By Comnena / 最後の更新 2021年07月02日

ユーザーケース:完全なサーバーイメージを作成するにはどうすればよいですか?

ディザスタリカバリのために、Server 2008の完全なシステムイメージを作成したいと思います。たとえば、サーバーが破損または盗難にあった場合、このハードドライブとWindows CDを使用してコンピューターを復元し、すべての構成、ドライバー、インストールされているプログラムなどを最初のサーバーに保持します。

Server2008イメージを作成するにはどうすればよいですか?親切なアドバイスをありがとう。

- 実例

Server 2008(R2)システムイメージバックアップの必要性

正直なところ、多くのコンピューターの問題を防ぐことができるため、サーバーコンピューターのシステムイメージを作成する必要があります。次に、これについて詳しく説明します。

不明な理由によりデータが失われます。コンピュータに慣れていない場合、不明な理由や人為的ミスにより、写真、ビデオ、ゲーム、さらには重要なドキュメントなどのデータが失われる可能性があります。
システムのクラッシュを防ぎます。この状況ははるかに悪化し、処理が困難です。この状況では、エラーの修正は言うまでもなく、コンピュータを起動することさえできません。
ディスク障害を回避します。時間が経つにつれて、ハードドライブが突然機能しなくなり、別の新しいハードドライブが手元にある場合でも、無力になる可能性があります。壊れたハードドライブにシステムを保存する方法がないからです。

システムバックアップソフトウェアは不可欠です

システムバックアップは、すべてのファイルまたはパーティションをコピーして他のストレージデバイスに保存するだけではありません。すべてのファイルをコピーして別のストレージに貼り付けるだけでは、起動ファイルが起動できなくなるためです。

この問題を回避するには、組み込みツールのWindows Serverバックアップ、またはAOMEI Backupper Serverと呼ばれる信頼できるサードパーティソフトウェアを使用します。どちらも同じ効果が得られます。引き続き以下を参照して、適切なものを選択してください。

Windows Serverバックアップを使用してシステムイメージバックアップを作成

Windows Serverバックアップは、Server 2008、2008 R2、2012、2016などの無料ツールであり、サーバーの完全バックアップ、システム状態のバックアップ、ベアメタルバックアップ、または選択したボリューム、特定のファイル、フォルダーのバックアップを作成できます。

ただし、このツールはデフォルトではインストールされないため、サーバーマネージャーを使用して手動でインストールする必要があります。サーバーマネージャーを開き、「管理」> 「役割と機能の追加」>「機能」>「Windows Serverバックアップ」に移動し、画面の指示に従ってインストールします。

そして、Server 2008のシステムイメージバックアップを作成するには、次の手順を使用します。

ステップ 1. Windows Serverバックアップを開きます。「スタート」をクリックし、検索ボックスに「Window Serverバックアップ」と入力して、結果リストから選択します。

ステップ 2. 右側のパネルで「単発バックアップ」をクリックします。スケジュールバックアップを作成したい場合は、「バックアップスケジュール」をクリックしてください。

windows server 2008 システム バックアップ

ステップ 3. 「別のオプション」にチェックマークを付け、「次へ」をクリックします。

ステップ 4. 「バックアップの構成の選択」ページで「サーバー全体」をチェックします。

ステップ 5. 逆三角形をクリックして、バックアップ先を選択します。ローカルディスクまたは外付けドライブをバックアップ先として選択できます。

ステップ 6. 「VSSコピーバックアップ(推奨)」を選択し、「次へ」をクリックします。

ステップ 7. バックアップ項目を確認し、「バックアップ」をクリックしてこの操作を開始します。

これで、システムイメージを正常に作成できます。ただし、バックアップを作成できず、機能が正しくない、2TBを超える、データの読み取りを待つ、バックアップにシステムライターが見つからないなどのエラーメッセージが表示される問題が発生する可能性があります。これらの問題を回避するには、代わりにプロのバックアップソフトウェアを使用できます。

AOMEI Backupper Serverを使用してシステムイメージバックアップを作成

AOMEI Backupper Serverは、Server 2008、2012、2016、2019などを含むすべてのサーバーにとって信頼できるバックアップソフトウェアです。このソフトウェアは、Server 2008やその他のオペレーティングシステムでシステムイメージのバックアップを作成するために広く使用されています。この操作は非常に簡単で、数回クリックするだけです。

