By Akira / 最後の更新 2022年03月30日

画面の自動回転について

自動回転は、携帯電話やラップトップなどの画面デバイスの一般的な機能です。デバイスにジャイロスコープセンサーと加速度計が装備されている場合、Windows 11は、表示しているコンテンツに合わせて画面を縦向きまたは横向きに回転させることができます。

自動回転

ほとんどの場合、自動回転は非常に便利です。たとえば、ビデオを見ているときや本を読んでいるときは、横向きモードを使用すると、より良い体験ができます。プログラマーで外部モニターを使用している場合、ポートレートモードを使用するとコードの表示効率を向上させることができます。

ただし、視聴体験に支障をきたす場合があります。したがって、オフにする必要があります。この記事では、Windows 11で画面の自動回転を無効にする3つの方法を紹介します。

Windows 11で自動回転をオフにする方法

以下の方法を利用して、Windows 11で画面の自動回転を無効にすることができます。

方法 1. Windowsの設定で自動回転を無効にする

手順 1. Windows 11デスクトップの任意の場所を右クリックし、「ディスプレイ設定」を選択します。

ディスプレイ設定

手順 2. 「拡大縮小とレイアウト」セクションで、「回転ロック」オプションをオンにします。

回転ロック

ヒント:Windows 11の回転ロックがグレー表示されているか欠落している場合は、表示方向を縦向きモードに変更してください。次に、デバイスを回転させた後、回転ロックが再び使用可能になります。

方法 2. クイック設定で自動画面回転を無効にする

Windows 11には、便利な新しい「クイック設定」メニューが含まれています。これは、Windows 10のアクションセンターの機能に代わるものです。PCを使用する場合、設定をすばやく変更する必要がある場合があります。この時、Windows 11のクイック設定を使用してください。

手順 1. クイック設定を開くには、画面の右下隅にある一連のステータスアイコン(この例ではWi-Fi、スピーカー、バッテリー)をクリックします。

手順 2. 回転ロックボタンをクリックします。

回転ロックボタン

ヒント:回転ロックボタンが表示されない場合は、右下隅のペンアイコンをクリックして回転ロックをクイック設定として追加します。

方法 3. レジストリエディタで画面の自動回転を無効にする

レジストリエディタとは、Windowsに内蔵されているソフトウェアの一つで、システムの設定情報などを保管する「レジストリ」(registry)の内容を閲覧・編集するためのプログラムです。上記の2つの方法で問題が解決しない場合は、レジストリエディタを使用して編集し、画面の自動回転を無効にすることができます。

レジストリを誤って変更すると、オペレーティングシステムが損傷する可能性があることに注意してください。したがって、変更を加える前に、システムイメージのバックアップを作成することをお勧めします。

レジストリエディタを介して画面の自動回転を無効にする手順は次のとおりです。

手順 1. Windowsキー+Rキーを押して、「regedit」と入力してEnterキーを押すか、「OK」をクリックしてレジストリエディターを開きます。

手順 2. 左側のペインのエントリを展開して、次のパスに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\AutoRotation

手順 3. 「Enable」をダブルクリックして、値のデータを0に設定します。次に「OK」をクリックします。

レジストリ

手順 4. レジストリエディタを閉じて、デバイスを再起動します。その後、Windows11の自動回転がオフになります。

レジストリエディタで設定を変更する前にOSをバックアップする方法

前述のように、レジストリを誤って変更すると、オペレーティングシステムが損傷したり、不安定になったり、動作しなくなったりする可能性があります。したがって、レジストリエディタで変更を加える前に、システムバックアップを作成することが重要です。

システムバックアップを作成するには、専門的な無料のバックアップソフトAOEMI Backupper Standardを使用することをお勧めします。

バックアップ、復元、クローン、同期などの機能が組み込まれています。
スケジュールされたディリー/ウィークリー/マンスリーバックアップを提供します。
外付けHDD、USBドライブ、SSD、ネットワークドライブ、クラウドストレージ(例:Googleドライブ)、SDカードなどのさまざまなバックアップ先にバックアップすることをサポートします。

今すぐダウンロードしてお試しください!

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

システムをバックアップする方法の詳細な手順は次のとおりです。

手順 1. AOEMI Backupper Standardをインストールして起動します。「バックアップ」をクリックし、「システムバックアップ」を選択します。 

システムバックアップ

補足:
ディスクバックアップ:OS、インストールされているプログラム、個人データなどを含む、指定されたHDDのディスクイメージを作成します。
ファイルバックアップ:ファイルを別のストレージにバックアップします。
パーティションバックアップ:選択したパーティションをバックアップします。D:ドライブ、E:ドライブ、F:ドライブなどを選択することができます。

手順 2. 別のタスクから区別できるように「タスク名」を変更することができます。この例では、ドライブCはデフォルトでバックアップ元として選択されます。システムイメージを保存する場所を選択し、「開始」をクリックします。

開始

そのほか:
オプション:電子メール通知を有効にし、バックアップイメージファイルの圧縮レベルを選択し、インテリジェントセクターバックアップまたはセクター単位バックアップを選択できます。
スケジュール:バックアップタスクを一定の間隔で自動的に実行するように設定できます。
スキーム:ディスクスペースを節約するために自動的に古い画像ファイルを削除します。この機能を利用するには、AOMEI Backupper Professionalにアップグレードする必要があります。

まとめ

この記事を読んだ後、Windows 11で自動回転を無効にする方法を知っているかもしれません。最初の2つの方法で画面の自動回転をオフにできない場合は、3番目の方法を使用する必要があります。これにより、オペレーティングシステムが損傷する可能性があります。

信頼性の高いバックアップソフトウェアAOMEI Backupper Standardを使用してシステムをバックアップしている限り、事故が発生した場合にシステムを以前の安定した状態に復元できます。また、このソフトウェアを使用して、Windows 11をSSDにインストールすることができます。今すぐダウンロードしてお試しください!