By Comnena / 最後の更新 2022年11月09日

Windows 10でシステムクローンが必要な理由

windows 10

通常に、時間が経つに連れて、インストールのプログラム、一時ファイル、キャッシュや他の原因で、HDDの空き容量は益々少なくなります。この状況が続くなら、Win10にディスク容量不足を注意します。特にシステムパーティションです。ディスク容量不足は、遅い起動速度と遅いデータアクセス速度につながります。それは仕事にトラブルをもたらします。

この問題を解決するために、多くのユーザーは現在のHDDをより大きいものやSSDにアップグレードすることを選択します。もちろん、アップグレードを完了するために、新しいディスクにものを再インストールすることができます。しかし、実際には、ユーザーはシステムを再インストールしようとしません。この場合、システムの再インストールを避けるために、Windowsシステムクローンが必要です。Windows10システムクローンは、現在のHDDから全く同じOSを大容量1つやSSDに移動することを指します。

最高のWindows10システムクローンソフトウェア-AOMEI Backupper

Windows 10でOSをクローンする簡単で迅速な方法は、AOMEI Backupper Professionalという強力なディスククローンソフトウェアを使うことです。これは、Windows 10システムのクローンを作成するために、システムクローンおよびディスククローン機能を提供しています。

システムクローン:システム関連のパーティション(Cドライブ、システム予約済みパーティションなど)を自動的に検出し、それらをターゲットドライブにコピーします。システムでカスタマイズされた設定、個人用ファイル、およびシステムドライブにインストールされているプログラムも、新しいターゲットドライブにコピーされます。
ディスククローン:OSを搭載したHDD全体を新しいHDDにコピーできます。また、大きなドライブを小さなSSDにクローンすることも可能です。

単純なコピーとは異なります。AOMEI Backupperのシステムクローン機能を使用すると、システムを再インストールせずに、コンピューターを起動してアプリケーションプログラムを実行できます。さらに、ユーザーフレンドリーなインターフェイスを備えて、Windows 10システムを簡単にクローンすることができます。詳細な手順を取得するには、読み続けてください。

簡単な手順でWindows10システムをSSDまたはHDDにクローンする方法

まず、ターゲットハードドライブを取り付けるか、コンピューターに接続します。それが検出されていることを確認してください。次に、AOMEI Backupper Professionalをインストールして実行します。次に、以下のガイダンスに従って、AOMEI Backupperを介してWindows10でシステムをクローンします。

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
★注意:
体験版はクローン機能の使用をサポートしておらず、デモンストレーションのみが可能です。
無料版はバックアップ&復元機能でWindows10システムを移行することもできます。

手順 1. 「クローン」をクリックして、「システムクローン」を選択します。

システムクローン

手順 2. このソフトウェアは、システムパーティションをソースパーティションとして自動的に選択します。したがって、ターゲットパーティションを選択し、「次へ」をクリックして続行します。

ターゲットパーティションを選択

★ノート:
システムの保存場所としてターゲットディスクの最初のパーティションまたはエリアを選択してください。そうしないと、ターゲットディスクからWindows 10システムを起動できません。
クローン先のパーティションにデータがある場合、クローン作成プロセス中にすべてのデータが上書きまたは削除されます。事前に重要なファイルをバックアップするか、別の場所にファイルを同期してください。

手順 3. ソースパーティションとターゲットパーティションを確認したら、「開始」をクリックしてシステムクローンの進行を開始します。

開始

SSD 4Kアライメント:ターゲットディスクがSSDの場合、このオプションを選択してSSDのパフォーマンスを向上させることができます。
セクター単位のクローン:使用されているかどうかに関係なく、システムパーティション上のすべてのセクターのクローンが作成されます。これには時間がかかります。

手順 4. 進行状況が100%になったら、「完了」をクリックしてインターフェイスを終了してください。

操作概要

クローンしたドライブの容量が正確に表示されない

クローンを作成する時、パーティションサイズを変更しない限り、全てのクローンソフトはデフォルトでソースディスクの完全なコピーを作成します。この問題を解決するために、「パーディションを編集」の3つのオプションを試してください。

👉パーティションのサイズを変更せずコピー:パーティションサイズを変更しません。

👉各パーティションに未使用領域を追加:ターゲットディスクの各パーティションに、ディスクサイズに適した未使用領域を再割り当てます。

👉パーティションのサイズを手動で調整:ターゲットディスクの任意のパーティションに未割り当て領域を追加することができます。

パーティーションを編集

クローンしたディスクから安全に起動する方法

手順 1. クローンしたハードディスクをコンピューターに取り付けます。

手順 2. メーカーによって、特定のキー(通常はF2、F8、F12、Del)を押して「BIOSセットアップ」に入り、「Boot(ブート)」タブでクローンしたディスクを最初に起動するドライブとして設定し、「F10」を押して、変更を保存し、「Boot」を終了します。

boot

注意:MBRとGPTの間でシステムをクローンした場合、ブートモードを変更する必要があります。MBRはレガシーBIOSで動作し、GPTはUEFIで動作します。ブートモードを変更するには、起動時にBIOSに入り、ブートモード(通常「Boot」タブで)を「Legacy(レガシー)」または「UEFI」に変更する必要があります。

bios

パーティションスタイルの確認:「スタート」ボタンを右クリックし、「ディスクの管理」を選択します。クローン先のディスクとクローン元のディスクを右クリックし、「プロパティ」→「ボリューム」タブをクリックし、「パーティションのスタイル」でディスクのパーティションスタイルを確認します。または、AOMEI Backupperのターゲットディスク/ソースディスクの選択ページにも確認できます。具体的に、「ディスク」の文字の下、ディスク容量の上に表示されます。

パーディションスタイルの確認

まとめ

ご覧のとおり、AOMEI Backupperは、Windows 10でシステムクローンを実行する簡単な方法を提供します。さらに、AOMEI Backupperは、Windows 10専用のクローンソフトウェアであるだけでなく、強力なバックアップおよび復元ソフトウェアでもあります。これは、ユーザーがWindows 10を外付けHDDにバックアップしたり、イベントによってトリガーされるスケジュールバックアップを作成したり、異なるハードウェアへのユニバーサル復元を実行したりするのに役立ちます。

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022(R2を含む)を実行している方は、AOMEI Backupper Serverを試して、より高度な機能をお楽しみください。この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。