By Akira / 最後の更新 2022年06月22日

Windows10のバックアップが機能しない問題について

定期的なバックアップを実行することは、ハードウェア障害、人為的エラー、自然災害などによるデータ損失を回避するための優れた方法です。そのために、MicrosoftはWindowsユーザー向けにバックアップと復元(Windows 7)とファイル履歴の2つの異なるバックアッププログラムを提供します。

バックアップ機能しない

これらの2つの組み込みツールは、基本的なバックアップソリューションを提供しますが、予期せず失敗する場合があります。多くのユーザーがWindowsを更新した後、Windowsのバックアップは無効になります。バックアップと復元(Windows 7)とファイル履歴のどちらを使用していても、バックアップを実行することはできません。

このような問題が発生した場合でも、心配する必要はありません。次のコンテンツは、この問題の解決策を示しています。

バックアップが機能しない問題を修正する方法

Windows10のバックアップが無効になっている2つの考えられる理由と、その対策について以下で説明します。

方法 1. Windows Searchを開く

ファイル履歴を使用する場合は、最初にWindows Searchが既にオンになっていることを確認してください。そうでない場合は、「ファイル履歴」のすべての必要なオプションが表示されなくなる可能性があります。Windows Searchをオンにするには、次の手順に従います。

手順 1. デバイス上の既存の「ファイル履歴」フォルダを削除します。

ヒント:フォルダはユーザー/ユーザー名/AppData/Local/Microsoft/Windows/FileHistoryです。このフォルダを保持したい場合は、ファイルを外付けHDDにバックアップできます。

手順 2. タスクバーの検索ボックス(コンピューターの左下隅)に「サービス」と入力します。次に、「開く」をクリックしてこのデスクトップアプリを開きます。「Windows Search」を選択します。

windows search

手順 3. 「Windows Search」をダブルクリックして、「スタートアップの種類」を「自動(遅延開始)」に設定します。次に、「OK」をクリックします。

自動

これらの手順を完了したら、ファイル履歴に戻って機能するかどうかを確認します。それでもデータをバックアップできない場合は、次の方法を試してください。

方法 2. DISMで破損したシステムファイルを修復する

Windows 10でバックアップが無効になっている場合は、システムファイルが破損している可能性があります。DISMを使用して、システムファイルをチェックおよび修復できます。具体的な手順は次のとおりです。

手順 1. 検索ボックスにcmdと入力します。「コマンドプロンプト」を右クリックして、「管理者として実行」を選択します。プロンプトが表示されたら、管理者のユーザー名とパスワードを入力します。

コマンドプロンプト

手順 2. 次のコマンドを入力して、破損したシステムファイルがあるかどうかを確認し、Enterキーを押します。

DISM /Online /Cleanup-Image /ScanHealth

scan

手順 3. 次のコマンドを入力して破損が検出されたかどうかを確認し、Enterキーを押します。

DISM /Online /Cleanup-Image /CheckHealth

検出

手順 4. システムファイルが修復可能である場合は、以下のコマンドを実行し、Enterキーを押して修正できます。

DISM /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth

修復

ヒント:システムファイルを修復するために他のコマンドを試したい場合は、sfc /scannowコマンドが非常に役立ちます。

これらの2つの方法は効果的ですが、時間がかかり、複雑です。また、DISMを実行すると、データが失われる可能性があります。

さまざまな問題を解決するために多くの時間を費やしたくない場合は、より信頼性の高いバックアップソフトウェア-AOMEI Backupperを使用することをお勧めします。

データを安全に保つための信頼できる方法

AOMEI Backupper Standardは、バックアップと復元(Windows 7)およびファイル履歴に似た無料のバックアップソフトウェアです。ただし、より高度なオプションがあります。システム/ディスク/パーティション/ファイルバックアップなどのバックアップソリューションを提供します。いくつかの簡単な手順で、すべてのデータをHDD/外付けHDD、クラウドドライブ、NASデバイス、およびネットワークにバックアップできます。

これを使用すると、バックアップタスクを自動的に実行するようにスケジュールを設定することができます。ディスク容量を節約するために、増分バックアップまたは差分バックアップ(AOMEI Backupper Professionalでサポート)を有効にして、変更されたデータのみをバックアップすることができます。

ここで、AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、このソフトウェアを利用して、ディスクバックアップを作成する方法を学びましょう。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Backupper Standardを起動します。「バックアップ」タブをクリックしてから「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

手順 2. 別のバックアップタスクと区別するために、タスク名を変更することができます。

タスク名

手順 3. 「ディスクを追加」をクリックします。ポップアップウィンドウで、バックアップしたいソースディスク(バックアップ元)を選択します。

ソースディスク

手順 4. そして、ディスクイメージファイルを保存する場所(バックアップ先のドライブ)を選択します。

バックアップ先

手順 5. 「開始」をクリックし、プロセスが完了するまで待ちます。

開始

▶「オプション」をクリックしてバックアップイメージをパスワードで暗号化できます(有料)。「スケジュール」をクリックしてバックアップスケジュールを設定できます。
▶バックアップ先のディスク容量を節約するために、「スキーム」→「ディスクスペースの管理を有効にする」をクリックして古いバックアップを自動的に削除するように設定できます(有料)。

まとめ

Windows 10でバックアップが無効になっている場合、上記の解決策で簡単に解決できるはずです。組み込みのWindowsバックアップツールは機能できない時に、無料のバックアップソフトウェア--AOMEI Backupper Standardを試してください。シンプルな操作と強力な機能を提供します。また、バックアップと復元のほかに、このソフトを利用して、HDDのクローンを作成することもできます。

高度なバージョンにアップグレードすると、イメージファイルの暗号化、古いイメージバックアップの自動削除など、より便利な機能を利用できます。また、Windows Serverユーザーの場合は、AOMEI Backupper Serverを利用してください。