データを失うことなくWindows 10 PCをリフレッシュ/リセットする方法

Windows 10 PCをリフレッシュすると、すべてのシステムの問題を簡単に修正できますが、PCに付属していないすべてのプログラムを再インストールする必要があります。ここでは、データを失うことなくWindows 10をリフレッシュするための回避策があります。

Windows 10 PCをリフレッシュ/リセット

システムにエラーが発生した場合は、バックアップを更新、リセット、またはリストアして問題を解決することができます。「PCのリフレッシュ」機能はトラブルシューティングでが表示されます。

Windows 10をリフレッシュ

PCをリフレッシュするとWindowsが再インストールされ、個人データと設定は保持されますが、PCに付属していないインストール済みのアプリケーションは削除されます。

Windows 10 PCのリセットでは、個人用ファイルを保存するかどうかを選択できます。どのオプションを使用しても、インストールされているすべてのデータが失われます。すべてのプログラムを再インストールすることは、ライセンスコードを再アクティブ化する必要があることはもちろんのこと、あなたにとっては面倒すぎるかもしれません。

Windows 10 PCを再インストールしてシステムの問題を解決し、すべてのファイルとアプリケーションを保持する方法はありますか?

PCをリフレッシュしてデータを保持する方法

リフレッシュした後にサードパーティソフトウェアを再インストールする場合は、Windows 10内のWindows Setup.exeを実行して修復アップグレードを実行できます。以下の手順を参照してください。

1. Windows 10のインストールディスクをお持ちの場合は、コンピュータに接続してください。それ以外の場合は、最新のWindows 10 ISOファイル(以前のバージョンも同様)をダウンロードしてください。

2. インストールディスクまたはISOファイルを開きます。ルートディレクトリで、Setup.exeを見つけて実行します。

Setup.exe

3. しばらく待つと、Windows 10のセットアップウィンドウが表示されます。そこから、アップデートをダウンロードするかどうかを選択し、「次へ」をクリックします。

Windows 10のセットアップ

4. 「注意を必要とするもの」画面で、「何を保存するかを変更する」をクリックします。

注意を必要とするもの

5. 次に、3つのオプションがあります。最初のファイル、個人用のファイル、アプリケーション、Windowsの設定を選択します。

保持するものを選択

6. 「次へ」をクリックし、「Windowsへのインストール」をクリックします。

このプロセスでは、コンピュータが何度か再起動します。すべてのデータとインストールされたデータを保持するので、通常のリセットよりも時間がかかることがあります。

このようにして、インストールされているすべてのデータは同じままです。インストールしたプログラムの1つで、システムに問題が発生した場合、インストールされたプログラムに変更が加えられていないため、この問題はリフレッシュ後も残ります。

インストール済みのプログラムを以前の状態にリセットする場合は、すべてのプログラムが含まれたカスタムの更新イメージを作成し、Windows 10 PCのリセットに使用することができます。これを行うには、Windows回復環境(WinRE)のDISMコマンドを使用します。

より多くのプログラムをインストールしてパーソナルファイルをコンピュータに保存すると、作成した最初のリカバリイメージに基づいて増分バックアップイメージを作成することもできます。前述のように、Windows 10 PCのリフレッシュイメージを作成するには、WinREを入力する必要があります。Windows 10のコンピュータでダウンタイムを取ることができない場合は、Windows 10の回復イメージを作成するためのより柔軟な方法を検討することができます。

カスタムリカバリイメージを作成するより便利な方法

AOMEI Backupper Standardは、Windows 10/8/7用の無料バックアップソフトウェアで、リカバリイメージバックアップの作成に使用できるため、必要なときにデータを失うことなく簡単にシステムを復元できます。バックアップタスクを作成することができます。

AOMEI Backupperは簡潔なインターフェースを備えており、システムのバックアップイメージを作成するのに4つのステップしか必要とせず、人的ミスの余地がほとんどありません。Windows 10の内蔵バックアップユーティリティとは異なり、AOMEI Backupperを使用して複数のスケジュールバックアップを行うことができます。

中〜高圧縮レベルと増分/差分バックアップ機能のおかげで、多くのバックアップバージョンを保持するために多くのディスクスペースを必要としません。

AOMEI Backupperを使用してイメージバックアップを作成するには:

1. このソフトをフリーダウンロードしてインストールします。

2. ホーム画面で、「バックアップ」タブをクリックし、「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

3. ステップ2をクリックして、バックアップイメージを受信する宛先の場所を選択します。ローカルディスク、外付けHDD、NAS、ネットワークドライブなどにバックアップできます。

バックアップの場所

4. 次の画面で、スケジュールされたバックアップ設定を必要に応じて構成するには、「スケジュール」をクリックします。その後、「開始」をクリックしてバックアップを開始します。

VSS技術のおかげで、AOMEI Backupperには現在使用されているファイルも含まれるため、バックアップの統合について心配する必要はありません。短時間で、バックアップが作成されます。

コンピュータに問題があると思われる場合は、「復元」タブをクリックして、バックアップイメージを選択してPCを復元できます復元プロセスをより便利にするために、AOMEI BackupperをWinREに総合して、WinREからPCを復元することができます。

WinREでもロードできない場合は、(Windowsのバージョンに関係なく)別のPCにブータブルメディアを作成して起動し、PCを稼動状態に戻すことができます。

WinREでのAOMEIバックアップ

前述のように、AOMEI BackupperはPCをバックアップが取られた状態に戻すことができるため、定期的にバックアップを取るとデータが失われることはありません。

結論として、データを失うことなく、アップグレードを修復し、カスタムリカバリイメージでリセットし、AOMEI Backupperを使用してWindows 10 PCをリフレッシュする3つの方法があります。どちらの方法が一番好きですか?もしかして、あなたが共有したい他の方法はありますか?