By Comnena / 最後の更新 2022年06月09日

ネットワークドライブとは何ですか?

ネットワークドライブは常にビジネスやホームのために使用されるストレージ装置です。サーバーに位置する共有ネットワークリソースの種類が沢山あります:ネットワークアタッチトストレージ(NAS)装置、ネットワーク外付けHDDやネットワークコンピューターです。

ネットワークドライブ

ネットワーク上で共有データをより便利にアクセスできるために、それをローカルドライブとしてマッピングして、共有フォルダのショートカットを作成することができます。マッピングされるドライブはネットワークドライブと呼ばれます。それもドライブ文字を割り当てる必要があります。

ユーザーは、自分のコンピューターのローカルディスクスペースを費やさないで、ネットワークドライブを使用して、ファイルを共有し、保存することができます。ですから、ネットワークドライブへWindows10/11をバックアップするのは完璧な選択になります。

ネットワークドライブへのバックアップソリューション

Windows10/11をネットワークドライブにバックアップする3つの方法を以下に示します。状況に応じて1つお選びいただけます。

役立つ組み込みツールには、バックアップと復元(Windows 7)とファイル履歴の2つがあります。

バックアップと復元ユーティリティは、システムファイル、アプリケーション、ファイルなどを含むシステムのバックアップに役立ちます。
ファイル履歴は、個人ファイルのバックアップに重点を置いています。どちらも、ネットワークドライブへのWindows 10/11自動バックアップをサポートしています。

システムイメージのバックアップを作成する場合は「バックアップと復元」を選択し、ファイル/フォルダーをバックアップする場合は「ファイル履歴」を選択します。ただし、Windows10/11のバックアップが機能しないという問題に時々対処することは可能です。

その場合、1つの無料のサードパーティバックアップツールであるAOMEI Backupper Standardがそれを作成するのに役立ちます。システムバックアップとファイル/フォルダバックアップの両方をサポートします。詳細については、方法 3を参照してください。

方法1. バックアップと復元でネットワークドライブへWindows10/11をバックアップ

Windows 10/11には、組み込みバックアップツール「バックアップと復元」があります。これは、システムイメージの作成と、ファイルのバックアップに役立ちます。コンピューターに問題が発生した場合は、システムの復元を実行して、コンピューターを正常に機能する以前の状態に復元できます。

手順 1. 「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「バックアップと復元(Windows 7)」に移動します。

バックアップと復元(Windows 7)

手順 2. 「バックアップと復元(Windows 7)」が表示されます。「システムイメージの作成」をクリックします。

システムイメージの作成

手順 3. 「バックアップをどこに保存しますか?」と表示されます。「ネットワークの場所上」を選択して、「選択」ボタンをクリックします。

ネットワークの場所上

手順 4. 「ネットワークの場所を選択する」と表示されます。「参照」ボタンをクリックします。

参照

手順 5. 「バックアップを保存するファイルを選択してください。」と表示されます。保存したいフォルダをクリックして、「OK」ボタンをクリックします。

保存したいフォルダ

手順 6. 「ネットワークの場所を選択する」に戻ります。「ネットワーク資格情報」に、任意のユーザー名とパスワードを入力して、「OK」ボタンをクリックします。

ネットワークの場所を選択する

手順 7. 「バックアップをどこに保存しますか?」に戻ります。「次へ」ボタンをクリックします。

バックアップをどこに保存しますか?

手順 8. 「バックアップの設定を確認します」と表示されます。「バックアップの開始」ボタンをクリックします。

バックアップの開始

「バックアップと復元」を使用してシステムイメージを復元する方法

手順 1. 特定のファイルまたはフォルダーを復元するには、「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「バックアップと復元(Windows 7)」に移動し、「ファイルの復元」ボタンをクリックします。

手順 2. システムを復元するには、「設定」>「更新とセキュリティ」>「リカバリ」>「高度なスタートアップ」>「今すぐ再起動」に移動します。また、コンピューターの再起動時に「トラブルシューティング」>「詳細オプション」に移動し、「システムイメージの回復」をクリックします。

方法2. ファイル履歴でネットワークドライブへWindows10/11をバックアップ

ファイル履歴は、Windows 10/11の主要な組み込みバックアップソリューションであり、ユーザーアカウントフォルダー内のすべてのフォルダーをバックアップするのに役立ちます。必要に応じて他のフォルダを追加することもできます。

