By Akira / 最後の更新 2022年09月27日

なぜWindows10で特定のフォルダをバックアップする?

ご存知のとおり、Windows 10でファイルまたはフォルダをバックアップすると、データのセキュリティが確保され、ファイルが最新の状態に保つことができます。一部のフォルダを定期的に使用するユーザーは、これらのフォルダの変更、追加、削除、または修正を行う可能性があります。ただし、変更の保存を忘れると、これらのフォルダの変更は失われます。

フォルダをバックアップ

さらに、ファイル履歴のバックアップを作成しないと、ディスク障害、ウイルス、マルウェアなどの予期しない事態が発生したときに、ファイルが永久に失われる可能性があります。

データの損失を防ぐには、事前にバックアップする必要があります。バックアップ方法については、Windows 10のファイル履歴またはAOMEI Backupperなどのサードパーティ製のファイルとフォルダのバックアップソフトウェアを使用することができます。

ファイル履歴を使用してWindows10の特定のフォルダをバックアップする

ファイル履歴を使用してフォルダをバックアップします。そのバックアップには、すべてのデフォルトライブラリとカスタムライブラリ(パブリックフォルダを含む)に加えて、連絡先、デスクトップ、お気に入りフォルダが含まれます。

以下を参照し、「ファイル履歴」を利用し、Windows 10で特定のフォルダをバックアップする方法を学びましょう。

ステップ 1. スタートメニューの「歯車」アイコン(Windowsの設定です)をクリックし、「更新とセキュリティ」をクリックし、左メニューの「バックアップ」をクリックします。

バックアップ

ステップ 2. 「バックアップ」ウィンドウが表示され、「ファイル履歴を使用してバックアップ」タブで「ドライブの追加」をクリックし、保存先のバックアップドライブを選択します。

ドライブの追加

ステップ 3. 「ファイルのバックアップを自動的に実行」が、「オン」に設定されていることを確認します。

ファイルのバックアップを自動的に実行

ステップ 4. 「その他のオプション」をクリックします。

その他のオプション

ステップ 5. 「バックアップ オプション」ウィンドウが表示され、バックアップ先のドライブや、バックアップ対象のフォルダが正しいことを確認します。

バックアップ先

▶ヒント:必要に応じてバックアップオプションを変更できます。たとえば、ファイルをバックアップする頻度とバックアップを保持する方法を選択できます。バックアップする特定のフォルダを追加または除外することもできます。

ステップ 6. 「今すぐバックアップ」をクリックして、「データをバックアップしています...」ウィンドウが表示され、バックアップが始まります。バックアップが完了するまで待ちます。

開始

このように、Windows10で特定のフォルダのバックアップが簡単に作成されました。

ファイル履歴の以前のバージョンと比較して、最新のWindows 10のファイル履歴では、ファイル履歴に新しいフォルダを手動で追加できます。ただし、Windows 10ファイル履歴が正常に機能できない場合があります。たとえば、ファイル履歴を使用してバックアップし、「ファイル履歴はファイルのコピーを保存しています」で実行されましたが、数日後もバックアップ先のドライブにファイルが見つかりません。

この状況を回避するために、AOMEI Backupper Professionalのようなサードパーティのファイル/フォルダのバックアップソフトウェアを利用できます。

AOMEI Backupperを利用して特定のフォルダをバックアップする

AOMEI Backupper Professionalは本当に価値のあるバックアップソフトで、容易な操作と強力な機能によって評判されています。

また、このソフトを使用すると、変更されたファイルや、特定の拡張子を持つファイルなどを簡単にバックアップできます。セーフモードでさえバックアップを実行できます。さらに、ファイルをOneDrive、Dropbox、フラッシュドライブ、NASなどにバックアップできます。では早速、体験しましょう。

√個人・ホームPC用
√分かりやすいウィザード形式・初心者の方でも簡単に使える

√ビジネス用のWorkstation版、台数無制限のPC向けTech版もある
もっと見る »

Proの無料体験版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
ダウンロード数が2千万回を超えた

以下を参照し、AOMEI Backupper Professionalを利用して、Windows 10で特定のフォルダをバックアップする方法を学びましょう。

ステップ 1. このソフトをインストールし、起動してください。「バックアップ」をクリックして、「ファイルバックアップ」を選択します。

ファイルバックアップ

ステップ 2. 区別できるように、タスク名を編集できます。そして「フォルダを追加」または「ファイルを追加」をクリックして、バックアップする特定のフォルダを選択します。

追加

ステップ 3. 「スケジュール」オプションをオンにすると、毎日/毎週/毎月のバックアップが設定できます。また、ディスク容量を節約するために、増分/差分バックアップをクリックして、変更または新しく追加されたパーツのみバックアップすることができます。

スケジュール

ステップ 4. ターゲットパスを選択します。Windows 10をOneDrive、外付けストレージデバイス、クラウドストレージデバイス、NASなどにバックアップすることを選択することができます。

ターゲットを選択

ステップ 5. すべての準備ができたら、「開始」をクリックしてファイルバックアップを実行します。

補足:AOMEI BackupperでファイルをAOMEI Cloudにコピーする手順

また、AOMEI Backupper Professionalの「クラウドバックアップ」を選択してAOMEI Cloudにバックアップできます。AOMEI Cloudには1TBの空き容量があります。いつでもどこでも、AOMEIカウントにログインすれば、すぐにファイルを復元することができます。CD/DVDの紛失や損傷を心配する必要はありません。以下は具体的な手順です:

1. AOMEI Backupper Professional実行して、「バックアップ」⇒「クラウドバックアップ」の順にクリックします。

クラウドバックアップ

2. 「タスク名」ボックスには、他のバックアップと区別しやすいように名前を付けることができます。「フォルダの追加」または「ファイルの追加」のいずれかをクリックし、バックアップするファイル/フォルダを選択します。または、ファイル/フォルダを直接ここにドラッグして追加することもできます。

ファイルを追加

3. デフォルトでAOMEI Cloudが保存先として選択されています。

保存先

ケース1:AOMEIアカウントを持っていない場合、まず「登録」ボタンをクリックして、AOMEIアカウントを登録することができます。登録された後、「ログイン」ボタンをクリックして、AOMEIアカウントにログインできます。ログインに成功した後、使用容量と総容量が表示されます。

ケース2:AOMEIアカウントを持っているが、まだログインしていない場合、直接AOMEIクラウドディレクトリの「ログイン」ボタンをクリックして、アカウントにログインすることができます。ログインに成功した後、使用容量と総容量が表示されます。

「クラウドバックアップ」タスクを作成する前に、プログラムのGUIで「ログイン」ボタンをクリックして、直接AOMEIアカウントにログインすることもできます。一度ログインすると、バックアップタスクを作成するときに再度ログインする必要はありません。

ログイン

4. 「開始」ボタンをクリックして、バックアップを開始します。そして、プロセスが完了したら、「完了」をクリックします。

開始

まとめ

つまり、ファイル履歴を使用して、Windows10の特定のフォルダをバックアップできます。ただし、ファイル履歴ドライブが切断されている、ファイル履歴がドライブを認識できない、バックアップディスクがいっぱいであるなどの問題が発生することがよくあります。したがって、AOMEI Backupperを使用することをお勧めします。これを使用すると、必要なすべてのフォルダをバックアップできます。

また、AOMEI Backupperは、ファイルを簡単にバックアップできるだけでなく、システム、ディスク、およびパーティションをバックアップすることもできます。今すぐAOMEI Backupperをダウンロードし、それを使用してWindows 10のフォルダをバックアップしましょう。