By Comnena / 最後の更新 2021年07月02日

Windows Server バックアップソフトウェア

Windows Server 2003用の経済的なバックアップソフトウェアを探しています。誰かアドバイスがありますか?何か助けていただければ幸いです。

-あるユーザーからの質問

Windows Server 2003

実際のところ、Windows Server 2003には、バックアップユーティリティ(バックアップまたは復元ウィザード)、NTBackup、Vssadminなどのバックアップソフトウェアがいくつかあります。この記事では、詳細な手順とともにバックアップソフトウェアを紹介します。

バックアップユーティリティでバックアップする

Windows Server 2003のバックアップ機能は、コンピュータ上のすべてのコンテンツ、選択ファイル、またはシステム状態をバックアップするのに役立ちます。データをバックアップまたは復元するには、管理者グループのメンバーである必要があります。以下にファイルバックアップの詳細な手順:

手順 1. 「スタート」ボタン>「すべてのプログラム」>「アクセサリ」>「システムツール」>「バックアップ」をクリックして、バックアップまたは復元ウィザードを開きます。

手順 2. 開いているウィンドウで「次へ」をタップします。

バックアップまたは復元ウィザード

手順 3. 「ファイルと設定のバックアップを作成する」オプションを選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

ファイルと設定のバックアップを作成する

手順 4. バックアップを作成する項目」画面が表示されます。「どの項目のバックアップを作成しますか?」からバックアップしたい項目を選択して「次へ」ボタンをクリックします。

バックアップを作成する項目

手順 5. 「参照」をクリックしてバックアップファイル(拡張子.bkfを持つファイル)を保存するバックアップ先を選択し、必要に応じてこのバックアップの名前を変更してから、「次へ」をクリックします。

参照

手順 6. バックアップの設定の概要を確認し、「完了」を押してWindows Server 2003のバックアップファイルを開始します。

完了

NTBackupコマンドでバックアップする

プロのユーザーの場合は、NTBackupコマンドを試してデータをバックアップできます。次の手順でNTBackupを使用できます。

手順 1. 「スタート」>「すべてのプログラム」>「アクセサリ」>「コマンドプロンプト」に移動します。

手順 2. コマンドプロンプトでntbackup /?を入力して、このパソコンで使用可能なNTBackupコマンドオプションを一覧表示することができます。

構文は次のとおりです。
ntbackup backup [systemstate] "@FileName.bks" /J {"JobName"} [/P {"PoolName"}] [/G {"GUIDName"}] [/T { "TapeName"}] [/N {"MediaName"}] [/F {"FileName"}] [/D {"SetDescription"}] [/DS {"ServerName"}] [/IS {"ServerName"}] [/A] [/V:{yes | no}] [/R:{yes | no}] [/L:{f | s | n}] [/M {BackupType}] [/RS:{yes | no}] [/HC:{on | off}] [/SNAP:{on | off}]

たとえば、バックアップユーティリティで指定されたバックアップタイプを使用してバックアップを作成します。
ntbackup backup "@C:\Program Files\Windows NT\ntbackup\data\commandline.bks" /j "My Job 2" /t "NTBackup 1" /n "NTBackup 2"

このコマンドは、 C:\Program Files\Windows NT\ntbackup\data\ にあるCommandline.bksという名前のファイルをバックアップすることを意味します。バックアップジョブの名前は「MyJob2」で、「NTBackup1」という名前のテープを新しい名前「NTBackup2」で上書きします。

注:システムバックアップには、すべてのシステムファイルやブートファイルではなく、システム構成のほとんどの要素が含まれています。したがって、システム障害が発生した場合にシステムを回復するために、すべてのブートパーティションとシステムパーティションをバックアップしてください。

さらに、システムがWindows Server 2019、Server 2016、Server 2012、Server 2008、Server 2003、およびすべてのWindows PCの場合、wbadminコマンドを使用して、システムバックアップを作成できます。

