By Machi / 最後の更新 2022年08月03日

Windows Serverのシステムイメージを別のマシンにリストアすることは可能?

 

Server 2012でWindows Serverバックアップ機能を使用して定期的にバックアップを作成しました。ハードウェア障害やディスクエラーなどのさまざまな理由により、同じコンピュータでのシステムの復元を複数回実行しました。ある原因で、Server 2008を実行している別のサーバにシステムイメージを復元したいと思います。
ただし、Server 2008上のWindows Serverバックアップでは、Server 2012で作成したバックアップイメージが認識されず、復元プロセスを続行できません。Server 2008には別のハードウェア構成があるのは原因だと思います。この場合はどうすればいいですか?

--あるユーザーからの質問

実は、Windows Serverのバックアップを別のマシンに復元することが可能です。次に、システムイメージを別のマシンにリストアする方法を2つ紹介します。

Windows Serverのシステムイメージを別のサーバにリストアする方法

方法1. Windows Serverの標準ツールを使用する

お使いのマシンにハードウェア障害、ソフトウェア障害、自然災害などの問題が発生した場合は、Windows Serverの標準ツール-Windows Serverバックアップによって、システムイメージを製造元、モデル、または構成(同一のハードウェア)が異なる別のPCに復元できます。

異なるシステムバージョンは異なるツールを使用する必要があります。例えば、Windows Server 2003を別のサーバにリストアしたい場合は、自動システム回復(ASR)機能を使用する必要があります。Windows Server 2008/2012の場合はBare Metal Restore(ベアメタル回復)をオススメします。

しかし、ベアメタル回復はサーバ初心者にとって少し難しいです。また、ソースディスクはターゲットディスクより大きい場合に、復元できません。UEFIベースのディスクをバックアップしてからBIOSベースのディスクに復元することもできません。つまり、バックアップ元のマシンと復元先のマシンの両方がUEFIまたはBIOSのいずれかである必要があります。

方法2. サードパーティ製のバックアップ&復元ソフトを使用する

人気のおすすめのバックアップソフトAOMEI Backupper Serverは、Windows Server 2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)対応の強力なバックアップ&復元ソフトウェアです。Windows Serverのシステムパーティション/システムディスク全体を製造元、モデル、またはハードウェア構成が異なる別のサーバに復元することができます。

このソフトの「ブータブルメディアの作成」機能は、ベアメタルマシン、OS起動できないマシンに復元できます。他には、MBRシステムイメージをGPTディスクへ、GPTシステムイメージをMBRディスクへの復元も可能です。

また、AOMEI Backupper Serverは有料版ですが、購入前にその無料体験版をダウンロードして30日間試用することができます。社内の台数無制限のサーバ&PCにこのバックアップソフトをインストールしたい場合、AOMEI Backupper Technician Plusを選んでください。

AOMEI Backupper(AB)バージョンの比較

これから、AOMEI Backupper ServerでWindows Serverをバックアップし、別のマシンにリストアする方法をご案内します。ここでは、復元先のサーバはシステムを起動できない場合を例とします。

開始する前、まずいくつかの準備作業を行う必要があります:

ブータブルメディアを作成するには、16GB以上のUSBメモリを用意します。※ブータブルメディアを作成した後、その中のデータがすべて上書きされるので、あらかじめ重要なファイルをバックアップしておいてください。
AOMEI Backupper Serverをダウンロードし、インストールします。
Serverの無料体験版 ServerとWindows PCの全バージョン
安全かつ高速

1. 正常なサーバにUSBを接続して、検出されることを確認します。AOMEI Backupper Serverを起動して、「ツール」>「ブータブルメーディアの作成」の順にクリックして指示に従ってブータブルUSBを作成します。

ブータブルメディアの作成

2. 「バックアップ」>「システムバックアップ」の順にクリックします。画面の指示に従ってシステムをックアップします。外付けHDD/SSD、NAS、共有フォルダ、クラウドストレージなどほとんどのストレージデバイスをバックアップ先として選択できます。バックアップ先は外付けHDD/SSDの場合、バックアップする前に、まずパソコンに接続してください。

システムバックアップ

3. 作成したブータブルUSBメモリをターゲットマシンに接続して、BIOSで起動順位を変更してから、USBメモリからパソコンを起動します。

BIOS

4. 起動した後、ターゲットマシンが自動的にAOMEI Backupper Serverに入ります。「復元」→「イメージファイルを選択」をクリックし、先作成したシステムイメージを見つけて選択します。

イメージファイルを選択

5. 「このシステムイメージを復元」を選択し、「次へ」をクリックします。

このシステムイメージを復元

6. 「ユニバーサル復元」にチェックを入れて、すべての設定を確認し、問題がなければ、「開始」をクリックします。復元が完了するまで待ちます。

開始

他の2つオプション:
SSD 4Kアライメント:復元先のディスクはSSDの場合、このオプションにチェックを入れると、復元後、SSDの読み書き速度と読み込み速度を一層に向上させます。
パーテイションを編集:復元先のディスクはシステムイメージより大きい場合、容量を最大限に活用するには、このオプションで、「パーティションのサイズを手動で変更」または「各パーティションに未使用領域を追加」の2つオプションから、パーティションのサイズを調整できます。クローン完了後、復元先のディスクに使えない未割り当て領域がないことを確保できます。

パーティションを編集

ヒント▶ ディスク全体を別のサーバに復元する場合は、手順2で「ディスクバックアップ」を選択してください。

▶ 復元後もサーバを持続的に保護するためにAOMEI Backupper Serverをインストールしたままにしておくことをお勧めします。

まとめ

Windows Serverのシステムイメージを別のマシンに復元するには、AOMEI Backupper Serverを使用することは一番簡単かつ安全な方法です。また、AOMEI Backupperでブータブルメディアを作成したら、システムクラッシュなどでシステムを起動できない場合でも、Windows Serverを復元できます。

また、このソフトはクローン、同期、ディスク消去ソフトでもあります。様々な面からあなたのデータを守ることができます。今すぐダウンロードし、使ってみましょう!

AOMEI Backupperヘルプガイド