By AOMEI / 最後の更新 2020年04月13日

Windows Server 2012 R2について 

2013年10月17日、Windows Server 2012 R2がリリースされました。

2013年5月31日に発表されたWindows Server 2012 R2データシートによれば、このOSにはEssentials、Standard、Datacenterの3つのエディションがあります。Windows Server 2012と同様に、DatacenterとStandardエディションは機能的には同一であるが、ライセンスにより仮想化権限の違いがあります。Essentialsエディションはいくつかの制限付きでDatacenterとStandard 製品と同じ機能を備えています。

Windows 8に無償で提供されたWindows 8.1と異なり、Windows Server 2012とは別製品として提供されるため、Windows Server 2012から無償でアップグレードすることはできません。

なぜServer 2012 R2をバックアップするの?

「Data is heart of the enterprise」(データは企業の中心)という諺のように、データは非常に重要ですから、機密データの安全性を無視できません。さらに、コンピューター技術の急速な発展に伴い、ウイルスが段々出現してきます。サーバーを使ってる方はビジネスマンや研究者である場合が多い、パソコンに預かっているデータは財産というか、とっても大切なものだと思います。

だから、データの安全性を確保するために、OSの再インストールを避けるために、Windows Server 2012 R2向けの簡単かつ安全にデータをバックアップ&復元できるディスクイメージソフトウェアは必要なものとなります。

絶好の選択:AOMEI Backupper Server

市場にはたくさんのバックアップソフトがありますが、性能がダメか、価格が高すぎなどの問題で様々なクレームがあります。優れた製品を入手したい場合、異なる製品を比べ、ちゃんと探したら見つけます。AOMEI会社によって開発された、クローン・バックアップ・復元ソフトウェアのAOMEI Backupperはその代表的に優秀な製品です。

AOMEI Backupperはビジネスやホームユーザー向けの機能豊富、使いやすいバックアップと復元フソフトです。三つの主要なバックアップオプション:ディスクバックアップ、パーティションバックア ップ、システムバックアップを備えています。データをバックアップしたら、損失が発生しても、「復元」機能の力で前の状態に戻ることができます。それに、AOMEI Backupper Server版はWindows Server 2008/2008 R2/2003/2003 R2/2012/2012 R2/2016/2019をサポートしています。すなわち全てのサーバーシステムが利用できます。

では、AOMEI Backupper ServerでWindows Server 2012 R2のデータをバックアップする方法を実演します。

無料体験

Win サーバ&PC向け

安全かつ高速ダウンロード

Windows Server 2012 R2をバックアップする方法

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをインストールして、起動します。「バックアップ」、「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

ステップ 2. 「ディスクを追加」をクリックして、バックアップしたいディスクを選択します。

ソースディスク

ステップ 3. そして、ターゲットパスを選択します。

ターゲットディスク

ステップ 4. ニーズに応じて、「スケジュール」をクリックして、特定のバックアップ時間とバックアップタイプを設定することができます。

スケジュール

ステップ 5. 「開始」をクリックしてから、バックアップが実行されます。

開始

それで、この製品に対する紹介が以上です。でもこのバージョンは1台のサーバーパソコンだけをサポートします。社内の台数無制限サーバーでデータとOSを継続的に保護したい場合、AOMEI Backupper Technician Plusのような高度なバージョンにアップグレードすることを推薦します。

最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、何か問題があったら気軽にお聞きください。