Windows向けイメージバックアップフリーソフト​【無料】

システムクラッシュ、ウイルス感染、ハードディスクの故障など、さまざまな原因でデータが破損・消失してしまうことがあります。パソコンをよく使う人にとって、Windows向けのイメージバックアップソフトを使用して、定期的にバックアップを作成しておくことは最も重要なことです。この記事では、Windows 11、10、8.1/8、7、Vista、XPに対応するイメージバックアップフリーソフトをご紹介します。

Machi

By Machi 最終更新日 2022年09月09日

共有: instagram reddit

イメージバックアップ作成がなぜ必要か?

普段Windows 11、10、8.1/8、7などのパソコンを頻繁に使用して、仕事をしたり、ゲームをしたりするでしょう。時間がたつにつれて、様々なデータが蓄積されていきます。しかし、システムクラッシュ、ウイルス感染、ハードディスクの故障など、さまざまな原因で重要なデータが破損・消失してしまうことがあります。

このような状況に備えるために、日頃からイメージバックアップを定期的に作成しておいて、パソコンに保存されている大切なデータを安全に保つ必要があります。

★豆知識:イメージバックアップとは、Windowsやハードディスク全体などをイメージとしてバックアップすることです。データのイメージ化ともいいます。

一般的にイメージは、圧縮されたファイルです。システムやHDD全体のデータをひとつのまとまりとして扱います。後からイメージバックアップを復元することで、紛失したデータを取り戻すことができます。

◎ご注意:簡単にコピー&貼り付け(または、切り取り)することではなく、Windows、インストールされているプログラム、ユーザーのデータなどすべてをバックアップするので、専用のソフトウェアを使用する必要があります。バックアップや復元などの作業は、ソフトウェア上で操作して行います。

※【補足】Windowsの標準バックアップ機能もありますが、サードパーティ製のバックアップソフトの方がはるかに簡単かつ柔軟に使えるでしょう。さらに、もっと高度な機能をたくさん備えます。

おすすめのイメージバックアップフリーソフト

何らかの理由で、Windows 11/10/8/7バックアップは正常に完了しない場合、AOMEI Backupper StandardというWindows向けイメージバックアップソフトウェアを試すことができます。

✿AOMEI Backupper Standardの特徴やメリットは次のとおりです。

  • 2千万人以上のユーザーに信頼されています。

  • 【年中無休】技術サポートを無料で提供しています。

  • 直感的で分かりやすい画面の指示に従えば、誰でも簡単に操作できます。

  • ファイル、パーティション、システム、ディスクのバックアップ&復元を実行できます。

  • 複数のディスクやボリューム/パーティションを同時にバックアップできます。

  • スケジュール通りに、フルバックアップ、増分バックアップを実行できます。※イベントトリガー/USB挿入による自動バックアップや、差分バックアップを設定したい場合、アドバンスト版にアップグレードしてください。

  • 個人に限り、Standard版の利用は無料です。そのほか、ビジネス用のWorkstation版、サーバで利用可能なServer版、企業の台数無制限のパソコン向けTechnician Plus版もあります。☞もっと見る

では、AOMEI Backupper Standardを使用してイメージバックアップを作成する方法をご案内します。ここでは、システムバックアップを例として説明します。

ステップ 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロードし、インストールして起動します。「バックアップ」タブ→「システムバックアップ」をクリックします。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

システムバックアップ

ステップ 2. デフォルトでWindowsの起動に必要なドライブがすでに選択されます。したがって、矢印下のボックスまたは逆三角形をクリックし、バックアップの保存先を選択すればよいです。USBメモリ、外付けドライブ、共有フォルダ、NAS、クラウドストレージなど様々なストレージデバイスに対応しています。

バックアップ先を選択

ステップ 3. 「開始」をクリックすると、システムバックアップが開始されます。

開始

下の3つのオプションをクリックし、バックアップをカスタマイズできます:
オプション:他のバックアップと区別するためのコメントを書き込んだり、システムバックアップの圧縮レベルを選択したり、バックアップ完了後の電子メール通知を設定したりすることができます。
スケジュール:この機能では、毎日、毎週、毎月、イベントトリガー(システム起動/シャットダウン、サインイン/サインアウト)、USB挿入の5つのモードから、自動バックアップを設定することができます。イベントトリガーとUSB挿入はAOMEI Backupper Professionalなどの上位版へアップグレートした後に利用可能です。
バックアップスキーム:フルバックアップ、変更された部分のみバックアップする増分/差分バックアップ、古いバックアップの自動クリーンアップを設定することができます。差分バックアップとバックアップの自動クリーンアップはProfessional版で利用可能です。

まとめ

この記事では、バックアップフリーソフト-AOMEI Backupper Standardを使用してイメージバックアップを作成する方法を紹介しました。このソフトを使っていくつかのクリックだけで、システム/ディスク全体をイメージファイルに圧縮し、バックアップできます。非常に簡単でしょう。初心者でも気軽に使えます。

また、バックアップ&復元機能に加えて、クローン、同期など様々な機能も備えています。HDD上のデータをSSDに移行したい場合、ネットワークフォルダをGoogleドライブに同期したい場合に役立ちます。今すぐダウンロードし、使ってみましょう!

Machi
Machi · この記事を書いた人
Technology会社の編集者としてAOMEI製品についての記事やコンピュータに関する記事を翻訳したり、書いたりしています。パソコンの基礎知識とか、AOMEI製品のバックアップ&復元、クローン、同期などの機能について詳しいです。IT業界に対して深い興味を持っています。そのほか、旅行、映画、音楽、色々なことに趣味があります。