By Comnena / 最後の更新 2020年12月25日

Windows ServerでHDDのクローンを作成する必要性

windows server hddクローン

実行しているシステムがWindows Server 2016、2012、2008、2003のいずれであっても、主要なタスクの1つはデータを安全に保つことです。ご存知のように、システムまたはHDDの障害を引き起こす要因はたくさんあります。結果として深刻なデータ損失を被りたくない場合は、Windows Serverでデータのクローンを作成することが効果的な手段です。

その上、HDDは技術の進歩とともに絶えず更新されています。データを失うことなく古いHDDを新しいSSDまたはより大きなHDDに交換したい場合は、Windows ServerでHDDのクローンを作成する必要があります。

Windows Server 2016/2012/2008/2003でHDDをクローンする方法

Windows Server 2016、2012、2008、2003のクローンを作成する方法は複数あります。たとえば、Windows ServerでHDDのバックアップを作成して別のディスクに復元したり、強力なサーバークローンソフトウェアを使用してHDDを直接クローンしたりできます。通常、2番目のアプローチを採用します。これは、操作が簡単で成功率が高いためです。

方法 1. Windows ServerでHDDをバックアップし、別のディスクに復元します

Microsoftは、サーバーバックアップソリューションであるWindows Server Backup(WSB)を提供しています。これを使用して、Windows Serverのイメージバックアップを作成し、別のディスクに復元できます。

手順 1. サーバーにWindows Serverバックアップを追加します。パスは次のとおりです:「サーバーマネージャー」>「ダッシュボード」>「管理」>「役割と機能の追加」。

手順 2. 「サーバーマネージャー」>「ツール」>「Windows Server Backup」>「ローカルバックアップ」に移動します。「単発バックアップ」と「バックアップスケジュール」のオプションを提供します。要件に応じて選択してください。

手順 3. ウィザードに従って、「バックアップ オプション」、「バックアップの構成の選択」、「バックアップする項目を選択」、「作成先の種類の指定」、「確認」を完了します。最後「バックアップ」をクリックします。

Windows Server Backup

手順 4. バックアップが完了すると、HDDのイメージファイルを取得します。別のディスクに転送する場合は、HDDを正しく交換してから、イメージファイルを復元してください。

Windows Serverバックアップを使用してHDDのクローンを作成するには、多くの制限があります。たとえば、ハードドライブを異なるマザーボードまたは異なるプロセッサを搭載した別のHDDにクローンしている場合、失敗する可能性があります。したがって、Windows ServerディスククローンソフトウェアであるAOMEI Backupper Serverを使用することを強くお勧めします。

方法 2. Windows ServerでHDDを直接クローンします

AOMEI Backupper Serverは、豊富なオプションと機能を備えたプロフェッショナルなディスククローンプログラムです。Windows Server 2019/2016/2012(R2)/2008(R2)/2003のHDDをバックアップまたはクローンできます。

  • Windows Serverのデータをディスククローン、システムクローン、およびパーティションクローンの形式でクローンできます。実際の状況に応じて選択してください。

  • セクター単位のクローンとインテリジェントクローンの2つのクローン作成方法をサポートします。後者は、大きなドライブを小さなドライブにクローンするために、使用されたセクターのみをクローンします。

  • 無人タスクを実行するために、HDDのクローン作成などのコマンドライン操作をサポートします。

  • SSD 4Kアライメント機能を内蔵しています。SSDにクローンを作成する場合、この機能を使用してSSDのパフォーマンスを最適化し、その寿命を延ばすことができます。

  • コンピュータの経験が少ないユーザーにとって大きな助けとなるユーザーフレンドリーなインターフェースを備えています。

Server版の無料体験 Win サーバ&PC向け

Windows Server HDDのクローンを作成するためのステップバイステップガイド:

準備:このソフトウェアをダウンロードしてインストールします。HDDを外付けHDDにクローンする場合は、プラグを差し込んで、コンピューターで検出できることを確認してください。

手順 1. 左側のペインで「クローン」を選択すると、Windows Serverデータのクローンを作成するための3つのモードが表示されます。HDD全体のクローンを作成するには、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

手順 2. クローンしたいディスクをソースとして選択し、「次へ」をクリックします。

ソースディスク

手順 3. データを保存するクローン先ディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

クローン先ディスク

手順 4. 「操作概要」ページで情報を確認します。問題がない場合は、「開始」をクリックして、完了するまで待ちます。

開始

他の要件を満たすために使用できるオプションはさらに3つあります。
✦ パーティションを編集:クリックすると、クローン先ディスクのパーティションを編集できます。
✦ セクター単位のクローン:ソースディスクとまったく同じバイトをクローンする場合は、クローンする前「セクター単位のクローン」をオンにしますが、少なくともソースディスクと同じ大きさのHDDを準備する必要があります。
✦ SSD 4Kアライメント:HDDをSSDにクローンする場合は、SSDのパフォーマンスを向上させるために「SSD 4Kアライメント」をオンにすることができます。

注意:GPTディスクからMBRディスクにクローンを作成する場合は、GPTディスクにプライマリパーティションが4つ未満であることを確認する必要があります。そうでない場合は、最初にMBRをGPTに変換する必要があります。

まとめ

ご覧のとおり、AOMEI Backupper Serverは、Windows Server 2016/2012/2008/2003でHDDのクローンを簡単に作成するのに役立ちます。Windows Server Backupと比較して、このディスククローン作成ソフトウェアは、より簡単でシンプルで、柔軟性があります。さらに、OSを移行したり、必要に応じてHDD全体を復元したりするために使用できます。クローン作成の他に、問題を解決するために使用できる他の多くのユーティリティもあります。

社内の無制限のPCとサーバーを保護したい場合は、AOMEI Backupper Technician Plusを選択できます。それは無制限クライアントに有償技術サポートをサービスとして提供します。