By Machi / 最後の更新 2022年07月19日

パーティションについて

パーティションのクローンを作成する前に、ハードディスクのパーティションとは何かを知っておくとよいでしょう。

ハードディスクのパーティションとは、ハードディスクの記憶領域が論理的に分割された個々の領域です。

もっとわかりやすく説明すると、ハードディスクを本棚に見立てば、パーティションは、その本棚の仕切り板のようなものです。ただし、パーティションは、ディスクの管理やAOMEI Partition Assistantなどのパーテイション管理ツールを通じて、希望するサイズに調整できる点が異なります。

Windows 10

なぜWindows 10でパーティションをコピーするのか?

パーティションのコピーは、システムパーティションのコピーとデータパーティションのコピーの2種類があります。システムパーティションのコピーというのは、Windows 10のOSをクローンすることです。これはPCのハードディスクをアップグレードする時にかなり便利です。しかし、ユーザーの中にはデータパーティションだけをクローンする人もいます。

前述のように、ハードディスクは複数のパーティションに分かれています。OSは個人ファイルと別に格納されることが多いです。一部のユーザーは重要なデータを同じパーティション(D:、E:、F:など)に置くかもしれませんが、時間が経つにつれて、PCはウイルス、ハッカーの攻撃や不適切な操作で破損する可能性が高いです。そのドライブも破損すると、重要なデータがすべて失われます。もし、これらのファイルを定期的にバックアップしたり、パーテイションを別のドライブにクローンしたりすれば、その場合に遭っても、心配する必要がありません。

Windows 10でパーテイションをコピーする方法

方法1. パーテイションクローン専用ソフト-AOMEI Backupperを使用する

Windowsには、クローン機能が搭載されていないため、パーティションのクローンを作成するには、サードパーティー製のクローンソフトを使用しなければなりません。ここでは、AOMEI Backupper Professionalをお勧めします。

このWindows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP対応のクローン専用ソフトはディスククローン、システムクローン、パーティションクローンという3種類のクローンモードをサポートしていて、お客様の異なるニーズを満たすことができます。

また、デフォルトで、使用されているセクターのみクローンするので、容量の大きいドライブを小さいドライブにクローンすることが可能です。最も重要なのは、そのUIデザインがシンプルで、操作も簡単で、いくつかのクリックだけで、クローンを実行できます。初心者でも気軽に使えます。

今すぐダウンロードし、使ってみましょう!

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Backupperをインストールし、起動します。「クローン」→「パーティションクローン」をクリックします。

パーティションクローン

★ 注意:
システムパーティションをクローンする場合、クローンしたディスクからパソコンを正常に起動できることを確保するには、「システムクローン」をご利用ください。また、システムパーティションをUSBドライブにクローンすることはお勧めできません。
クローン完了後、クローン先のパーティションが上書きされるので、事前にその中の重要なファイルをバックアップしておいてください。

ステップ 2. クローン元パーティションを選択し、「次へ」をクリックし、クローン先のパーティションを選択し、「次へ」をクリックします。

クローン元パーティションを選択

クローン先のパーティションを選択

ステップ 3. 下部の3つのオプションをクリックしたり、チェックしたりすることで、クローンをカスタイズします。すべての設定を確認し、問題がなければ、「開始」をクリックします。

開始

パーティションをSSDにクローンする場合、「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れるのをお勧めします。この機能を有効にすると、クローン完了後、SSDの読み書き速度と読み込み速度を向上させます。
ターゲットパーティションの容量はソースパーティションと同じまたはより大きい場合、「セクター単位のクローン」にチェックを入れると、使用されているかどうかにかかわらず、すべてのセクターをクローンします。
ターゲットパーティションの容量はソースパーティションより大きい場合、容量を最大限に活用するには、「パーティションを編集」をクリックし、「パーティションのサイズを手動で変更」または「各パーティションに未使用領域を追加」の2つオプションから、パーティションのサイズを調整できます。クローン完了後、クローン先のディスクに使えない未割り当て領域がないことを確保できます。

パーティションを編集

方法2. コマンドラインを使用する

上記の方法はその簡単さで、全ユーザーに適していますが、上級ユーザーには、コマンドラインを使用するのがより便利かもしれません。AOMEI Backupper Professionalはコマンドプロンプトでパーティションを別のドライブにコピー/クローンすることもできます。

まず、「スタート」ボタンを右クリックし、「コマンドプロンプト(管理者)」を選択します。AMBackup.exeを起動するには、そのインストールパスを入力し(例えば、cd C:\Program File (x86)\AOMEI Backupper)、「Enter」キーを押して、実行します。そして、「AMBackup /c/t part/s D/d E/a/f fill/o yes」と入力し、「Enter」キーを押します。これでDドライブをEドライブにコピーします。

コマンドライン

c」:クローンを実行します。
/t」:クローンモードを指定します。「/t part」:パーティションまたはボリュームのクローンを作成します。システムをクローンする場合、「/t system」と入力します。ディスク0全体をクローンする場合は、「/t disk 0」と入力します。
/s D」:Dパーティションをクローンします。Dはソースパーティションです。システムをクローンする場合は、このパラメータをスキップします。
/d E」:Eパーティションにクローンします。Eはクローン先のパーティションです。
/a」:SSDを最適化するためにパーティションアライメントを実行するように指定します。
f fill」:クローン先のパーティションサイズを調整します。「fill」はクローン後、ターゲットパーティションのサイズを最大限に活用することを意味します。もう一つのオプションは「/f original」であり、これはクローン後、同じパーティションサイズを維持することを意味します。
/o yes」:対話式プロンプトを切り替えます。「yes 」を「no」に置き換えることができます。
パーティションを未割り当ての領域にクローンする場合、ドライブレターを指定することができます。もっと詳しく知りたいなら、こちらをご参照ください。

まとめ

この記事では、AOMEI Backupperを使って、パーティションをコピー/クローンする方法を2つ案内しました。ニーズに応じていずれかの方法を選択することができます。

ご覧のように、AOMEI Backupper Professionalは初心者でも、専門家でも、気軽に使えます。クローンに加えて、バックアップ&復元、同期、ディスク消去など様々な機能を備えています。今すぐダウンロードし、データを守りましょう!

Windows Serverのユーザーである場合、AOMEI Backupper Serverをご利用ください。