2003、2012、2016、2019、2022(R2を含む)、SBS 2003、2008、2011、およびWindows PCシステムをサポートしています。そして、この強力なツールの機能を説明させていただきます:

4つのバックアップモードに対応:システム/ディスク/パーティション/ファイルバックアップをサポートしています。様々なニーズを満たすことができます。
自動バックアップ:毎週/毎日/毎月/イベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)/USB挿入の5つの柔軟的な自動バックアップオプションで自動バックアップを設定することができます。
増分バックアップと差分バックアップ最初のフルバックアップの後、変更された部分のみをバックアップします。バックアップ時間とバックアップ先の容量を節約することができます。
古いバックアップの自動削除:古いバージョンのバックアップの自動削除を設定することができます。これによって、ターゲットディスクは十分な空き容量を確保することができます。
複数のストレージデバイスに対応:Windows Server 2022をローカルディスク、外付けハードディスク、USBドライブ、NAS、クラウドドライブなどのデバイスにバックアップすることができます。

AOMEI Backupperでシステムをバックアップする方法

ここでシステムイメージの作成を例として、AOMEI Backupperの使い方を説明します。

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverの30日間試用版を無料でダウンロードし、インストールし、起動します。「バックアップ」タブで「システムバックアップ」をクリックします。

Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速

システムバックアップ

ステップ 2. Windows Serverの起動に必要なドライブが既に選択されるので、バックアップ先だけ選択すればいいです。

ターゲットを選択

オプション:バックアップにコメントを書き込んだり、バックアップファイルの暗号化/分割/圧縮を設定したり、バックアップ完了後の電子メール通知を有効したりすることができます。
スケジュール:自動バックアップを設定することができます。
スキーム:フル/増分/差分バックアップと古いバージョンのバックアップの自動削除を設定することができます。

ステップ 3. 「開始」をクリックしてシステムバックアップを実行します。

開始

そう、AOMEI Backupperを使用して、3つのステップで、システムのバックアップを作成できます。パソコンを全く知らない初心者でも、気軽に使えます。

まとめ

Windows Serverをバックアップするためのソフトを探している方は、ぜひこの記事で紹介したバックアップソフト-AOMEI Backupperを使ってみてください。ディスク/システム/パーティション/ファイルバックアップの4つのバックアップモードをサポートしていて、ユーザーの異なるニーズを満たすことができます。

また、バックアップに加えて、クローン、同期、ディスク消去などたくさんの機能を備えています。Windows Server 2022でCドライブをクローンしたい場合や、ディスクを復元できないように消去したい場合に役立ちます。今すぐダウンロードし、サーバーを守りましょう!