手順 1. 「スタート」>「設定」オプションをクリック>「更新とセキュリティ」を選択>「バックアップ」をクリックします。

手順 2. 「ドライブの追加」の横にある「+」をクリックし、バックアップファイルを保存するネットワークの場所を選択します。

ドライブの追加

手順 3. 「その他のオプション」をクリックして「バックアップオプション」画面にアクセスします。この画面では、ファイル履歴でファイルをバックアップする頻度、バージョンを保存する期間、およびバックアップが必要な他のフォルダーの追加を設定できます。

その他のオプション

ファイル履歴を使用してバックアップファイルを復元する方法

誤ってファイル/フォルダーを削除した場合は、Windows10/11ファイル履歴の復元を実行してファイル/フォルダーを回復できます。

手順 1. 「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「ファイル履歴」>「個人ファイルの復元」に移動します。復元するファイルを参照して見つけます。

手順 2. ファイルの以前のバージョンを復元するには:ファイルを右クリックして「プロパティ」を選択し、「以前のバージョン」タブに移動し、復元ポイントを選択して復元します。

方法3. AOMEI BackupperでネットワークドライブへWindows 10/11をバックアップ

でも、時々windows10/11のバックアップドライブを追加できない状況とネットワークドライブのバックアップエラーが発生することがあります。この時、サードパーティソフトウェアを勧めます。

AOMEI Backupper Standardは、Windows 10/11をネットワークドライブにバックアップするのに役立つ包括的で無料のPCバックアップツールの1つです。

システムバックアップ、ディスクバックアップ、パーティションバックアップ、ファイル/フォルダバックアップを提供します。
Windows 10/11の自動バックアップをネットワークドライブに設定できます。デイリー/ウィークリー/マンスリーバックアップを実行します。
Windows 10/11のネットワークドライブへの増分バックアップも実行できます。

Windows 10/11をネットワークドライブにバックアップする前に、システムが機能していないときに復元するために起動可能なメディアを作成し、ファイルエクスプローラーにネットワークドライブが表示されていることを確認してください。ネットワークドライブにもドライブ文字があるため、AOMEI Backupperを使用してネットワークドライブにバックアップすることは、ローカルパーティションを使用することと同じです。

Windows 10/11をネットワークドライブにバックアップするには:

手順 1. この無料のネットワークバックアップソフトウェアをダウンロード、インストール、起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 「バックアップ」タブの「システムバックアップ」をクリックします。ソフトウェアは、バックアップするパーティションを自動的に選択します。

システムバックアップ

手順 3. 逆三角形をクリックして、バックアップ先の場所としてネットワークドライブを選択します。ポップアウトウィンドウで「ネットワーク共有またはNASを選択」をクリックして、必要な情報を入力する必要があります。

ネットワーク共有またはNASを選択

手順 4. 次に、「開始」をクリックした後、プログラムはWindows 10/11を指定されたネットワークドライブにバックアップします。

開始

ノート:✎...
「オプション」をクリックして、コメントを書き込んだり、圧縮レベルを設定したり、電子メール通知を有効にしたりします。
「スケジュール」をクリックして、バックアップを毎日/毎週/毎月実行します。
バックアップファイルをより適切に管理するために、Professional版は、古いバックアップイメージを自動的に削除してストレージスペースを解放するのに役立つ「スキーム」オプションを提供します。

さらに、AOMEI Backupperでは、共有パスまたはNASパスを入力することにより、NAS上のネットワーク共有フォルダーへのWindows10/11バックアップを実行できます。NASにバックアップするには、ユーザー名とパスワードの入力も必要になる場合があります。逆の場合は、ネットワークドライブをWindows 10/11にバックアップし、それに応じてソースディレクトリとターゲットディレクトリを選択します。

まとめ

これで、Windows10/11をネットワークドライブにバックアップする方法がわかりました。バックアップと復元ユーティリティは、システムイメージの作成と、ファイルのバックアップの作成に役立ちます。ファイル履歴を使用すると、個人ファイルをバックアップできます。または、AOMEI Backupperを選択すると、システムだけでなく、ディスク、パーティション、または選択したファイルをネットワークドライブまたはNASにバックアップするのに役立ちます。

コンピューターからネットワークへのバックアップに加えて、AOMEI Centralized Backupperがあり、集中管理機能を使用してネットワークコンピューターをバックアップできます。