By Comnena / 最後の更新 2021年12月20日

Windows Easy Transferを利用できません

Windows Easy Transferは、以前のWindowsバージョンを実行しているコンピューターから新しいバージョンを実行しているコンピューターにファイルと設定をコピーできるユーティリティツールです。具体的には、Windows XP(SP2以降)からWindows 7への移行、およびWindows Vista(SP1以降)からWindows7への移行をサポートします。

これを使用すると、選択したファイルをUSB Easy Transfer Cable、リムーバブルメディア、またはネットワーク経由でバッチで転送できます。これは、手動コピーよりもはるかに便利です。今日でも、多くの人が最初にそれを使用して、Windows 7からWindows 10、Windows 8からWindows 10などの異なるOSのコンピューター間でデータを移行することを考えます。しかし、Windows Easy TransferはWindows 10では使用できません。

Windows Easy Transfer

Windows 10で最高の無料のWindows Easy Transferの代替手段

Windows Easy Transferは使いやすいツールですが、インストールされているアプリケーションを送信できない、64ビットバージョンのWindowsと32ビットバージョンの間でファイルを転送できないなどの欠点もあります。何よりも、最近のWindowsバージョンをサポートしていません。

したがって、Windows10でWindows Easy Transferの適切な代替手段を見つける必要がある場合があります。

MicrosoftがLaplinkと提携して、PCmover Expressという名前のWindows10ツールを提供しているのは事実です。選択したファイル、フォルダー、設定を古いWindows PCから新しいWindows 10 PCに転送することもできます。ただし、これはフリーウェアではなく、機能が制限されています。

個人的には、リーズナブルな価格に加えて、高速な転送速度と便利なプロセスを備えたツールが好きです。そして、それはフリーウェアを市場に出回っている同様の製品、AOMEI Backupper Standardから際立たせます。これには多くの利点があります。

互換性:Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPを実行しているPC間でプログラムを含むすべての種類のファイルを転送できます。
柔軟性:自動バックアップの設定など、ニーズに合わせてさまざまなモードとオプションを提供します。
使いやすさ:操作は直感的なインターフェースと満足のいくスピードで本当にシンプルです。
価格:完全にフリーウェアです。

これらの理由から、AOMEI Backupper StandardをWindows 10 Easy Transferの最良の無料の代替手段と考えており、その手順を以下に紹介したいと思います。

古いWindows PCからWindows 10 PCにファイルを転送する方法

Windows 10のWindows Easy Transferの代替手段として、AOMEI Backupper Standardは、コンピューター間でデータを転送するための2つの基本的な機能(ファイル同期とファイルバックアップ)を提供します。

前者は、元の形式でファイルのコピーを作成するため、ターゲットコンピューターで直接アクセスして使用できます。後者はファイルの圧縮バックアップイメージを作成するので、それらをターゲットコンピューターに復元する必要があります。

最初にソフトウェアをダウンロードしてインストールする必要があります。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

古いPCからWindows10PCにファイルを同期

通常、リムーバブルメディア、NAS、クラウドドライブなどを介してファイルを同期できますが、最も簡単な方法は、ネットワーク上でフォルダを同期することです。

これを行うには、最初に2台のコンピューターが同じワイヤレスまたは有線ネットワーク上にあることを確認する必要があります。次に、ソースコンピューター(以前のOSを使用)にネットワーク共有フォルダーを作成し、両方のコンピューターでネットワーク検出をオンにします。方法がわからない場合は、ここをクリックして詳細をご覧ください。その後、次の手順でファイルを転送してみてください。

手順 1. AOMEI Backupper Standardをインストールして起動します。「バックアップ」、「ベーシック同期」をクリックしてください。

同期

手順 2. 次のウィンドウで、「フォルダを追加」をクリックして、新しいWindows 10コンピューターに転送するファイルまたはフォルダを選択してください。

フォルダを選択

手順 3. 「Share/NAS」をクリックし、新しいウインドウで「ネットワーク場所を追加」をクリックしてください。

ネットワーク共有またはNAS

ネットワーク管理

手順 4. その後、「開始」をクリックして、プロセスが完了するまで待ってください。

開始

Windows 10を実行している新しいPCにファイルをバックアップ

AOMEI Backupperを使用して、イメージファイルを介して2台のコンピューター間でファイル/フォルダを転送することもできます。バックアップイメージファイルを保存して新しいPCに移動するには、USBドライブ、SDカード、HDD、SSDなどの外付けHDDを準備する必要があります。

手順 1. AOMEI Backupper Standardを起動します。「バックアップ」、「ファイルバックアップ」をクリックしてください。

ファイルバックアップ

手順 2. 「ファイルを追加/フォルダを追加」をクリックして、ソースデータを選択する必要があります。次に、外付けHDDをターゲットパスとして選択してください。

ファイルを追加

ターゲットディスクとして選択

手順 3. 最後に、「開始」をクリックしてください。

開始

ヒート:このソフトウェアを使用してWindowsシステムをコンピューターから別のコンピューターに転送することは可能ですが、ユニバーサル復元(Pro版のみ)のオプションにチェックマークを付けることを忘れないでください。これにより、システムイメージを別のコンピューターに復元できるため、復元後にターゲットPCを起動できます。

まとめ

Windows Easy TransferはWindows10では使用できなくなりましたが、無料のWindows 10 Easy Transferの代替であるAOMEI Backupper Standardを使用して同じ目標を達成できます。これにより、異なるOSを実行しているコンピューター間でファイルを転送でき、転送を柔軟に管理するためのオプションが提供されます。

さらに、ハードドライブをSSDにクローンしたり、OSを別のハードドライブに移行したり、AOMEI Backupper Serverを使用してWindows Serverを新しいハードウェアに転送したりすることもできます。