By Akira / 最後の更新 2022年04月28日

実例:DiskpartのCleanコマンドエラー

 

HDDには複数のパーティションがあるため、Diskpartを使用してCleanコマンドを実行したいと思います。しかし、HDDでCleanコマンドを実行する時、「Diskpartにエラーが発生しました:アクセスが拒否されました」と表示されました。このエラーの解決策はありますか?どんな助けでも大歓迎です!

- あるユーザーからの質問

エラー

DiskpartのCleanコマンドエラーの原因

DiskpartのCleanコマンドを使用してディスクを消去できます。これにより、ディスクからすべてのパーティションまたはボリュームを削除することができます。ただし、上記の場合のように、このツールを使用すると、エラーメッセージが表示される場合があります。以下のよくあるエラーをまとめました。

Diskpartにエラーが発生しました:アクセスが拒否されました。
DiskpartにI/Oデバイスエラーが発生しました。
Diskpartにエラーが発生しました:メディアが書き込み禁止になっています。

ドライブの書き込み保護が有効になっている、またはコマンドプロンプト端末に管理者レベルの権限がないなどの理由で、この問題が発生する可能性があります。では、次に、DiskpartのCleanコマンドエラーを解決する方法を詳しく紹介します。

DiskpartのCleanコマンドエラーの解決策

上記のエラーのいずれかが発生した場合は、次の方法を使用してそれらを解決できます。

方法 1. ドライブが占有またはロックされているかどうかを確認する

まず、ターゲットデバイスをPCに正しく接続してから、ドライブが占有されているかロックされているかを確認します。その場合は、「巡回冗長検査(CRC)エラー」が表示され、DiskpartのCleanコマンドが機能しなくなります。

手順 1. ターゲットデバイスをPCに接続して、ファイルエクスプローラーを開きます。すべてのデータにアクセスできるかどうかを確認します。

手順 2. ターゲットデバイスにアクセスできる場合は、ドライブがロックまたは占有されません。「別のプログラムがこのフォルダーまたはファイルを開いているので、操作を完了できません」という警示表示される場合は、このプログラム閉じてから、ターゲットデバイスにアクセスできるかどうかを再度確認してください。

ドライブが占有される

方法 2. 書き込み禁止を解除する

メディアが書き込み禁止になっていれば、デバイス上のファイルを削除または書き換えできません。したがって、ドライブをクリーンする場合は、このエラーを修正する必要があります。

手順 1. 「Windows」+「R」キーを押して、「ファイル名を指定して実行」を起動します。次に、名前欄に「diskpart.exe」と入力し、Enterキーを押してコマンドプロンプトを開きます。

手順 2. list diskと入力して、Enterキーを押します。次に、PCのすべてのディスクが一覧表示されます。

ディスク一覧表示

手順 3. select disk Xと入力し、Enterキーを押します。Xはデバイスのボリューム番号を指します。たとえば、ディスク1のボリュームの書き込み禁止を解除する場合は、select disk1と入力する必要があります。

ディスクの選択

手順 4. もう一度「list disk」を実行すれば、「ディスク1」の前に「*」が見えます。これは、ディスク1が操作対象に選択されたと意味します。

*

手順 5. 「attributes disk clear readonly」と入力し、書き込み禁止を解除します。

書き込み禁止

方法 3. Windowsインストールディスクを使用してディスクを消去する

「アクセスが拒否されました」というエラーが発生した場合は、消去されたディスクにシステムファイルが含まれている可能性があります。したがって、Windowsインストールディスクを使用してPCを起動し、PE環境でディスクを消去する必要があります。以下の手順に従ってください。

手順 1. Windowsインストールディスクを挿入し、そこから起動します。

手順 2. 「コンピューターの修復」>「トラブルシューティング」>「詳細オプション」>「コマンドプロンプト」をクリックします。

手順 3. 次のコマンドを1つずつ実行して、ディスクを消去します。

diskpart

list disk

select disk n(nはディスクの番号を指します)

clean all

ディスク消去

方法 4. 代替ツールを使用してディスクを消去する

上記の解決策に加えて、この問題を解決するための代替ツールAOMEI Backupper Standardを使用できます。この専門的なディスク消去ソフトは、ディスクを安全に消去するのに役立ちます。以下の手順に従ってください。

ご注意:
ディスクを消去するとすべてのデータが消去されますので、重要なファイルをバックアップしてから消去してください。

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして開きます。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 左側の「ツール」タブをクリックし、「一般的なツール」下の「ディスク消去」ツールを選択します。

ディスク消去

手順 3. 「ディスクを消去」オプションにチェックマークを付け、「次へ」をクリックします。

ディスクを消去

手順 4. 消去するディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

消去するディスクの選択

手順 5. 消去方法を選択します:全セクタにゼロを書き込む(安全、速い)、全セクタにランダムデータを書き込む(安全、速い)、DoD 52220.22-M(とても安全、遅い)、またはGutmann(35回上書き、とても安全、とても遅い)。そして、「開始」をクリックします。

ヒント:消去方法の最後の3つのオプションは有料機能です。楽しむには、AOMEI Backupper Professionalまたは他のエディションにアップグレードしてください。

消去方法

まとめ

上記の方法により、DiskpartのCleanコマンドエラーを解決することができます。最も推奨されるのは、AOMEI Backupper Standardなどの専門的なディスク消去ソフトウェアを使用することです。

このソフトの「全セクタにゼロを書き込む」機能は、ディスクを安全かつ自由に消去するのに役立ちます。より専門的な拭き取り方法をご希望の場合は、他の上位エディションにアップグレードしてお試しください。