Wbadmin start systemstatebackup –backupTarget:f:

このコマンドは、システムをFドライブにバックアップすることを意味します。

Vssadminでバックアップする

Vssadminは、ForVolumeSpecのシャドウコピーを作成するのに役立ちます。構文は次のとおりです。

vssadmin create shadow /for=ForVolumeSpec [/AutoRetry=MaxRetryMinutes]

たとえば、Cドライブのシャドウコピーを作成します。

vssadmin create shadow /for=C:

Vssadmin

Windows Server 2003用の最適なバックアップソフトウェア

Windowsの組み込みバックアップユーティリティに加えて、よりプロフェッショナルで柔軟なWindowsバックアップソフトウェアを試すことができます。AOMEI Backupper Serverは、Windows Server 2019、Server 2016、Server 2012、Server 2008、Server 2003、およびすべてのWindows PCで使用できます。AOMEI Backupper Serverは、システムバックアップ、ディスクバックアップ、ファイルバックアップ、さらには完全バックアップ、増分バックアップ、差分バックアップなどの機能を提供し、バックアップのスケジュール設定は非常に簡単です。

さらに、クローン機能を使用すると、Windowsオペレーティングシステム、プログラム設定、システムファイル、個人ファイルを別の場所に安全に移行できます。次の手順を実行する前に、まずAOMEI Backupper Serverの30日間無料試用版をダウンロードしてください。

無料ダウンロード ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

★より安い方法ーAOMEI OneKey Recovery
Lenovo Onekey Recovery(レノボワンキーリカバリー)の代替品としてAOMEI OneKey RecoveryはWindows 10/8.1/8/7/Vista/XP(32ビット版または64ビット版)およびWindows Server 2003/2008(R2)/2012(R2)/2016/2019、SBS 2003、2008、2011に対応し、すべてのパソコンで使用可能です。システムを回復パーティションまたは別の場所にバックアップしたら、パソコン起動時にF11(デフォルト)またはAキーを押して、システムをバックアップ時点までの状態に回復することができます。

ここでは、Windows Server 2003システムをバックアップする方法を説明します。

手順 1. AOMEI Backupperを実行した後、「バックアップ」>「システムバックアップ」をクリックします。

システムバックアップ

手順 2. Windows Server 2003システムバックアップファイル(拡張子.adi)を保存するバックアップ先の場所を選択します。

バックアップ先

ヒント:システム/ブートファイルに関連付けられているシステムパーティションまたはブートパーティションが自動的に選択され、手動で選択する必要はありません。

手順 3. 「開始」ボタンを押して、Windows Server 2003システムパーティションとブートパーティションをバックアップします。

開始

★ヒント:
1. Windows Server 2003のバックアップを希望どおりにスケジュールするために、AOMEI Backupperは複数のソリューションを提供します:デイリー、ウィークリー、マンスリー、イベントトリガー、USB挿入。
✍イベントトリガー:次のイベントでバックアップイベントをトリガーできます:ユーザーサインイン、ユーザーサインアウト、システム起動、システムシャットダウン。
✍USB挿入:USBデバイスを検出すると、ファイルを自動的にUSBにバックアップするか、USB上のデータを他の場所にバックアップします。
2. また、バックアップスキームを有効にして古いバックアップイメージを削除することもできます。使用できるオプションは5つあります。フルバックアップスキーム、増分バックアップスキーム、差分バックアップスキーム、スペース管理スキーム、他のバックアップスキームです。

まとめ

AOMEI Backupperは、Windows Server 2003のバックアップフリーウェアと比較して、より強力で柔軟性があり、バックアップイメージを他のコンピューターに復元できます。ハードウェアが異なるコンピューターでも、AOMEI PXE Boot Toolなどの高度なツールを提供します。

1つの会社内で台数無制限のPCを保護および回復するには、AOMEI Backupper Technicianを使用してください。