次に、このソフトウェアのいくつかの利点を紹介します。

バックアップ結果をより簡単に取得します。「メール通知」を使用すると、バックアップタスクが100%完了しない限り待つ必要がなくなります。バックアッププロセス中に最終結果とエラーメッセージが通知されるためです。
ディスク容量を節約します。毎回完全バックアップを作成すると多くのディスク領域が浪費されるため、増分バックアップまたは差分バックアップ機能を使用して変更したファイルのみをバックアップすることを選択できます。
自動バックアップをサポートします。新しくインストールしたアプリ、更新、追加または変更されたファイルをバックアップするには、毎日、毎週、毎月など、定期的にファイルをバックアップする必要があります。
オフピーク時のバックアップをサポートします。オフピーク時にイメージをバックアップするには、バックアップ時間を深夜またはその他の時間に設定し、下部にある「コンピューターをウェイクアップしてスケジュールを実行します」にチェックマークを付けます。
バックアップディスクスペースを管理します。スケジュールバックアップを定期的に作成するユーザーにとって、バックアップスペースが不足していることは大きな問題です。したがって、バックアップスキームを有効にすることをお勧めします。このソフトウェアは、特定の役割を介して古いバックアップを削除します。

AOMEI Backupper Serverでシステムイメージを作成するには、次の手順を試してください。

ステップ 1. このソフトウェアをダウンロード、インストール、起動します。

無料ダウンロード ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

ステップ 2. 続いて「バックアップ」と「システムバックアップ」をクリックします。

windows server 2008 システム バックアップ

ステップ 3. フォルダの形をしたボタンをクリックして、ローカルコンピュータのバックアップ先パスを選択します。

デフォルトでは、システムパーティションとブート関連パーティションがこのステップで選択されます。一部のブート関連パーティションは非表示になっており、ユーザーはそれらを無視する可能性があるため、コンピューターを復元できません。。

windows server 2008 システム バックアップ

ステップ 4. 「オプション」、「スケジュール」、または「スキーム」をクリックして、バックアップ設定をセットアップします。その後、問題がなければ「開始」をクリックしてください。

windows server 2008 システム バックアップ

ノート:
✦ システムが非常に大きい場合は、「普通」または「高レベル」のレベルで圧縮するか、イメージを複数の小さなイメージファイルに分割できます。
✦ ターゲットドライブがUSBフラッシュドライブの場合は、「USB挿入」の使用を検討できます。この機能は、スケジュールバックアップを作成するユーザー向けに設計されており、USBドライブを再度接続すると、システムがUSBドライブに自動的にバックアップされます。
✦ Windows Server 2008を別のドライブに移行する場合は、このソフトウェアで「システムクローン」または「ディスククローン」を使用することをお勧めします。どちらも、バックアップおよび復元機能よりもはるかに便利です。

バックアッププロセスが終了すると、システムイメージのバックアップが作成され、「ホーム」タブに表示されます。イメージバックアップの3つの水平バーを右クリックすると、リストから「復元」オプションが表示されます。「復元」オプションをクリックして、必要に応じてサーバーを復元します。

★より安い方法ーAOMEI OneKey Recovery
Lenovo Onekey Recovery(レノボワンキーリカバリー)の代替品としてAOMEI OneKey RecoveryはWindows 10/8.1/8/7/Vista/XP(32ビット版または64ビット版)およびWindows Server 2003/2008(R2)/2012(R2)/2016/2019、SBS 2003、2008、2011に対応し、すべてのパソコンで使用可能です。システムを回復パーティションまたは別の場所にバックアップしたら、パソコン起動時にF11(デフォルト)またはAキーを押して、システムをバックアップ時点までの状態に回復することができます。

まとめ

ここを読むと、Windows Server 2008(R2)のシステムイメージバックアップを作成する方法をすでに知っているかもしれません。今ではあなたの番です。自分に適した方法を選択し、上記のステップバイステップガイドを使用してイメージバックアップを作成するだけです。

フリーウェアでシステムイメージを作成する場合は、組み込みツールのWindows Serverバックアップを使用できます。より簡単な方法またはより高度な機能が必要な場合は、プロのバックアップソフトウェアAOMEI Backupper Serverを使用できます。

会社の管理者にとって、AOMEI Backupper Technician Plus版は、AOMEI Backupperを無制限のサーバーとPCにインストールできるため、最適なエディションです。さらに、無制限クライアントに有償技術サポートをサービスとして提供し、ポータブル用のインストールディレクトリをクローンできます。