By Comnena / 最後の更新 2021年12月20日

クローン後にWinload.efiが見つからないエラー

クローンエラーの後にwinload.efiが見つからない問題を修正する方法は?

最近、256GB SSDを搭載した新しいWindows 10ラップトップを購入しましたが、1TB SSDにアップグレードしたいと考えています。したがって、元のSSDを新しいものにクローンし、新しい1TB SSDをラップトップに配置すると、ラップトップが起動を拒否し、ブルースクリーン(BSOD)エラーが表示されます。

回復
お使いのPCまたはデバイスを修理する必要があります。
必要なファイルが見つからないか、ファイルにエラーがあるため、アプリケーションまたはオペレーティングシステムをロードできませんでした。
ファイル: \windows\system32\winload.efi
エラーコード: 0xc0000225

エラー コード0xc0000225

Winload.exeファイルは、システムを正しく起動するためのWindowsオペレーティングシステムのブートローダーです。UEFIシステムでは、これはwinload.efiと呼ばれ、\Windows\System32\winload.efiまたは \Windows\System32\boot\winload.efiにあります。

場合によっては、Windows 10をクローンした後のwinload.efi0xc000000e、winload.efi0xc0000221、winload.efi0xc0000428などWinload.efiファイルに関連する他のエラーコードが発生することがあります。この記事は、詳細な手順でこれらのwinload.efiが見つからないエラーを解決するのに役立ちます。

クローン後にWinload.efiが見つからない原因

Winload.efiが見つからないというエラーは、通常、クローン作成後、システム準備後、イメージ作成後、またはWindowsアップデート後に発生します。クローン後にWinload.efiファイルが失われる原因となるいくつかの要因があります。

✦ 不正なレジストリキー:ソースディスクとターゲットディスクはボリュームとドライブ文字の異なるIDを所有しているため、クローン作成後にレジストリキーを変更する必要があります。
✦ 不適切なUEFI設定:UEFIモードとレガシーモードでは、異なるブートファイルとアルゴリズムが必要です。したがって、ターゲットディスクに正しい設定を行ってください。
✦ 破損したBCDファイル:場合によっては、クローン作成によってBCDファイルが破損し、このWinload.efi 0xc0000225エラーまたはその他のWinload.efiが見つからないエラーが発生します。最初にBCDファイルを修復してください。

したがって、クローン後にWinload.efiエラーを修復する方法は?心配しないでください。Windows 7/8/10ですぐに修正できるソリューションを提供します。

Winload.efiエラーを修正する4つの方法

原因に応じて、次の迅速な解決策を提供します。確認してください。

解決策 1. セキュアブートを無効にする

UEFIベースのコンピューターを使用している場合、セキュアブートはシステムがwinload.efiファイルにアクセスするのを停止します。

そのため、F2、F8、F12、ESC、またはDELキー(PCメーカーによって異なります)を使用してBIOSまたはUEFIを起動し、BIOSまたはUEFIで「Secure Boot」オプションを見つけて、「Disabled」に設定します。

セキュアブートを無効

上記の手順がうまくいかない場合は、次の方法を試してください。

解決策 2. DiskPartを使用して修復する

手順 1. Windowsインストールメディアで起動し、「コンピューターの修復」>「詳細オプション」>「トラブルシューティング」>「コマンドプロンプト」に移動します。

手順 2. Windows 7/8/10でWinload.efiが見つからないエラーを修正するには、次のコマンドを入力します。

diskpart
list volume
select volume=n(nは、「システム」というラベルが付いたシステム予約済みパーティションのボリューム番号を指します。)
assign letter=m(mは使用されていない適切なドライブ文字です。)
bcdboot c:\Windows /s m: /f uefi(文字「c」を「ブート」ラベルのあるシステムパーティションの文字に置き換えます。)

コンピューターを再起動して、クローン後にwinload.efiが見つからないかどうかを確認します。何も解決しない場合は、解決策3を試してください。

解決策 3. Windowsシステムファイルを確認して修復する

手順 1. Windowsインストールメディアでコマンドプロンプトを開き、次のコマンドを実行します。

sfc /scannow

または、次のコマンドを入力して、Winload.exeエラーを修正します。

bcdedit /enum | find "osdevice"(Windowsにインストールされているパーティションのドライブ文字を見つけるため)
sfc /Scannow/OFFBOOTDIR=C:\ /OFFWINDIR=C:\Windows(C:をWindowsにインストールされているパーティションのドライブ文字に置き換えます。)

