By AOMEI / 最後の更新 2020年04月09日

HDD(MBR)をSSDへのクローンについて

コンピューターの運行速度を向上するために、SSDをインストールしてHDD(MBR)をSSDへ換装するのは最高の方法です。換装と言えば、「クローンする」が頭に出てくるでしょう。生物界のクローンと似通って、ディスクのクローンも一つのものから、中身をもう一つのものまで丸ごと複製することです。クローン先とされるストレージの中で、SSDは大規模なストレージ容量と速い計算速度があるので、多くのユーザーに選択されています。

クローン方法をざっと分けると、二つの方法が出てきます。一つ目はWindowsの内蔵機能を介し、クローンを作成することです。それは伝統的なクローン方法だと見られています。二つ目は、専門なクローンツールを利用してHDDをSSDへのクローンを作成することです。

伝統的なクローン方法

ステップ 1. 「スタート」をクリックし、検索ボックスに「bcdboot d:\ windows / s c:」を入力します。

ステップ 2. リストからコマンドプロンプトプログラムを右クリックし、「管理者として実行」を選択し、「はい」をクリックして、DドライブにあるWindowsをCドライブから起動(保存)します。

ステップ 3. そしてプロセスが完了するまでお待ちします。これでインストールされている正常なWindowsが再び起動できるようになります。

ご注意:MBRをSSDに正常にコピーしたかどうかを確認します。ドライブがアクティブになっている必要があります。でも、この操作は簡単ではありません。特に初心者にとって、一旦ミスしまったら、コンピューターが動かなくなるかもしれません。従って、安全のために、専門のクローンツールでMBRをSSDにクローンすることをお勧めします。

HDD(MBR)をSSDへのクローンツール

AOMEI Backupper ProfessionalはMBRをSSDに、新しいHDDに、またはUSBメモリなどにクローンできる包括的なクローン作成ソフトウェアです。わずかのステップで複雑のタスクが完成できて、とっても優しいソフトウェアなのです。その上に、その安全性も頼もしいです。では早速、操作を見てみましょう。

√個人・ホームPC用
√分かりやすいウィザード形式・初心者の方でも簡単に使える
√ビジネス用のWorkstation版、台数無制限のPC向けTech版もある
もっと見る »

Pro版の無料体験

Win 10/8.1/8/7/XP/Vista

ダウンロード数が2千万回を超えた


Windowsを再インストールせずSSDにクローンする方法

クローンする前にSSDをコンピューターに接続し、検出できることを確認します。

ステップ 1. AOMEI Backupper Professionalをインストールし、実行します。

ステップ 2. 「クローン」をクリックして、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ 3. 次の画面で、MBRをソースディスクとして選択します。

ソースディスク

ステップ 4. そして、SSDをターゲットディスクとします。

ターゲットディスク

ステップ 5. 「開始」をクリックして、SSDへのクローンを実行します。

開始

その後、MBRをSSDにクローンし始めます。

この方法は簡単に操作できるし、ミスも避けられるし、貴重な時間も省けます。もし、OSはサーバーの場合、AOMEI Backupper Serverの利用を検討してくだい。