By AOMEI / 最後の更新 2019年09月17日

ワークフォルダとは何でしょう

ワークフォルダ(作業フォルダ)はサーバーとクライアント間の同期機能です。ワークフォルダを使用すると、ユーザーは会社用の PC に加えて、個人用のコンピューターやデバイスにも作業ファイルを保存してアクセスできるようになります。これは、BYOD (bring-your-own device) とも呼ばれます。ユーザーは、アクセスしやすい場所に作業ファイルを保存し、そのファイルにはどこからでもアクセスできます。組織は、一元管理されたファイル サーバーにファイルを格納し、必要に応じてユーザーのデバイス ポリシー (暗号化とロック画面のパスワードなど) を指定することで、企業のデータを管理します。

ワークフォルダーは、フォルダ リダイレクト、オフライン ファイル、およびホーム フォルダの既存の展開を使って、展開できます。 ワークフォルダでは、サーバー上の同期共有と呼ばれるフォルダに、ユーザーのファイルを保存します。既にデータを含むフォルダを指定することができるため、サーバーやデータを移行することなく、ワークフォルダを採用できます。また既存のソリューションを速やかに停止することもできます。

同期していないワークフォルダの修正

ワークフォルダが時々機能しないことがあります。例を見てください。

ワークフォルダを使用しているクライアントがあります。それを使用してから比較的うまく機能しました。でも現在、同期する時にいくつかの問題があります。プログレスバーは83.3KBになると進んでいかないくせに、フォルダが正常に同期しまったことをユーザーに通知します。要するに、フォルダ同期が完成したことを表示しても、同期待ちのフォルダが残ったままです。ここで、いくつかの修正方法を提供します。

修正1:パスワードが必要となる

パスワードは、サーバー上の管理配置であり、クライアントに適用されます。ユーザーのPCとデバイスに次の規則を適用します。

● パスワードの長さは最短6位

● 15分以下に設定された自動ロック画面

● 最大10回のパスワード再試行

修正2:ファイルが暗号化できない

管理者がファイルをクライアント上で暗号化する必要のある場合、ワークフォルダは暗号化されたフォルダを作成します。暗号化が失敗した場合、ユーザーは失敗したことを確認して、別のパスを使用するように求めます。理由が見つかったら、確認して修正できます。

● フォルダがUSBドライブにある場合、ドライブが暗号化をサポートしていない。

● 既存のワークフォルダがあり、それは他のキーによって暗号化されています。

● デバイスがドメインに参加している場合、「Default Domain Policy」で期限切れ/失効した証明書を検索(修正)することができます。でもそれがクライアントでの暗号化を妨げるかねません。

修正3:競合ファイルが生成される

同じファイルを異なるデバイスで変更する場合、競合ファイルが生成されます。次の理由を1つずつ確認してください。

● ユーザーがデバイスを閉じずにファイルを変更した場合、ファイルはサーバーに同期できません。

● サーバーが同期の元データベースを失った場合、クライアントとサーバーはファイルセットを比較して同期対象を決定する必要があります。クライアントとサーバー間に異常があった場合、競合が発生します。

ファイルを同期する簡単な方法

ワークフォルダは、ネットワークサーバーとコンピューター間でファイルを同期するのに役立ちますが、何らかの理由で同期に失敗する場合があります。したがって、プロなファイル同期ソフトウェアを選択して、それを置き換えることをお勧めします。AOMEI Backupper Serverは最高の選択肢だと思います。

ファイル/フォルダを外付けHDD、NAS、リムーバブルUSBメモリなどの場所に同期できます。また、毎日、毎週、毎月などのスケジュールされた同期もサポートします。さらに、リアルタイム同期と呼ばれる重要な機能があります。変更(追加、変更、または削除)されたファイルとフォルダを、遅延なくターゲットデバイスに自動的に同期できます。

では、ステップに従って、このソフトウェアでファイルを同期する方法を勉強しましょう。

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをダウンロードし、インストールして起動してください。

ステップ 2. 「バックアップ」、「同期」をクリックしてください。

同期

ステップ 3. 「フォルダを追加」をクリックして、同期するファイルまたはフォルダを選択してください。

フォルダを追加

ステップ 4. 下のボックスでバックアップ先を選択してください。

ターゲット場所を追加

※ご注意:左下隅の「スケジュール」をクリックして、毎日、毎週、毎月、またはリアルタイム同期を設定することができます。

定期的に同期

リアルタイム

ステップ 5. 「開始」をクリックしてください。

開始

結論

実際、ワークフォルダは作成プロセスが非常に複雑であるため、ファイルを同期するのに適した方法ではありません。また、「ワークフォルダが同期していない」などの問題が発生する場合もあります。修正することができますが、毎回正常に修復されるという保証はありません。したがって、ファイルをAOMEI Backupper Serverで同期することをお勧めします。ぜひ、お利用しください。