By AOMEI / 最後の更新 2020年12月18日

USBドライブにバックアップする理由

Windows Server 2012 R2バックアップの作成が非常に重要です。事前にバックアップしたら、ハードウェア障害、ウイルス感染、システムクラッシュなどの緊急事態が発生した場合も、システムとディスクを以前の状態に復元できて、データ損失を心配する必要はありません。

winサーバー2012

そのため、システムイメージのバックアップを保存する安全な場所を選択することは重要な一環になります。NAS、ローカルドライブ、CD / DVDなど、たくさんの保存道具があり、どう選ぶのはいいでしょうか?

バックアップを内蔵ハードドライブに保存すると、ハードウェア障害が発生した場合、すべてのバックアップが失われる危険性があります。また、共有場所が常に接続される場合、マルウェアとウイルスに感染する可能性がありますので、NASへのバックアップも安全ではありません。

ここでは、USBドライブへのバックアップという安全で信頼できる方法をお勧めします。USBドライブへのバックアップには多くのメリットがあります。

    ●バックアップが完了するとUSBドライブはコンピューターから分離されます。そのため、データはハードウェア障害、マルウェアとウイルス感染を回避することができます。

    ●ほとんどのコンピューターにUSBポートがあります。USBドライブを使用すると、コンピューターに非常に簡単にアクセスできます。

    ●USBドライブは小型でポータブルです。ポケットに置いて、どこでも持ち運ぶことができます。

一般的な方法でWindows Server 2012 R2をUSBにバックアップ

Windows Server 2102 R2には、Windows Serverバックアップという強力な機能があります。これを使用して、Windows Server 2012 R2をUSBにバックアップできます。

ではバックアップを作成する方法を見てみましょう。

ステップ 1. 「サーバーマネージャ」より「管理」、「役割と機能の追加」ウィザードから「Windows Server バックアップ」機能を追加します。

ステップ1

ステップ 2. 「サーバーマネージャ」より「ツール」、「Windows Server バックアップ」、「ローカル バックアップ」を押します。

ステップ2

ステップ 3. 「はじめに」ページに「次へ」を押します。

ステップ3

ステップ 4. バックアップの構成を選びます。「サーバー全体」を選択して「次へ」を押します。

ステップ4

ステップ 5. バックアップの時間の指定をして、「次へ」を押します。

ステップ5

ステップ 6. 作成先の種類の指定では、「バックアップ専用のハードディスクにバックアップする」、「ボリュームにバックアップする」、「共有ネットワークフォルダーにバックアップする」三つの種類が選択できます。今回は推奨の「バックアップ専用のハードディスクにバックアップする」を選択します。

ステップ6

ステップ 7. 「作成先のディスクの選択」を押します。「すべての使用可能なディスクを表示」をクリックし、選択可能なディスクを選択します。「バックアップ専用のハードディスクにバックアップする」を使用するには、空っぽのディスクが必要になります。

ステップ7

ステップ 8. ターゲット先のディスクにボリュームがある場合このメッセージが表示されます。「OK」を押します。

ステップ8

ステップ 9. メッセージを確認して、「はい」を押します。

ステップ9

ステップ 10. バックアップジョブ内容を確認し、「完了」を押します。

ステップ10

Windows Serverバックアップは悪くないですが、いくつかの制限があります。ファイルシステムの制限や、ターゲットパスの制限、許可の制限などは本当に困ります。特にサイズの制限で、USBの未使用領域は64GB以上である必要があります。そうしないと、ローカルドライブでUSBドライブを見つけることができません。また、その操作手順は初心者や、パソコンに詳しくない人々にとっては、ちょっと難しいしかもしれません。

簡単な方法でWindows Server 2012をUSBにバックアップ

その簡単な方法は、AOMEI Backupper Serverを使うことです。これにより、USBストレージの問題を心配する必要はありません。システムイメージのバックアップを保存するのに十分なスペースがある限り、USBドライブにバックアップできます。

AOMEI Backupper Serverはプロのサーバーバックアップソフトウェアです。数回クリックするだけでシステムイメージのバックアップを作成することができます(初心者でもオッケー)。コンピューターに緊急事態が発生しても、以前の状態にすばやく回復できます。

では、この素晴らしいソフトでバックアップする手順を見てみましょう。

無料体験 Win サーバ&PC向け

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをインストールし、起動します。「バックアップ」、「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

ステップ 2. ソースパスは自動的に選択されますので、USBドライブをターゲットパスとして選択するだけで結構です。

ターゲットを選択

ステップ 3. 「開始」をクリックして、実行します。

開始

ただ三つのステップでWindows Server 2012 R2をUSBドライブへのバックアップが完成しました。伝統的な方法より、すごく簡単だと思いませんか?

最後

Windows Server 2012 R2に加えて、AOMEI Backupper ServerはWindows Server 2008/2008 R2/2003/2003 R2/2016/2019およびWindows 7/8/8.1/10/XP/Visaもサポートします。それ以上、AOMEIでは、増分および差分バックアップの作成とか、ディスク容量を節約するために圧縮バックアップの作成などもできます。

もし、社内の無制限のPCとサーバーを保護したい場合、AOMEI Backupper Technician Plusを選択することができます。クライアントに無制限の技術サービスを提供する上に、インストールディレクトリをコピーすることでポータブル版を作成することもできます。

AOMEI Backupperは、いつも世界中のデータを守ります。