By Comnena / 最後の更新 2022年05月24日

Windows 11をネットワークドライブにバックアップする理由

ネットワークドライブバックアップ

コンピューターを頻繁に使用するWindowsユーザーにとって、大切なデータはたくさんあるはずです。問題は、ローカルディスクへのデータバックアップにはリスクがあることです。システムがクラッシュしたり、ハードディスクが損傷したりすると、コンピュータを起動できなくなり、データとシステムの回復を実行できなくなります。

データ保護を強化するために、Windows 11 OSとファイルをNASやマップされたドライブなどのネットワーク上の場所にバックアップできます。したがって、コンピューターが故障した場合でも、ネットワークを介してこれらのバックアップファイルにアクセスできます。この記事では、Windows 11をネットワークドライブにバックアップする3つの方法を紹介します。

Windows 11で共有フォルダとネットワークドライブを作成する方法

ネットワークドライブは、NASまたはマップされた共有フォルダーである可能性があります。NASをバックアップストレージとして使用している場合は、問題ありません。ただし、共有フォルダーに慣れていない場合は、次のガイドに従うことができます。

Windows 11でフォルダーを共有する方法:

手順 1. デスクトップ画面上で右クリックし、「新規作成」→「フォルダー」を選択して、任意の名称のフォルダを作成します。

フォルダー

手順 2. 作成したフォルダを右クリックし、「プロパティ」を選択します。「共有」タブ→「詳細な共有」ボタンをクリックします。

詳細な共有

手順 3. 「このフォルダーを共有する」のチェックボックスにチェックを入れます。続けて、「アクセス許可」ボタンをクリックします。

アクセス許可

手順 4. 「アクセス許可:Everyone」欄にある「変更」項目の「許可」チェックボックスにチェックを入れます。

アクセス許可:Everyone

手順 5. 最後は「適用」→「OK」→「閉じる」をクリックした後、新しく作成したフォルダが、共有フォルダーに設定されます。

ターゲットパスとして共有フォルダを選択すると、バックアップが失敗する場合があり、イメージファイルへのアクセスも非常に簡単ではありません。したがって、ネットワークドライブとしてマッピングすることを検討できます。ローカルコンピュータにドライブ文字が割り当てられるため、共有の場所にあるファイルに簡単にアクセスできます。

Windows 11でネットワークドライブを作成する方法:

手順 1. 「スタート」ボタンをクリックして、「コンピューター」をクリックします。

手順 2. メニューバーから「ネットワークドライブの割り当て」を選択します。

ネットワークドライブの割り当て

手順 3. ドライブ文字を選択し、テキストボックスに共有フォルダーのパスを入力します。

共有フォルダーのパスを入力

手順 4. 「完了」をクリックして実行します。次に、このPCの下にマップされたネットワークドライブがあります。

次に、以下の方法でWindows 11をネットワークドライブにバックアップしてみてください。

Windows 11でネットワークドライブにデータをバックアップする方法

Windows 10と比較して、Windows 11は主にOneDriveにファイルをバックアップするオプションを追加します。ファイル履歴やバックアップと復元(Windows 7)などの古い機能を使用して、Windows 11をネットワークの場所にバックアップすることはできますが、アプローチが少し変更されています。

まず、「スタート」>「設定」または「Win + i」ショートカットから「システム設定」を開きます。

次に、「システム」>「ストレージ」>「詳細設定」>「バックアップオプション」に移動できます。

または、コントロールパネルを開きます。以下のように表示方法が小さいアイコンまたは大きいアイコンのどちらかで開きます。

コントロールパネル

ユーザーフォルダをネットワークドライブに自動バックアップする場合は、「ファイル履歴」を選択します。
特定のライブラリまたはシステムイメージをネットワークドライブにバックアップする場合は、「バックアップと復元」を選択します。
ファイル/パーティション/ディスク/OS用のより効率的なWindowsバックアップソリューションが必要な場合は、方法3を試してください。

方法 1. Windows 11のファイル履歴

手順 1. ここで、コントロールパネルからファイル履歴を起動し、左側の「ドライブの追加」の横にある「+」をクリックし、バックアップファイルを保存するネットワークの場所を選択します。