システムファイルを確認して修復

解決策 4. 破損したBCDファイルを修正する

上記の方法でうまくいかない場合は、この方法を試してください。まず、Windows 7/8/10のインストールメディアを準備し、回復環境を起動してBCDストアを再構築する必要があります。Windowsインストールディスクがある場合は、このテキストを参照してください。

手順 1. インストールメディアからWindows回復環境を起動します。

手順 2. 「コンピューターの修復」>「詳細オプション」>「トラブルシューティング」>「コマンドプロンプト」を選択します。

手順 3. 次に、次のコマンドを入力して1つずつ実行し、マスターブートレコード(MBR)、ブートセクタ、およびBCDストアを修正します。

bootrec /fixmbr
bootrec /fixboot
bootrec /scanos
bootrec /rebuildbcd

コマンド プロンプト

上記の手順が機能しない場合は、以下のコマンドを試してください。
bcdedit /set {bootmgr} device boot
bcdedit /set {default} device boot
bcdedit /set {default} osdevice boot
bcdedit /set {default} device partition=c:
bcdedit /set {default} osdevice partition=c:
bcdedit /set {default} path \windows\system32\winload.efi

手順 4. コンピュータを再起動して、成功したかどうかを確認します。

もちろん、Windowsインストールディスクがない場合は、自分で作成することもできます。強力なサードパーティのメディア作成ツールであるAOMEI Backupper Standardは、大きなメリットをもたらします。まず、AOMEI Backupper StandardをダウンロードしてWinPEブータブルメディアを作成してください。また、少なくとも16GBのUSBフラッシュドライブを用意して、コンピューターに接続します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. インストール後にこのフリーウェアを開き、メインウィンドウで「ツール」>「ブータブルメディアの作成」を選択します。

ブータブルメディアの作成

手順 2. ブータブルメディアの種類を選択します。Linuxカーネルに基づいてブータブルメディアを作成するか、Windows PEに基づいてブータブルメディアを作成します。そして「次へ」を押して進みます。

1

手順 3. USBブートデバイスを選択します。「次へ」をクリックして、Windows 7/8/10ブータブルメディアを作成します。

1

★ヒント:WinPEをCD/DVDに書き込むか、ISOファイルにエクスポートすることもできます。

完了

ブータブルメディアを作成した後(わずか数分)、このメディアからコンピューターを起動すると、AOMEI Backupperが自動的に実行され、「ツール」>「Windowsシェルコマンド」に移動します。

次に、上記のコマンドに従って、BCDを修正してWinlaod.efiエラーを簡単に修復します。

注:Windowsの起動オプションにAOMEI Backupperを追加するための回復環境を作成できます。

クローン後にWinload.efiが失われないようにするための最良方法

クローン作成後/作成中に問題が継続的に発生する場合は、AOMEI Backupperを利用して、HDDをSSDまたはより大きなHDDにクローンしたり、Windows 7を新しいHDDにクローンしたりするなど、HDDのクローンを作成できます。

クローン後にwinload.efiが見つからない、またはWindows 10をクローンした後に0xc000000eなどのエラーを回避するために、以下にリストされているディスクのクローン作成手順:

手順 1. メインコンソールで「クローン」>「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

手順 2. ソースドライブとしてWindowsシステムディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

手順 3. 大容量HDDまたはSSDをターゲットとして選択し、「次へ」をクリックします。

手順 4. 操作をプレビューし、「開始」をクリックして、Windows 10/8/7でクローン後にWinload.efiが見つからない問題を回避します。

開始

★ヒント:ターゲットがSSDドライブである場合、「SSD 4Kアライメント」オプションにチェックを入れて、SSDの読み取りおよび書き込み速度を最適化してください。

クローン後、必要に応じてBIOSで最初の起動デバイスをターゲットディスクとして変更し、クローンしたディスクからコンピューターを起動します。

まとめ

上記の解決策に従って、Winload.efiが見つからないエラーを解決するのは簡単です。また、Windows Server 2012(R2)、2016、2019、2022にwinload.efiがない場合、AOMEI Backupper Serverを試してください。

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。