ワークフォルダを簡単に同期しましょう!

ワークフォルダは同期していない場合がどうすればよいでしょうか?この記事では、この問題を解決する方法とワークフォルダ/作業フォルダを同期するためのより良い方法を紹介します。ぜひご覧ください~( •̀ ω •́ )✧

Yoyo

By Yoyo 最後の更新 2023年10月27日

共有: instagram reddit

ワークフォルダとは

ワークフォルダを同期する前に、まずワークフォルダとは何かを理解しましょう。

ワーク・フォルダ(Work Folder)は、コンピューターシステムで使用されるデータやファイルを一時的に保存し、管理するためのディレクトリまたはフォルダのことです。通常、ユーザーが作業中にファイルを保存し、編集し、共有する場所として使用されます。ワーク・フォルダは、プロジェクトやタスクごとに整理され、データの整合性と整理を助けます。このようなフォルダは、個人のコンピュータ、ネットワークファイルサーバ、クラウドストレージなどの場所に存在することがあります。ワーク・フォルダは、プロジェクト管理、共同作業、ファイルの整理、バックアップなどの目的で利用されます。

ワークフォルダ

ワークフォルダは同期していない場合の修正方法

ワークフォルダが時々同期しないことがあります。例を見てください。

 

ワークフォルダを使用しているんだけど、同期に問題があるみたい。プログレスバーが一定のKBでストップして、フォルダは同期完了と表示されるけど、実際には同期されていない。この問題、どう解決できるか知ってる人いる?

- ユーザーからの質問

同じ問題が発生した場合、以下に示すいくつかの解決策を試してください!

1. 作業フォルダの同期が停止し、パスワードが必要になる

パスワードは、サーバー上の管理配置であり、クライアントに適用されます。ユーザーのPCとデバイスに次の規則を適用します。

🌴 パスワードの長さは最短6位

🌴 15分以下に設定された自動ロック画面

🌴 最大10回のパスワード再試行

2. 作業フォルダの同期が停止し、ファイルを暗号化できない

管理者がファイルをクライアント上で暗号化する必要のある場合、ワークフォルダは暗号化されたフォルダを作成します。暗号化が失敗した場合、ユーザーは失敗したことを確認し、別のパスを使用するように求めます。以下のような理由で同期に失敗することがあるので、原因を確認し、修正することができます。

🌳 フォルダがUSBドライブにあり、そのドライブが暗号化に対応していません。

解決策USBドライブの暗号化が必要です。BitLockerなどのツールを使用してドライブ全体を暗号化することで、データの安全性を確保できます。また、暗号化に対応していないドライブを使用しないようユーザーに指導します。

🌳 既存のワークフォルダがあり、それは他のキーによって暗号化されています。

解決策既存の暗号化を解除し、管理者が指定したキーによって再暗号化する必要があります。適切なキー管理とアクセス制御ポリシーを確立し、ユーザーが自身で暗号化を行わないように指導します。

🌳 デバイスがドメインに参加している場合、「デフォルトドメインポリシー」で期限切れ/失効した証明書を検索(修正)することができます。でもそれがクライアントでの暗号化を妨げるかねません。

解決策期限切れ/失効した証明書の管理は重要です。適切な証明書の更新とリバケーションポリシーを確立し、証明書の問題がクライアントでの暗号化を妨げないようにします。定期的な証明書の監査と更新プロセスを実施し、クライアントデバイスのセキュリティを維持します。

3. 作業フォルダの同期が停止し、競合ファイルが生成される

同じファイルを異なるデバイスで変更する場合、競合ファイルが生成されます。次の理由を1つずつ確認してください。

🌳 ユーザーがデバイスを閉じずにファイルを変更した場合、ファイルはサーバーに同期できません。

解決策ファイル同期ソフトウェアやクラウドベースのファイル共有サービスでは、ファイルがアクティブな状態で変更された場合、競合を防ぐためにロックメカニズムを提供しています。ユーザーに、他のデバイスでファイルが編集中であることを通知し、ファイルの排他的なロックを設定できるように指導します。

🌳 サーバーが同期元データベースを失った場合、クライアントとサーバーはファイルセットを比較して同期対象を決定する必要があります。クライアントとサーバー間に異常があった場合、競合が発生します。

