By Machi / 最後の更新 2022年06月17日

Windows 10で空き領域を削除する必要性

 

Windows 10の空き容量を消去する

Windows 10のデスクトップにいくつかのファイルがあります。私はこれらのファイルをゴミ箱に入れて空にしますが、完全に消去されていないと知っています。万が一、ノートパソコンが紛失したり盗まれたりした場合の安全対策として、Windows 10の空き領域を徹底的に消去する方法はありますか?

-Microsoftコミュニティからの質問

空き領域を削除

Windowsのごみ箱からファイルを削除することは、実際のファイルを削除することではなく、そのファイルが占めていた領域が空き領域としてマークされるだけです。ファイルはまだハードディスクに存在しますが、インデックスとデータリンクが削除されたので、Windowsはファイルがどこにあるのかわかりません。

別のファイルがその空き領域を上書きする前に、削除されたファイルはプロの復旧ソフトによって簡単に復元できます

したがって、コンピュータを販売、寄付、または処分している場合は、ファイルが復元されないように、ハードドライブ上の空き領域を削除する必要があります。しかし、どうすればいいでしょうか?興味のある方は是非読み続けてください。

Windows 10で空き領域を削除する方法

方法1. CMDでWindows 10の空き領域を削除する

Windows 10でOS標準機能-コマンドプロンプトでCipherコマンドを実行して、ハードディスク、SDカードまたは他のストレージメディアの空き領域を拭くことによって、削除されたデータを永久に破壊できます。

▶ 注意:Cipherコマンドを使用してハードディスク上の空き領域を上書きする前に、すべてのプログラムを終了する必要があります。これにより、空き領域が最大限に削除されるのを確保できます。

ステップ 1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「コマンド プロンプト(管理者)」を選択します。

ステップ 2. 「コマンド プロンプト」が開いたら、次のコマンドを入力し、「Enter」キーを押して実行します。

cipher /w:C

cipher

「/w:」: ボリューム全体で使用可能な未使用のディスク領域からデータを削除します。
「C」:Cドライブにある使用可能な未使用のディスク領域からデータを削除します。「C」を空き領域の削除を必要とするドライブ文字に変更することができます。

このコマンドを実行すると、指定されたドライブにある利用可能な空き領域が以下の三段階で上書きされます。

1. すべて0x00で書き込みます。

2. すべて0x01で書き込みます。

3. すべて乱数で書き込みます。

上書き

方法2. 信頼性の高い消去ソフトでWindows 10の空き領域を削除する

ハードディスクの空き容量が大きすぎる場合、Cipherコマンドを使用して削除すると時間がかかる場合があります。ここでは、この操作を行うのに役立つ別の方法をご紹介します。それは、Windows 11/10/8.1/8/7/Vista/XP対応の信頼性の高い消去ソフト-AOMEI Backupper Professionalで利用可能な空き領域が含まれるパーテイションを削除します。このソフトは:

再利用のためのディスク全体の消去、空き容量を増やすための特定のパーティションまたは空き領域の削除をサポートしています。
Samsung、SanDisk、WDなど全メーカー製のハードディスクの削除に対応しています。
内蔵/外付けハードディスクドライブだけでなく、USBドライブ、SDカードも削除できます。
DoD 52220.22-M(7回上書き)やGutmann(35回上書き)など、複数の消去方法に対応しています。ニーズに応じて選択できます。

では、AOMEI Backupperを使用して、Windows 10の空き領域を消去する方法をご案内します。まずこのソフトをダウンロードし、インストールします。30日間無料体験版なので、安心して使ってみましょう~(‾◡◝)

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
▶ 注意:消去されたパーティションは復元できないので、あらかじめ重要なファイルをバックアップしてください。

ステップ 1. 「ツール」タブをクリックして、「ディスク消去」を選択します。

ディスク消去

ステップ 2. 「ディスク上のパーテイションまたは未割り当て領域を消去」を選択し、「次へ」をクリックします。

ディスク上のパーティションまたは未割り当て領域を消去

▶ 注意:「ディスクを消去」を選択した場合、ディスク上のパーティションとすべてのセクターが削除されるので、ご注意ください。

ステップ 3. 消去したい空き領域を含むパーティションまたは未割り当て領域を選択します。

消去したいパーテイションを選択

ステップ 4. 消去方式を選択します。データ上書きの回数が多ければ多いほど、復元する可能性が低くなります。削除するパーテイションと消去方法を確認した後、「開始」をクリックし、消去を実行します。

消去方法

ステップ 5. 次に、消去の進捗状況画面が表示されます。消去プロセスを停止したい場合は、右隅にある「キャンセル」をクリックしてください。操作が完了したら、「終了」をクリックします。

♨ヒント:
CドライブまたはWindowsがインストールされているシステムディスクを消去したい場合、ソフトウェアは、 WinPEから再起動し、操作を実行します。消去完了後、システムに入ることはできません。
この機能はダイナミックディスクの消去をサポートしていません。

まとめ

この記事で紹介された2つの方法は、Windows 10上で空き領域を削除するのに役立ちます。1番目の方法は、専門的なコンピュータの知識が必要で、間違ったコマンドを入力すると、重要なファイルを失うことになる可能性があります。2番目の方法は使いやすくプロの消去ソフトを使用するため、初心者でも気軽に使えます。

それに、AOMEI Backupperはディスク消去に加えて、バックアップ、復元、クローン、同期など様々な機能を備えています。これらの機能で、連続的なデータ保護を実現できます。今すぐダウンロードし、体験しましょう!

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速