By AOMEI / 最後の更新 2020年01月07日

Samsung 850 EVO SSDの概要

SSDドライブの高コストと低容量の点から、たくさんの人はSSDドライブの代わりに手頃なハードドライブ(HDD)の使用を検討します。もっと多くの人は優れた製品を使用できるよう、Samsungは、Samsung SSD 960 Pro、Samsung SSD 960 EVO、Samsung 950 Pro、Samsung 850 Pro、Samsung 850 EVO、Samsung 750 EVOなどの高くない価格で優秀なパフォーマンスと耐久性を提供するSSDを発表しました。

現在、Samsungソリッドステートドライブ(SSD)はデスクトップやラップトップで広く使用されています。Samsung 850 EVO SSDドライブ(2014年に発表)は、最も人気のあるSSDの1つです。Samsung SSD 850 EVOは、250GB、500GB、1TB、2TB、4TBなどのサイズを提供します。

OSをSamsung 850 EVO SSDドライブにクローンする理由

たくさんのユーザーはコンピューターを高速させるためにハードドライブ(HDD)をSamsung 850 EVO SSDドライブに交換したいと考えています。OSのみSamsung 850 EVO SSDに移行するか、またはディスク全体(すべてのファイル)をSamsung 850 EVO SSDにクローンしたら、起動時間が短くなり、読み書きの速度が速くなります。

Windowsやアプリケーションを再インストールせず、OSをSamsung 850 EVO SSDドライブにクローンを作成する方法は何でしょうか?まず、最高のデータ移行ソフトウェアであるAOMEI Backupper Professionalをダウンロードして、Windows 7/8/10でOSまたはHDDをSamsung SSD 850 EVOに簡単かつ安全にクローンしましょう。

√個人・ホームPC用
√分かりやすいウィザード形式・初心者の方でも簡単に使える

√ビジネス用のWorkstation版、台数無制限のPC向けTech版もある
もっと見る »

Pro版の無料体験

Win 10/8.1/8/7/XP/Vista

ダウンロード数が2千万回を超えた


OSをSamsung 850 EVO SSDドライブにクローンする方法

ここでは、AOMEI Backupperを利用し、システムクローンを例をとして、クローンを作成する手順を示します。

手順 1. Samsung 850 EVO SSDをコンピューターに接続し、Windowsがそれを検出できることを確認してください。AOMEI Backupper Professionalをインストールし、起動してください。

手順 2. ホームページで、「クローン」、「システムクローン」をクリックしてください。

システムクローン

手順 3. ソースパスが自動的に選択されるので、ターゲットパスだけを選択してください。

ターゲットディスク

手順 4. 「SSD 4Kアライメント」オプションをオンにして、SSDを最適化し、読み取りおよび書き込み速度を向上させます。

アライメント

手順 5. 「開始」をクリックして、タスクを実行します。

ご注意:選択したSSDは上書きされるため、重要なファイルやデータを事前にバックアップしてください。

注意

ヒント:

「セクター単位のクローン」:このオプションをチェックすることにより、AOMEI Backupperは、使用されているかどうかにかかわらず、ソースからターゲットにすべてのセクターをクローンします。でもターゲットディスクの容量がソースディスク以上であることが必要です。

「パーティションを編集」:必要に応じて、ターゲットディスクのパーティションサイズとドライブ文字を編集することができます。「セクター単位のクローン」オプションをオンにすると、この機能は使用できなくなります。

まとめ

数分待ってから、OSのSamsung 850 EVO SSDへの移行が完了します。AOMEI Backupper Professionalでは、HDDをSamsung SSD 850 EVOドライブ/USB/NASデバイス/クラウドにクローン、ファイルをクラウドに同期するほか、コマンドラインバックアップ、異なるハードウェアの復元、差分および増分バックアップなども作成できます。もし、クライアントはWindows Serverの場合、AOMEI Backupper Serverが適しています。

プロブラムは安全、操作は簡単、AOMEI Backupperを試してみませんか?