解決策サーバーとクライアントの通信と同期プロセスを強化することが重要です。ファイルのバージョン管理を導入し、変更セットを同期する前にクライアントとサーバーがファイルの変更を確認できるようにします。通信エラーが発生した場合、競合ファイルを生成する前に自動的にリトライできるメカニズムを組み込みます。さらに、異常な同期イベントに対処するためのモニタリングとアラートシステムを実装します。

ワークフォルダを簡単に同期する方法

ワークフォルダは、ネットワークサーバーとコンピューター間でファイルを同期するのに役立ちますが、何らかの理由で同期に失敗する場合があります。したがって、プロなファイル同期ソフトウェアを選択して、それを置き換えることをお勧めします。AOMEI Backupper Serverは最高の選択肢だと思います。

⭐このソフトは全ServerとWindows PCに対応しています。

⭐ファイル/フォルダを外付けHDD、NAS、リムーバブルUSBメモリなどの場所に同期できます。

⭐また、毎日、毎週、毎月などのスケジュールされた同期もサポートします。

⭐さらに、リアルタイム同期と呼ばれる重要な機能があります。変更(追加、変更、または削除)されたファイルとフォルダを、遅延なくターゲットデバイスに自動的に同期できます。

では、ステップに従って、このソフトウェアでファイルを同期しましょう~

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをダウンロードし、インストールして起動してください。

Serverの無料体験版 ServerとPCの全バージョン
安全かつ高速

ステップ 2. 「同期」⇒「ベーシック同期」をクリックします。

同期

★他の選択可能な同期モードは3つあり、それらはさまざまな目的のために設計されています:
リアルタイム同期:如何なる削除/追加/変更操作は同期元のフォルダから同期先のフォルダへリアルタイムで同期されます。
ミラー同期:同期先のフォルダは常に同期元のフォルダと同じファイルを保持します。
双方向同期:一方でファイルを変更すると、もう一方のディレクトリで同期を取ります。

ステップ 3. 「フォルダを追加」をクリックして、同期するファイルまたはフォルダを選択してください。

フォルダを追加

ステップ 4. 下のボックスで同期先を選択してください。Googleドライブ、Dropbox、ネットワーク共有またはNASなどを選択できます。

ターゲット場所を追加

ステップ 5. 「オプション」をクリックして、ニーズに応じて同期をカスタマイズします。「スケジュール」をクリックして、Windows Serverのファイルを自動的に同期できます。次に、すべてがOKであることを確認し、「開始」をクリックします。

デイリー/ウィークリー/マンスリー:これらの機能は、いつでもどこでも柔軟にアクセスできるように、ファイルを継続的に同期するのに役立ちます。
イベントトリガー:操作を妨げることなくファイルをバックアップまたは同期するには、イベントトリガーで「システムシャットダウン」を使用することを検討してください。
USB挿入:データをUSBフラッシュドライブに自動的に同期してどこにでも持っていくには、「USB挿入」を使用できます。人間の介入は必要ありません。

定期的に同期

まとめ

実際、ワークフォルダは作成プロセスが非常に複雑であるため、ファイルを同期するのに適した方法ではありません。また、「ワークフォルダが同期していない」などの問題が発生する場合もあります。修正することができますが、毎回正常に修復されるという保証はありません。したがって、AOMEI Backupper Serverでファイルを同期することをお勧めします。

AOMEI Backupper Serverでファイルを同期する他に、クラウドストレージAOMEI Cloudを提供しています。「クラウドバックアップ」機能で、ファイル/フォルダをAOMEI Cloudにバックアップできます。

バックアップは同期と違い、バックアップするファイル/フォルダの異なるバージョンを保持しています。このため、ファイル/フォルダをある日に編集する前の状態に戻したいなら、バックアップが役立ちます。AOMEI Cloud(1TB)は、15日間無料試用可能で、ぜひ試してみてください!(´▽`ʃ♡ƪ)

Yoyo
Yoyo· 編集者
Yoyoは、AOMEI Technology会社の編集者としてパソコンに関わるヘルプドキュメント、基礎知識、リソースなどを書いています。そのほか、バックアップ&復元、クローン、ディスク&パーティションの管理、クラウドファイルの同期などの記事もたくさん持っています。情報技術とウェブ関連の分野に情熱を傾けつつ、ゲームも大好きです。新しいテクノロジーに常に興味津々で、読者に最新情報を提供することを心掛けています。