By Comnena / 最後の更新 2021年12月20日

Windows 11をインストールまたはアップグレードできないのはなぜですか?

Windows 11をインストール

Windows 11のリリースにより、多くのユーザーが新しい機能を体験するためにダウンロードしてインストールしたいと考えています。Windows 11をインストールしようとしたが、「このコンピューターはWindows11を実行できません」というエラーメッセージが表示された場合。これは、システムで2つのセキュリティ設定(セキュアブートとTPM 2.0)がオンになっていないことが原因である可能性があります。これらの2つの機能は、IntelとAMDの多くの最新のコンピューターと処理チップにすでに組み込まれています。

Windows 11の最小システム要件

セキュアブートとTPM 2.0が最も一般的な理由ですが、Windows 11のインストールの最小要件に基づいて、他のインストール条件についてシステムをチェックすることもできます。

プロセッサ:1 ギガヘルツ (GHz)以上で2コア以上の64 ビット互換プロセッサまたはSystem on a Chip(SoC)
メモリ:4 ギガバイト(GB)
ストレージ:64 GB 以上の記憶装置
システムファームウェア:UEFI、セキュアブート対応
TPM:トラステッドプラットフォームモジュール(TPM)バージョン2.0
グラフィックスカード:DirectX12以上(WDDM2.0ドライバー)に対応
ディスプレイ:対角サイズ9インチ以上で8ビットカラーの高解像度(720p)ディスプレイ
インターネット接続とMicrosoftアカウント:Windows11Homeエディションにはインターネット接続とMicrosoftアカウントが必要です。Windows11HomeのSモードを解除する場合もインターネット接続が必要です。すべてのWindows11エディションで、更新の実行、ダウンロード、一部の機能を使用するために、インターネットのアクセスが必要となります。一部の機能を利用するにはMicrosoftアカウントが必要です。

Windows 11をインストールまたはアップグレードできない問題を修正

次に、この記事では、セキュアブートとTPM 2.0を有効にして、Windows 11にインストールまたはアップグレードできない問題を解決する方法を説明します。

修正1:セキュアブートを有効にする

セキュアブートを有効にすると、コンピュータを起動する時、OSを起動するためのブートローダ、OSカーネル(OSの中核部分)、デバイスドライバなどに付されたデジタル署名をUEFIが自身の証明書を用いて検証します。署名が無い場合はハッシュ値で代用し、あらかじめ登録された有効なハッシュのリストと照合します。
検証の結果、署名が無効であると判断された場合には、ブートローダやOSなどが外部の攻撃者やマルウェアによって不正に改竄されたり差し替えられた偽物である危険性があるため、起動を拒否してエラーメッセージを表示します。

Windows 11に更新するために、システムでセキュアブートを有効にする必要があります。次のガイドは、それを有効にするための詳細な手順を提供します。

ステップ 1. コンピューターを再起動し、ESC/Delete/F1/F2/F10キーを押してBIOSシステムに入り(BIOSの設定画面はパソコンメーカーや機種によって異なります)、「Boot」をクリックして「Secure Boot」を選択します。

Secure Boot

ステップ 2. セキュアブートがオフになっていることがわかります。「Key Management」をクリックして選択します。

Key Management

ステップ 3. 「Install default Secure Boot Keys」を選択して、セキュアブートを有効にします。

Install default Secure Boot Keys

ステップ 4. 最後に前の列に戻ると、セーフブートがオンになっていることがわかります。

セーフブートがオン

修正2:TPM2.0を有効にする

TPMとは、コンピュータのマザーボードなどに装着される、セキュリティ関連の処理機能を実装した半導体チップです。ハードウェアの制限は、CPUとBIOS/UEFIファームウェアのサポートが必要なことです。TPM2.0を有効にしないと、Windows 11をインストールまたはアップグレードできない状況になります。以下は、コンピューターでTPMを確認し、BIOSでTPM2.0を有効にするための方法です。

コンピューターでTPM2.0を確認する方法

手順 1. Win + Rを同時に押して「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを開き、tpm.mscと入力して「OK」をクリックします。

ファイル名を指定して実行

手順 2. TPM管理ウィンドウが表示されます。ステータスが「TPMを使用する準備ができています」の場合は、TPMが有効になっていることを意味します。TPMの製造元情報については、そのバージョンを確認できます。

TPMを使用する準備ができています

手順 3. TPMバージョンに互換性があるが無効になっている場合、コンピューターは「互換性のあるTPMが見つかりません」というプロンプトを表示します。次に、次のパートの手順に従って、BIOSでオンにします。

