By Akira / 最後の更新 2021年08月26日

SMART HDDエラー301について

多くのHPコンピューターには、SMARTハードディスクが搭載されています。このHDDは、システムの起動時にハードウェアの問題をスキャンし、問題が見つかった場合はエラーコードを表示します。HDDエラー301は一般的な問題の1つです。

SMART HDDエラー301

このエラーが発生した理由は次のとおりです:

  • 古いBIOSまたは誤って構成されたBIOS

  • 接続が緩んでいる

  • ファイルの破損

  • ウイルス感染

  • 予期しないシャットダウン

  • HDDの物理的な損傷

次に、HDDエラー301を解決する4つの方法を詳しく説明します。

HP SMART HDDエラー301を修正する一般的な方法

1. HDDのクイックテストを実行する

手順 1. コンピューターを再起動し、エラーメッセージが再度表示されたら、F2キーを押してHP PCハードウェア診断を開きます。

手順 2. メインメニューで、「コンポーネントテスト」をクリックします。次に、「ハードドライブ」>「クイックテスト」>「1回実行」をクリックします。

クイックテスト

手順 3. ハードドライブクイックテストが開始されます。PCに複数のハードドライブがある場合は、テストするドライブを選択します。すべてのハードドライブをテストするには、「すべてのハードドライブのテスト」を選択します。

詳細テスト

手順 4. ハードドライブクイックテストが完了すると、テスト結果が表示されます。

ハードドライブがクイックテストに合格しても、ハードドライブに問題がある場合は、拡張テストを実行します。このテストには、SMARTチェック、ショットDSTチェック、最適化DSTチェック、およびロングDSTチェックが含まれます。これらのテストを個別に実行するには、「ハードドライブテスト」メニューからそれらを選択します。
ハードドライブがいずれかのテストに失敗した場合は、障害ID(24桁のコード)を書き留めて、HPカスタマーサポートに連絡するときに利用できるようにします。この情報は、メインメニューのテストログでも確認できます。

合格

 2. ハードリセットを実行する

手順 1. コンピューターの電源を切ってから電源コードを抜きます。

手順 2. 周辺機器をすべて取り外してから、コンピューターをポートレプリケーターまたはドッキングステーションから取り外します。

手順 3. 電源コードを外した状態で、電源ボタンを15秒間ほど押したままにします。

手順 4. コンデンサーが完全に放電したら、電源コードを差し込みます。周辺機器を外したままにします。

手順 5. コンピューターの電源を入れます。

3. BIOSのデフォルト設定を復元する

手順 1. コンピューター上の重要なファイルをバックアップおよび保存し、コンピューターの電源を切ります。

手順 2. コンピューターの電源をオンにしてから、F10をクリックしてBIOSに入ります。Main(メイン)タブで、上下矢印キーでRestore Defaults(デフォルトの復元)を選択します。Yes(はい)を選択します。

デフォルトの復元

手順 3. Main(メイン)タブで上下矢印を使用し、Save Changes and Exit(変更を保存して終了)を選択します。プロンプトが表示されたら、Yes(はい)をクリックして変更を保存し、終了します。

変更を保存して終了

手順 4. プロンプトに従って、HP PCを再起動します。

HDDエラー301を修正するより効率的な方法

上記の解決策を使用してハードディスクエラー301を修正することはできますが、それは複雑で時間がかかります。それで、簡単な解決策はありますか?ディスククローンがその答えです。

事前にHP PCに適切なHDDのクローンを作成しておけば、HDDを交換するだけでHP SMART HDDエラー301を修正できます。その後、すぐに仕事に戻ることができます。ここで、プロのディスククローン作成ソフトウェア-AOMEI Backupper Standardをお勧めします。このソフトのディスククローン機能を使用すると、データを失うことなく、HP PCのHDDを交換できます。

手順 1. このフリーソフトをダウンロードして、コンピューターにインストールして、起動します。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 左側の「クローン」タブを選択してから「ディスククローン」を選択します。

ヒント:無料版では、MBRからMBRへのシステムディスククローン、またはデータディスククローンをサポートします。GPTからGPTへ、MBRからGPTへ、またはGPTからMBRへのクローンを作成する場合は、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードする必要があります。

ディスククローン

手順 3. HP SMART HDDをソースディスクとして選択します。そして「次へ」をクリックします。

ソースディスク

手順 4. ターゲットディスク(クローン先のディスク)を選択します。そして「次へ」をクリックします。

ターゲットディスク

手順 5. ソースディスクとターゲットディスクを確認し、問題なければ「開始」をクリックします。

開始

補足:
>>「パーティションを編集」(AOMEI Backupper Professionalにアップグレードする必要があります)をクリックして、ターゲットディスク上のパーティションのサイズまたは位置を調整することができます。
>>セクター単位のクローン:使用、未使用に関わらず、HP HDDのすべてのセクターをターゲットディスクにコピーします。
>>SSD 4Kアライメント:ハードディスクをSSD(ソリッドステートドライブ)にクローンする場合、SSDのパフォーマンスを最適化するために、このオプションをチェックすることを強くお勧めします。

結語

この記事では、HP SMART HDDエラー301を解決する4つの方法を提供します。その中で、HDDエラー301を修正する最も簡単な方法は、プロのディスククローン作成ソフトウェア-AOMEI Backupper Standardを利用することです。

「ディスククローン」の機能を使用して元のSMART HDDを別のディスクにクローンし、クローンされたディスクと交換することができます。

また、ディスクのクローン作成に加えて、システムバックアップや復元などの機能も提供します。今すぐダウンロードしてお試しください。