By Comnena / 最後の更新 2022年11月09日

SONY VAIOノートPCのHDDを交換する原因

HDDをSSDまたは新しいHDDに交換またはアップグレードすることは、PCのシステムパフォーマンスを改善する最も普通の方法です。ここでは、SONY VAIOノートパソコンを例とします。SONY VAIOには、500GB、750GBや1TBという異なる容量のHDDが搭載されています。どちらのハードディスクでも、数年間の使用やウイルス感染などで、壊れる可能性があります。この場合、SONY VAIOハードディスクを新しいハードディスクに交換することは必要です。

sony vaioノートパソコン

また、起動に15分かかるなど、性能がひどいのでSONY VAIOハードディスクを交換したい方もいます。SONY VAIOハードディスクをSSDに交換することは間違いなく、こんな状態を改善できます。さらに、ディスク容量が不足しているなら、ハードディスクのアップグレードも必要になります。一般に言えば、新しいハードディスクは、コンピュータのパフォーマンスを向上させます。

次に、SONY VAIOノートパソコンのHDD交換方法を詳細に説明します。興味のある方、ぜひ読み続けてください。

SONY VAIOノートPCのHDDを交換する方法

HDDを交換する場合に、システムやアプリの再インストールなどの手間を省くために、データ移行用ツールが必要です。ここでは、バックアップ&復元フリーソフト-AOMEI Backupper Standardの使用をお勧めします。このソフトは:

4つのバックアップモード:ディスク/システム/パーテイション/ファイルバックアップをサポートしています。
複数の省容量機能:バックアップファイルの圧縮、使用されているセクターのみバックアップするインテリジェントセクターバックアップなどをサポートしています。
全Windows PCに対応:Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XPに対応しています。
様々なストレージデバイスに対応:内蔵/外付けHDD/SSD、クラウドドライブ、NAS、共有フォルダなどほとんどのストレージデバイスに対応しています。
クローン:クローンソフトでもあり、ディスククローン機能でデータをHDDからSSDに移行することもできます。
操作が簡単:インターフェースが直感的でわかりやすく、操作が簡単で、初心者でも気軽に使えます。

これから、SONY VAIOノートのHDDをSSDに交換する方法をご案内します。開始する前に、まずいくつかの準備作業を行う必要があります:

適切な交換品:HDDのOEMキャディー&ドライブベイに取り付けるように、厚さの9.5mmのHDD(2.5インチ)またはSSDが必要です。
バックアップの保存先:外付けHDDなどバックアップの保存先としてのストレージデバイスを用意します。共有フォルダやクラウドドライブにバックアップする場合、物理的なデバイスを用意する必要がありません。
0番プラスドライバー:これは、HDD/SSDを取り付ける・取り外すためのものです。
CD/DVDまたはUSBドライブ:ブータブルメディアを作成するためのCD/DVDまたはUSBドライブを用意します。
データ移行用ツールをダウンロード:下のボタンをクリックして、AOMEI Backupper Standardを無料でダウンロードします。
無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. SONY VAIOにAOMEI Backupper Standardをインストールして起動します。インタフェースは以下のように示されます。「バックアップ」をクリックし、「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

ステップ 2. 「ディスクを追加」をクリックして内蔵ハードディスクをソースディスクとして選択します。

ディスクバックアップ

内蔵ハードディスクをソースディスクとして選択

ステップ 3. ディスクバックアップイメージを格納する場所を選択します。例えば、NAS、ネットワーク共有フォルダ、外付けハードディスクまたはUSBドライブにバックアップすることができます。USBドライブにバックアップする場合は、十分な大きさが必要です。

ディスクバックアップイメージを格納する場所を選択

ステップ 4. 「開始」をクリックします。プロセスが完了するまで待ってください。

ディスクバックアップイメージを格納する場所を選択

次の3つのオプション:
オプション:バックアップファイルの圧縮、バックアップ完了後のメール通知、使用されているセクターのみバックアップする「インテリジェントセクターバックアップ」/すべてのセクターをバックアップする「完全なバックアップ」などを設定することができます。
スケジュール:デイリー、ウイークリー、マンスリー、イベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)、USB挿入の5つのモードからバックアップの自動実行を設定することができます。イベントトリガーとUSB挿入はAOMEI Backupper Professionalで利用可能です。
バックアップスキーム:ここでは、フル/増分/差分バックアップを設定することができます。増分バックアップと差分バックアップは2つとも変更された部分のみバックアップしますが、バックアップを復元する時、差分バックアップの方が簡単です。AOMEI Backupper Professionalへアップグレートしてそれを使ってみましょう。また、アップグレードした後、古いバックアップの自動削除という機能も楽しめます。この機能によって、バックアップの保存先に十分な空き容量があることを確保できます。

ステップ 5. ブータブルメディア(USBドライブまたはCD/DVD)を作成します。

開始

ステップ 6. HDDを取り外します。

Sony VAIOをシャットダウンし、HDDアクセスパネルのネジを2つ取り外し、HDDを固定している金属製のアダプターのネジを5つ取り外します。

ネジを取り外す

HDDを左にスライドさせて端子を引き抜きます。

端子を引き抜く

ステップ 7. SSDを取り付けます。

SSDをアダプターに取り付けて、端子に差し込みます。そして、HDDアクセスパネルのネジを締めます。

SSDを取り付ける

ステップ 8. ブータブルメディアをSony VAIOノートPCに挿入し、PCを起動します。SONYのロゴが表示されると、「F2」キーを連打し、BIOSに入ります。矢印キーで「Boot」タブに移動し、ブータブルCD/DVD/USBドライブを最初に起動するドライブとして設定し、「F10」キーを押して、変更を保存します。パソコンが再起動されます。

bios

ステップ 9. AOMEI Backupperのインターフェースが表示されます。ディスクバックアップイメージを保存しているデバイスをSonyノートパソコンに接続します。その後、「復元」機能を使用してバックアップイメージを新しいディスクに復元します。

ノート:✎...
USBドライブやCD/DVDを持っていない場合は、Windowsシステム内に回復環境を作成(有料版のみ)することも選択できます。これにより、次のシステム起動時にデバイスを介さずに直接回復環境でソフトウェアにアクセスし、任意の操作を行うことができます。

回復環境

まとめ

この記事では、Sony VAIOノートパソコンのハードディスクを新しいHDDやSSDへアップグレード/交換する方法をご紹介しました。思うほど難しくないでしょう。ディスクベイが1つしかないノートPCの場合、以上の方法で交換することができます。複数のディスクベイが搭載されている場合、AOMEI Backupperの「ディスククローン」機能(より簡単)を利用してください。オペレーティングシステムのみを移行する場合は、AOMEI Backupper Professionalの「システムクローン」機能をお勧めします。

Windows Serverのユーザーである場合、AOMEI Backupper Serverの利用をお勧めします。もし、プレミアム機能を求めないのであれば、無料版で十分です。