By AOMEI / 最後の更新 2020年05月19日

NTBackup Sever 2003について

NTBackupというWindows Server 2003の内蔵ツールではデータ、オペレーティングシステム(OS)全体やディスクボリュームなどをバックアップすることができます。Windows Serverに認定されたものだから、サーバーユーザーにすごく使用されています。もし体験したいなら、以下のようにやってください:

「スタート」>「すべてのプログラム」>「アクセサリ」>「システムツール」>「バックアップ」

NTBackup

Windows Server 2003 Ntbackupの不足

データのバックアップは非常に重要なことだと見られています。データ損失を予防するには、あらかじめデータをバックアップするのが必要です。パソコンシステム内蔵のバックアップツールを利用して、バックアップを実行するのが一般的な選択肢ですが、到底専門のバックアップソフトではなく、おまけみたいなものとしてパソコンに搭載されます。だから、不便や不足な点があります。例えば:

● 操作が難しいしこと。システムバージョンの更新により、バックアップ手順が常に改善または簡略化されるわけではありません。だからその操作は一部のユーザーにとっては複雑と感じるかもしれません。

● かかる時間は長いこと。同じパソコンでバックアップタスクと他の任務が同時に執り行われれば、当時の運行速度は遅くなり、バックアップの完成まで随分時間がかかる見通しです。

● 大きいスペースが必要なこと。専門のバックアップソフトがインテリジェントな計算により一番適当で、節約できるバックアップモードを図りますが、伝統的なツールがそんな機能を持っていません。

だから、サードパーティ製のバックアップソフトを選択したほうがいいと思います。

絶好の選択:AOMEI Backupper Server

市場にはたくさんのバックアップソフトがありますが、性能がダメか、価格が高すぎなどの問題で様々なクレームもあります。でも、以上の要素を全部備えているソフトはないとは言えません。AOMEI会社によって開発された、クローン・バックアップ・復元ソフトウェアのAOMEI Backupperはすごく評判されている満点製品です。ご参考になれると思います。

AOMEI Backupper Serverはサーバーユーザーに向けの機能豊富、使いやすい専門ソフトです。バックアップには、四つの主要なタイプ:ディスクバックアップ、パーティションバックア ップ、システムバックアップ、ファイル/フォルダバックアップ(スケジュールバックアップ増分バックアップ、差分バックアップなどもサポート)を備えています。データをバックアップしてから、データ損失が発生しても、「復元」機能の力で前の状態に戻ることができます。それに、その柔軟性も優れています(AOMEI Backupper ServerはWindows Server 2008/2008 R2/2003/2003 R2/2016/2019をサポート)。

では、AOMEI Backupper Serverでディスクイメージをバックアップする方法を例として、実演します。

AOMEI Backupper Serverについて

Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019(R2を含む)、Windows SBS/2008/2011、およびWindows PCシステムをサポートします。


無料体験

Serverユーザー用

ダウンロード数が2千万回を超えた

ステップ 1. AOMEI Backupper Serverをインストールして、起動します。「バックアップ」、「ディスクバックアップ」を選択します。

ディスクバックアップ

ステップ 2. 「ディスクを追加」をクリックして、バックアップしたいディスクを選択します。

ソースディスク

ステップ 3. そして、ターゲットパスを選択します(外付けHDDやクラウドドライブなどをオススメ)。

ターゲットディスク

ステップ 4. ニーズに応じて、「スケジュール」をクリックして、特定のバックアップ時間とバックアップタイプを設定することができます。

スケジュール

ステップ 5. 「開始」をクリックしてから、バックアップが実行されます。

開始

それで、この製品に対する紹介が以上です。このバージョンは1台のサーバーパソコンだけをサポートします。社内の台数無制限サーバーでデータを継続的に保護したい場合、AOMEI Backupper Technician Plusのような高度なバージョンにアップグレードすることを推薦します。

最後までありがとうございます。弊社のメールは「[email protected]」で、何か問題があったら気軽にお聞きください。