ドライブの追加

手順 2. 「その他のオプション」をクリックして「バックアップオプション」画面にアクセスします。この画面では、ファイル履歴でファイルをバックアップする頻度、バージョンを保存する期間、およびバックアップが必要な他のフォルダーの追加を設定できます。

その他のオプション

方法 2. Windows11のバックアップと復元

手順 1. 「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「バックアップと復元(Windows 7)」に移動します。

バックアップと復元

手順 2. 「バックアップと復元(Windows 7)」が表示されます。「システムイメージの作成」をクリックします。

システムイメージの作成

手順 3. 「バックアップをどこに保存しますか?」と表示されます。「ネットワークの場所上」を選択して、「選択」ボタンをクリックします。

ネットワークの場所上

手順 4. 「ネットワークの場所を選択する」と表示されます。「参照」ボタンをクリックします。

参照

手順 5. 「バックアップを保存するファイルを選択してください。」と表示されます。保存したいフォルダをクリックして、「OK」ボタンをクリックします。

バックアップを保存するファイルを選択してください。

手順 6. 「ネットワークの場所を選択する」に戻ります。「ネットワーク資格情報」に、任意のユーザー名とパスワードを入力して、「OK」ボタンをクリックします。

ネットワークの場所を選択する

手順 7. 「バックアップをどこに保存しますか?」に戻ります。「次へ」ボタンをクリックします。

次へ

手順 8. 「バックアップの設定を確認します」と表示されます。「バックアップの開始」ボタンをクリックします。

バックアップの開始

方法 3. Windows 11をネットワークドライブにバックアップするためのより簡単なツール

Windows 11ファイルまたはOSをネットワークフォルダーまたはマップされたドライブにバックアップする場合でも、より簡単なソリューションであるAOMEI  Backupper Standardがあります。この無料のバックアップソフトウェアは、すべてのWindows OS(11、10、8.1、8、7など)をサポートし、クリックするだけでファイル、パーティション、ディスク、OSをバックアップできます。

バックアップ先は、内蔵/外付けHDD、共有ネットワーク、NAS、USBフラッシュドライブ、クラウドサービスから選択できます。タスクを定期的に実行する場合は、「スケジュール」オプションを使用して自動バックアップを設定できます。

フリーウェアをダウンロードして試してみてください。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

Windows 11をネットワークドライブにバックアップする方法:

手順 1. ソフトウェアをインストールして起動し、「バックアップ」タブに移動します。システムバックアップ、パーティションバックアップ、ディスクバックアップ、ファイルバックアップから選択できる複数のオプションがあります。

ここでは、Windows 11のネットワークドライブにシステムをバックアップする例としてシステムバックアップを取り上げます。

システムバックアップ

手順 2. 逆三角形をクリックして、バックアップ先の場所としてネットワークドライブを選択します。ポップアウトウィンドウで「ネットワーク共有またはNASを選択」をクリックして、必要な情報を入力する必要があります。

ネットワーク共有またはNASを選択

手順 3. 次に、「開始」をクリックした後、プログラムはWindows 10/11を指定されたネットワークドライブにバックアップします。

開始

Professional版には、より高度な機能があります:
フィルタ設定:ソースフォルダに含める、またはソースフォルダから除外するファイルサフィックスを指定します。
バックアップスキーム:古いバックアップを自動削除してストレージスペースを節約します。
ユニバーサル復元:ハードウェアが異なる別のコンピューターからシステムを復元し、安全な起動を確保します。
リアルタイム同期:変更されたファイルをソースフォルダーからターゲットフォルダーにリアルタイムで同期します。

まとめ

Windows 11をネットワークドライブにバックアップすると、ローカルディスクバックアップよりも優れたデータ保護が提供され、LAN内の他のコンピューターからバックアップファイルにアクセスできるようになります。この記事では、重要なファイルまたはOSをWindows 11のネットワーク上の場所にバックアップする3つの方法を紹介します。その中でも、AOMEI Backupperは最も簡単な方法であり、最も包括的な機能セットも提供します。

コンピューターはServerである場合、AOMEI Backupper Serverの利用をお勧めします。もし、高級機能を求めない場合、無料版はいつまで利用しても構いません。

最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。@(o・ェ・o)@