By Comnena / 最後の更新 2021年12月20日

Windows Server 2012を新しいHDDにクローンする必要性

Windows Server 2012がインストールされたコンピューターがあります。現在、古いHDDをより大容量の新しいHDDに交換することを計画しています。しかし、システムを再インストールしたくありません。

それを達成するための良い方法や推奨されるソフトウェアはありますか?

- YAHOOユーザから

データが日々増加するにつれて、HDDのストレージ容量はますます少なくなり、コンピュータはますます遅くなります。パフォーマンスを向上させるには、新しいHDDまたはSSDにアップグレードすることをお勧めします。OSとアプリケーションの再インストールには時間がかかることは誰もが知っているので、上記のユーザーはHDDをクローンするための良い方法を知りたがっています。

幸いなことに、システムクローンという迅速で簡単な方法があります。システムクローンとは、元のOS(オペレーティングシステム)の同じコピーを作成し、それを別のストレージデバイスに移行して、再インストールに直面する必要がないようにすることを意味します。AOMEI Backupper Serverには、「システムクローン」機能があります。

Windows Server 2012を新しいHDDにクローンするのに最適なソフトウェア

特にWindows Serverシステム用に設計されたAOMEI Backupper Serverは、データ保護および障害復旧ツールであるだけでなく、ディスク/パーティションのクローン作成ソフトウェアでもあります。コンピュータの専門家でなくても、誰にとっても操作が便利です。すべてのWindows OS プラットフォームがサポートされています。

「システムクローン」または「ディスククローン」機能を使用して、Windows Server 2012を新しいHDDに簡単にクローンできます。システムクローンはシステムドライブをクローンするだけですが、ディスククローンはシステムとデータを含むドライブ全体をクローンします。次に、AOMEI Backupper Serverの「システムクローン」機能を使用して、Windows Server 2012を新しいHDDにクローンする方法を示します。

Windows Server 2012を新しいHDDにクローンする方法

まず、別のディスクをコンピューターに接続します。検出できることを確認してください。次に、AOMEI Backupper Serverをダウンロードし、インストールして起動します。

無料体験 ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

手順 1. 「クローン」タブで「システムクローン」を選択します。

システムクローン

手順 2. システムドライブとすべてのブート関連ドライブがデフォルトで選択されています。ターゲットとしてパーティションを選択します。ターゲットディスクの最初のパーティションまたは使用可能な領域を選択する方がよいことに注意してください。そうしないと、システムを起動できません。

ターゲットを選択

手順 3. 操作を確認し、「開始」をクリックします。進捗が100%に達するまでしばらく待ちます。新しいハードドライブからシステムを起動できるようにするには、システムのクローン作成が完了した後でコンピュータをシャットダウンしてください。

開始

★ノート:
小さいディスクから大きいディスクにクローンを作成する場合は、「パーティションを編集」をクリックして、ターゲットディスクのパーティションを編集できます。
「セクター単位のクローン」を選択すると、使用されているかどうかに関係なく、選択したパーティションの各スペースのクローンが作成されます。
ターゲットディスクがSSDの場合、「SSD 4Kアライメント」にチェックマークを付けると、SSDのパフォーマンスを向上させることができます。

まとめ

ご覧のとおり、AOMEI Backupper Serverは、Windows Server 2012を新しいHDDに簡単にクローンするのに役立ちます。システムまたはHDD全体のクローンのみを選択できます。また、単一のパーティションのクローンを作成することもできます。

クローン作成に加えて、AOMEI Backuper Serverは優れたバックアップおよび復元ツールでもあります。システム/ディスク/パーティション/ファイルバックアップ、完全/増分/差分バックアップなどのあらゆる種類のバックアップオプションを提供し、必要に応じて複数のバックアップスケジュールを作成できます。

PS:データを安全に保護するためのWindows PCユーザー向けの無料版AOMEI Backupper Standardもあります。