By ゆき / 最後の更新 2019年10月16日

Windows Serverシステムイメージを製造元、モデル、またはハードウェア構成が異なる別のPCに復元したいですか?このチュートリアルでは、簡単な手順で、Windows Server 2012/2008を例としてWindows Serverバックアップを別のPCに復元する方法を説明します。

Windows Serverシステムイメージを別のPCに復元することは可能?

  • ????Server 2012でWindows Serverバックアップ機能を使用して定期的にバックアップを作成しました。ハードウェア障害やディスクエラーなどのさまざまな理由により、同じコンピュータでのシステムの復元が複数回成功していますが、ある原因で、Server 2008を実行している別のPCにシステムイメージを復元したいと思います。

    ただし、Server 2008上のWindows Serverバックアップでは、Server 2012で作成したバックアップイメージが認識されず、復元プロセスを続行できません。Server 2008には別のハードウェア構成があるのは原因だと思います。この場合はどうすればいいですか?

    ----【ユーザーからの質問】

Windows Serverバックアップを別のPCに復元することが可能です。これから、システムイメージを別のPCに復元するいくつかの方法を紹介します。

Windows Serverシステムイメージを別のPCに復元する方法

Windows Serverの組み込みツールによって

お使いPCにハードウェア障害、ソフトウェア障害自然災害、ユーザーエラーなどの問題が発生した場合は、Windows Serverの組み込みツール--Windows Serverバックアップによって、システムイメージを製造元、モデル、または構成(同一のハードウェア)が異なる別のPCに復元できます。

異なるシステムバージョンは異なるツールを使用する必要があります。例えば、Windows Server 2003を別のPCに復元したい場合は、自動システム回復(ASR)機能を使用する必要があります。Windows Server 2008/2012の場合はBare Metal Restore(ベアメタルリカバリ)をオススメします。

しかし、ベアメタルリカバリはPC初心者にとって少し難しいです。またソースディスクはターゲットディスクより大きい時復元できません。UEFIをバックアップしてからBIOSベースのディスクに復元することもできません。つまり、バックアップ対象のターゲットマシンと復元先のマシンの両方がUEFIまたはBIOSのいずれかである必要があります。

これから、Windows Serverで異なるハードウェアにシステムイメージの復元を実行する他の方法を説明します。

サードパーティ製ソフトウェアによって

人気のおすすめのバックアップソフトAOMEI Backupper Serverは、Windows Server向けの強力なバックアップ&復元できる使いやすいソフトウェアです。Windows Serverのシステム・ディスクなどを製造元、モデル、またはハードウェア構成が異なる別のPCに復元することができます。

このソフトの「ブータブルメーディアの作成」機能は、ベアメタルマシン、OS起動できないPCに復元できます。他には、MBRシステムイメージをGPTディスクに復元できます。しかし、最も重要なのは、復元プロセスはターゲットディスク中の全てのデータを削除するため、実行する前にバックアップしたほうがいいと思います。

また、AOMEI Backupper Serverは有料版だけど、購入前にその無料体験版をダウンロードして30日間試用することができます。無料体験
また、企業は台数無制限のサーバーでこのバックアップソフトを使用したい場合、AOMEI Backupper Technician Plus版を選んでください。

AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

前に準備すること:

▶ ブータブルメディアとして使用される16GB以上のUSBフラッシュドライブ。

▶ Windows Serverシステムイメージ、NAS、ネットワーク共有、または外部ストレージを保存するためのパス。ターゲットマシンからアクセスすることができたあらゆる場所。

▶ マシンにAOMEI Backupper Serverをダウンロードしてインストールしてください。

✂------------------------------------------------------------手順概要------------------------------------------------------------------✂

Windows Serverのシステムイメージを別のPCに復元するプロセスは、AOMEI Backupper Serverによりブータブルメーディアとシステムバックアップイメージを作成してから、、別のPCにブータぶるメーディアから復元することです。

1. Server PCにUSBを接続して、認識られることを確認します。AOMEI Backupper Serverを起動して、メインインターフェイスで「ユーティリティ」>「ブータブルメーディアの作成」の順にクリックして指示に従って作成を完了します。

ブータブルメーディアの作成

2. 外付けストレージをPCに接続します。「バックアップ」>「システムバックアップ」の順にクリックします。ウィザードに従ってシステムのバックアップを完了します。イメージが保存されているパスを確認してください。

ディスクバックアップ

3. 起動可能USBとシステムバックイメージが含まれている外付けストレージをターゲットのPCに接続して、USBから起動します。USBから起動するにはBIOSで起動優先順位を変更する必要があります。

4. 起動すると、ターゲットPCが自動的にAOMEI Backupper Serverに入ります。メインインターフェイスの「復元」をクリックすると、外付けストレージ中のシステムバックアップイメージを探し出してください。

5. 「システム復元」の横にある逆三角形をクリックすると、ドロップダウンリストから「ユニバーサル復元復元」オプションを選択して、次へをクリックして続けます。

ディスクバックアップ

6. バックアップポイントを選択します。以前に増分または差分バックアップを作成したことがある場合は、多数の利用可能なオプションがあります。

ディスクバックアップ

7. イメージを復元する保存先ディスクを選択します。

ディスクバックアップ

8. 概要ページで、「ユニバーサル復元を有効にする」オプションがオンになっていることを確認します。選択したディスクがSSDの場合は、SSDのパフォーマンスを向上させるために、「SSDに最適化するにはパーティションを合わせる」オプションをオンにします。

9. 「開始」をクリックして、完了するのを待ちます。バックアップシステムのサイズによって、時間は数分から数時間に変わります。

ディスクバックアップ

10. 起動ドライブを切断し、復元されたシステムから移行先サーバーを再起動します。

補足▶ 上記の方法は全てのWindows Server OSに適用できます。

▶ ディスク全体を別のPCに復元する場合は、手順2で「ディスクバックアップ」を選択してください。

▶ 復元後もコンピュータを保護するためにAOMEI Backupper Serverをインストールしたままにしておくことをお勧めします。

終わりに

Windows Serverのシステムイメージを別のPCに復元するには、AOMEI Backupper Serverを使用することは一番簡単と安全な方法です。また、「ブータブルメディア」はターゲットマシンが起動を拒否した時非常に役立ちます。

バックアップと復元を除いて、AOMEI Backupper ServerはHDDのアップグレードにおいて重要な役割を果たします。例えば、再インストールせずにWindows ServerでHDDをSSDに換装できます。興味があれば、早速にダウンロードして他の機能を楽しみましょう。

AOMEI Backupperヘルプガイド