By Comnena / 最後の更新 2020年05月18日

Windows Serverバックアップツール

Microsoft は、Windows Server 2008以降、NTBackupの代わりにWindows Server Backup(WSB)を提供しています。WSBはブロックレベルであり、NTBackupのファイルおよびフォルダーレベルよりが高いです。大幅な改善として、より速く、より簡単で、より信頼性の方法でバックアップまたは復元を実行できます。グラフィカルユーザインタフェース(GUI)またはコマンドプロンプトを使用して、バックアップまたは回復を実行することもできます。この記事では、Windows Server Backupコマンドプロンプトの使用方法について紹介します。

ただし、このバックアップツールは、Windows Server 2008または2012にデフォルトでプリインストールされていません。これを使用するには、サーバーマネージャーでWindows Server BackupとCommand Line(コマンドプロンプト)の両方を追加する必要があります。

実際、Windows Server Backupコマンドプロンプトに加えて、バックアップを作成できるサードパーティのバックアップツール(AOMEI Backupper Server)もあります。さらに、WSB(Windows Server Backup)でサポートされていない機能も多く提供されています。たとえば、WSBがサポートする毎日のバックアップタスクは1つだけですが、このバックアップツールはスケジュールされた複数のバックアップ(毎日/毎週/毎月)を設定できます。入手するには、Part 2を参照してください。

Part 1. Windows Server backupコマンドプロンプトの例

Wbadmin.exeを使用するには、管理者権限を使用して管理者特権のコマンドプロンプトを開き、必要に応じてバックアップコマンドを実行する必要があります。管理者特権のコマンドプロンプトにアクセスするには、「ファイル名を指定して実行」ボックスに「CMD」と入力し、「OK」ボタンまたはエンターキーを押します。そして、コマンドプロンプトを使用して、バックアップまたは回復を実行するコマンドを書くことができます(WBadminの例を参照します)。

1 . システム状態のバックアップを「E:ドライブ」に作成するには:

Wbadmin start systemstatebackup -backuptarget:E:

コマンドプロン

2 . すべての重要なボリューム、システム状態、および「D:ドライブ」をネットワーク共有フォルダーの「chrun」フォルダーにwbadminバックアップを作成するには:

Wbadmin start backup -allcritical -systemstate -include:D:\chrun -backuptarget:\\networkshare\backup -quiet

3 . スケジュールされたバックアップジョブを、毎日00:00にユーザー名とパスワードでのみアクセスできる共有フォルダーに作成するには:

wbadmin enable backup -addtarget:\\192.168.0.225\Public\schedule -include:D: -systemstate -user:admin -password:1234 -schedule:00:00

4 . 完全なサーバーバックアップを、異なるハードウェア(バージョン:11/11 / 2015-00:00)から、マシン名Varlarの別のサーバーに復元するには:

Wbadmin start sysrecovery –version: 11/11/2015-00:00 –backuptarget:E: -machine:Varlar

5 . システム状態(バージョン:01/11 / 2016-01:09)のバックアップを復元するには:

wbadmin start systemstaterecovery -version:01/11/2016-01:09 -backupTarget: F: -quiet

※説明
 start backup:バックアップを開始
 -backupTarget:バックアップの保存場所を指定
 -include:バックアップに含める項目を指定(ひとつ以上のボリュームをバックアップする場合、カンマ「,」で区切ります。例:-include:c:,d:,e)
 -allCritical:全ての重要なデータをバックアップ
 -quiet:ユーザープロンプトを表示せずにコマンドを実行

Wbadminコマンドプロンプトツールは、その使用方法を知っている人には便利です。でも、いくつかの制限があります。例えば、NTFSファイルシステムでフォーマットされたパーティションだけはバックアップの対象となれます。毎日よりも少ない頻度でスケジュールバックアップを設定することもできません。だから、より高度なコマンドプロンプトバックアップを実行したいなら、サードパーティのバックアップソフトウェアが必要です。

Part 2. コマンドプロンプトからバックアップを実行する代替案

Windows Server WBadminの代わりに、AOMEI Backupper Serverを使用すると、より多くのオプションを使用して、より簡単な方法でバックアップと復元を実行できます。ファイル、フォルダー、パーティション、ディスク、またはシステムをバックアップソースとして設定でき、ファイルエクスプローラで検出できる任意の場所をバックアップ先として設定できます。

Windows Serverバックアップとは異なり、AOMEI Backupperを使用すると、毎日/毎週/毎月のバックアップタスクをスケジュールし、続いて完全/増分/差分バックアップをスケジュールできます。

コマンドプロンプトバックアップ機能を使用するには:

手順 1. AOMEI Backupper Serverをダウンロードしてインストールします。Windows Server 2003、2008、2012、2016、2019(R2を含む)、SBS 2003、2008、2011、およびWindows PCシステムをサポートします。

無料ダウンロード

Windows Serverシステム向け

AOMEI Backupper Server

30日間無料体験版

手順 2. 管理者特権のコマンドプロンプトで、このソフトウェアのインストールディレクトリのパスを入力し、Enterキーを押します。たとえば、「cd C:\Program Files (x86)\AOMEI Backupper」です。

コマンドプロン

手順 3. AOMEI Backupperの正しいバックアップコマンドを入力してEnterを押します。たとえば、サーバーのシステムバックアップを「F:ドライブ」の「system backup」という名前のフォルダーに作成するには、次のコマンドを実行します:AMBackup.exe /b new /t system /d “f: \system backup” /n “Backup System”

コマンドプロン

まとめ

Windows Server BackupコマンドプロンプトツールWBadminに満足していない場合は、AOMEI Backupper Serverを試すことができます。バックアップと復元以外に、AOMEI Backupperではコマンドプロンプトからクローン機能を使用することもできます。Windows Server 2002/2008/2012/2016を含むほぼすべてのWindows Serverシステムをサポートしています。

もし、バックアップと復元により社内の台数無制限のPC&サーバーを保護したいなら、AOMEI Backupper Technician Plusはオススメです。それは無制限クライアントに有償技術サポートをサービスとして提供することができます。また、生涯アップグレードを購入したなら、AOMEI Backupper Technician Plusを以降のバージョンへアップグレードするには更新料を支払う必要がありません。

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。

最後までありがとうございます。