By Machi / 最後の更新 2022年03月18日

GPTディスクとそのメリットについて

GPT(GUID Partition Table)ディスクは、1983年からMBR(Master Boot Record)に代わる革新的なパーティション形式を採用したディスクです。最近のPC用OSはすべてGPTをサポートしています。GPTディスクはUEFI(nified Extensible Firmware Interface)によって起動されます。

GPTディスクの基本情報を理解した後、どのような利点があるかについて説明しましょう。

UEFIによって起動されるGPTディスクはMBRパーティションシステムを持つ古いBIOS(Basic Input-Output System)に取って代わりますGPTの各パーティションは一意識別子GUIDとパーティションコンテンツタイプを持つため、パーティション識別子の競合を防ぐための調整は必要ありません。UEFIはBIOSに比べて、2TB以上のハードディスクをサポートし、コンピュータの起動とシャットダウンの速度を向上させたので、際立っています。
GPTディスクはMBRディスクよりはるかに大きな記憶容量を持っていますMBRディスクは、記憶装置の各セクターに32ビットまでしか割り当てられず、その最大サイズは2TBに制限されています。これに対し、GPTディスクは1セクターあたり最大64ビットで、これは1セクターあたり9ZB(ゼタバイト)以上、つまり約10億テラバイトに相当します。
GPTディスクは最大で128個のプライマリパーティションを作成できますMBRでは4つのプライマリパーティション、または3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションしか作成できません。ソースディスクに4つ以上のプライマリパーティションがある場合、これらのパーティションサイズを調整する必要があります。

なぜGPTクローンソフトウェアが必要なのか?

どのような場合にGPTクローンソフトが必要なのでしょうか?ご覧のように、GPT形式がMBRより制限が少ないです。信頼できるGPTクローンソフトでクローンすれば、以下のことができます:

ディスク

1. バックアップとしてGPTディスクをクローンし、データを守ります。クローンによって、元のディスクに保存されているOSやアプリケーションなどを、設定を含むまったく同じ状態で他のストレージデバイスに移行できます。システムクラッシュ、ウイルス攻撃、ハードウェアの故障などでファイルが失われた場合、すぐにファイルを復元することができます。

2. ハードディスクをより大きなものにアップグレードしたり、老朽化したディスクを新しいものに交換したりします。長期間の使用で、ハードディスクの容量が不足したり、ハードディスクが古くなったりすることがあります。この時、GPTクローンソフトがあれば、ハードディスクを簡単に移行できます。

3. GPTディスクをSSDにクローンすることで、より良い性能と短い起動時間を得ます。SSDはHDDより性能が良くて、ゲーム、アプリケーション、映画などのロード時間を短縮できます。元のシステムディスクがGPTパーティション形式である場合、システムとファイルを移行するために、GPTクローンソフトウェアが必要です。

最も安全で信頼できるGPTクローンソフトウェア-AOMEI Backupper

数あるソフトでも、安心安全なプロのGPTクローンソフト-AOMEI Backupper Professionalを強くお勧めします。このソフトを使用し、GPTディスクを新しいドライブにクローンすれば、データの整合性を確保できます。クローンした後、クローンしたディスクからOSを再インストールすることなく、直接起動できます。それ以外、このソフトは次のようなメリットがあります:

様々なパーティション形式のディスクの間のクローンをサポートしていますMBRからMBR、GPTからGPT、MBRとGPTの間のクローンに対応しています。
全Windows PCに対応していますWindows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPに対応しています。Windows Serverのユーザーであれば、AOMEI Backupper Serverをご利用ください。
異なるデバイスをクローンできますHDD、SATA SSD、NVMe M.2 SSD、USBフラッシュドライブ、SDカードなどのクローンを作成できます。また、Western Digital、Samsung、SanDisk、Inland、Kingstonなどすべてのブランドのハードディスクをサポートします
大容量ディスクから小容量ディスク、小容量ディスクから大容量ディスクへのクローンが可能ですこのソフトはデフォルトで、使用されているセクターのみクローンする「インテリジェントクローン」モードでクローンを実行するので、大容量ディスクから小容量ディスクへのクローンが可能です。また、「セクター単位のクローン」機能にも対応し、ハードディスクの1:1コピーを作成できます。

AOMEI Backupper Professionalはアドウェアにバンドルされておらず、より速いクローン速度を提供します。今すぐダウンロードし、インストールしましょう。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

Windows 10/11でGPTディスクをSSDにクローンする方法

次に、Windows 10/11でGPTディスクをSSDドライブにクローンする方法をご紹介します。クローン作業を行う前に、いくつかの準備作業を行う必要があります。

▶ SSDを取り付けるために、ドライバーを使用する必要があります。SSDスロットが1つしかない場合、SSDの種類に応じて、SATA-USB変換ケーブルまたはM.2 SATA SSD-USBアダプタを準備する必要があります。

変換ケーブル

▶クローンしている時、ターゲットドライブ上のすべてのデータが上書きされるので、あらかじめターゲットドライブにある重要なファイルをバックアップしてください。

ステップ 1. AOMEI Backupperを起動して、「クローン」タブ→「ディスククローン」をクリックします、GPTディスク全体をSSDにクローンします。或いは、「システムクローン」を選択して、GPTディスクのOSだけをSSDにクローンします。

ディスククローン

ステップ 2. GPTディスクをソースディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

ステップ 3. SSDをターゲットディスクとして選択し、「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

ステップ 4. SSDの容量はGPTと同じまたはより大きい場合、容量を活用するには、下部にある「パーティションを編集」をクリックして、SSDのパーティションサイズを手動か自動で調整できます。「各パーティションに未使用領域を追加」を選択すれば、SSDの容量によって、各パーティションのサイズが自動的に調整されます。

パーティションを編集

ステップ 5. SSDの読み込みと書き込み速度を向上させるため、「SSD 4Kアライメント」にチェックを入れます。問題がなければ、「開始」をクリックして、クローンを実行します。

開始

クローンしたSSDからシステムを安全に起動する方法

クローン作成が完了したら、パソコンをシャットダウンし、GPTディスクをクローンしたSSDに交換してから、再起動し、正常に動作するかどうか確認します。

コンピュータに複数のスロットがあり、GPTディスクをセカンダリストレージとして維持したい場合、特定のキー(F2、F10、Delなど)を押して「UEFI」に入り、「Boot Priority」セクションでクローンしたSSDを最初に起動するドライブとして設定します。その後、「F10」キーを押して変更を保存し、コンピュータを再起動します。

UEFI

GPTからMBRへのクローンも同じ手順で行えます。しかし、GPTとMBRは異なるブートモードで動作するので、コンピュータを再起動する時、ブートモードを変更する必要があります。GPTディスクからシステムを起動するには、UEFIモードに変更する必要があります。MBRディスクからシステムを起動するには、BIOSモードに変更する必要があります。

ブートモード

まとめ

AOMEI Backupper Professionalは信頼性の高いGPTクローンソフトウェアで、お使いのコンピュータのシステムとデータを保護するのに役立ちます。インタフェースがわかりやすくシンプルで、操作も非常に簡単です。すべての操作は数クリックだけで完了します。パーティションスタイルの競合も心配する必要がありません。

また、AOMEI Backupperはクローンに加えて、バックアップ、同期、復元、ディスク消去など強力な機能も備えています。様々な面からデータを保護できます。今すぐダウンロードし、体験しましょう!

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速