互換性のあるTPMが見つかりません

BIOSでTPM2.0を有効にする方法

手順 1. キーボードのShiftキーを押しながら、「再起動」をクリックします。すると、「オプションの選択」画面が表示されるので「トラブルシューティング」をクリックします。

トラブルシューティング

手順 2. 「トラブルシューティング」が表示されるので、「詳細オプション」をクリックします。

詳細オプション

手順 3. 「UEFIファームウェアの設定」を選択してBIOSに入ります。

UEFIファームウェアの設定

手順 4. 「Settings」>「Security」>「TPM 2.0 Security」をクリックし、「TPM On」オプションにチェックマークを付けます。

TPM Onオプションにチェックマーク

Windows 11でシステムを起動できない問題を解決する方法

Windows 11のインストールまたはアップグレードするときに、エラーやその他の問題が発生してシステムを起動できない場合は、次の方法を使用して、以前のシステムに復元できます。AOMEI Backupperを使用して、別の機能しているPCにシステムイメージを作成し、故障したコンピューターにシステムイメージを復元できます。

AOMEI Backupperは、バックアップ、復元、クローン機能を組み合わせてユーザーのさまざまなニーズを満たす、安全で信頼性の高いソフトウェアです。システムがクラッシュした場合、AOMEI Backupper Professionalを使用して起動可能なメディアを作成できます。したがって、障害のあるコンピューターをWinPEで起動し、通常どおりシステムの復元を実行できます。

人気のあるバックアップソフトウェアとして、ファイルバックアップ、システムバックアップ、ディスクバックアップ、およびパーティションバックアップをサポートします。だから、好きなようにどんなアイテムでもバックアップすることができます。システムバックアップを復元して、コンピュータを正常に動作させることができます。このソフトの「ユニバーサル復元」機能は、さまざまなハードウェアでクラッシュしたシステムを即時回復できます。この機能は、以下の状況でも役立ちます

ディスク変換なしでWindows 11をインストールします。
異なるハードウェアがインストールされているコンピューターにシステムを移行します。
物理マシンと仮想マシンの間にシステムをインストールします。
マザーボード、CPU、およびその他のハードウェアを交換した後、システムを再インストールします。

次に、以下の手順に従って、AOMEI Backupper Professionalで起動できないシステムを解決できます。

システムイメージファイルを作成

AOMEI Backupper Professionalをダウンロードし、インストールして起動します。「バックアップ」>「システムバックアップ」をクリックし、ターゲット場所を選択して、「開始」をクリックします。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
 安全かつ高速

システムバックアップ

ブータブルメディアを作成

ソフトウェアのホームページに戻ります。「ツール」>「ブータブルメディアの作成」をクリックします。次に、指示に従って、Windows PEに基づいてブータブルディスクを作成します。

ブータブルメディアの作成

起動可能なメディアを使用して起動できないPCにバックアップを復元

手順 1. AOMEI Backupperを起動し、「復元」タブをクリックしてから「タスクを選択」をクリックします。

イメージファイルを選択

手順 2. 「このシステムイメージを復元」するかまたは「システムイメージからパーティションを復元」するかを選択します。

このシステムイメージを復元

手順 3. 復元するシステムイメージのターゲットを選択し、「次へ」をクリックします。

システムイメージのターゲットを選択

手順 4. 「ユニバーサル復元」にチェックマークを付けて、起動の問題が発生することなくシステムバックアップを別のコンピューターに正常に復元できるようにします。次に「開始」をクリックします。

ユニバーサル復元

★ノート:
パーティションを編集:この機能を使用すると、パーティションサイズを自動または手動で変更できます。
SSD 4Kアライメント:SSDの読み取りと書き込みの速度を加速します。

まとめ

この記事では、セキュアブートとTPM 2.0を有効にして、Windows 11にインストールまたはアップグレードできない問題を修正する方法を説明します。アップグレードまたはインストールプロセス中の不適切な操作のためにシステムを起動できない場合は、AOMEI Backupper Proを使用して起動可能なディスクを作成し、システムバックアップを作成してから復元し、障害のあるコンピューターをWinPEで起動できるようにします。

会社の無制限のPCを保護したい場合は、AOMEI Backupper Technicianが最適です。組み込みのAOMEI Image Deployツールを使用すると、サーバーPC上のシステムイメージファイルを複数のクライアントPCに簡単に展開または復元できます。