By Akira / 最後の更新 2022年09月27日

「このドライブはファイル履歴で認識されません」というエラーについて

ファイルの損失を防ぐために、ファイルを他のHDDにバックアップする時、「このドライブはファイル履歴で認識されません」と表示される場合があります。このエラーメッセージは、指定されたファイルがシステムで見つからない場合に表示されることがあります。

このドライブはファイル履歴で認識されません

「このドライブはファイル履歴で認識されません」というエラーの原因

ファイル履歴を利用する時、ドライブは接続できない本当の原因はスタートアップの種類を自動的にトリガーできないためです。また、このドライブを使用して、ファイルのコピーを保存します。そして、ドライブにいくつかの変更を作成するかもしれません。そのため、ファイル履歴はこのドライブを認識できません。

「このドライブはファイル履歴で認識されません」というエラーの対処法

以下は、この問題を解決するためのいくつかの方法を詳しく紹介します。

方法 1. 手動でサービスを起動する

1. 検索ボックスに「services.msc」を入力して、サービスを開きます。

2. File History Service(ファイル履歴サービス)を見つけます。サービスの「開始」をクリックします。そして「プロパティ」をクリックして、「スタートアップの種類」を「自動(遅延開始)」に設定します。

サービス再起動

方法 2. ファイル履歴のドライブを再接続する

ファイルのコピーはディスクに保存され、ほとんどが非表示になっています。そして、ファイルエクスプローラで隠しファイルと隠しフォルダーを表示する必要があります。その後、そのファイルのコピーを削除します。

1. 「スタート」をクリックし、アプリの一覧を表示します。「W」欄の「Windowsシステムツール」をクリックして、「コントロールパネル」をクリックします。

windowsシステムツール

2. 「コントロールパネル」が表示されます。「表示方法」が「カテゴリ」になっていることを確認し、「デスクトップのカスタマイズ」をクリックします。

カスタマイズ

3. 「デスクトップのカスタマイズ」が表示されます。「エクスプローラーのオプション」をクリックします。

オプション

4. 「エクスプローラーのオプション」が表示されます。「表示」タブをクリックします。「詳細設定」欄から、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」をクリックし、「OK」をクリックします。

開始

5. C:\Users\[username]\AppData\Local\Microsoft\Windows\FileHistory\Configuration\Configurationの中のフォルダを削除します。

6. ファイル履歴に移動して、ドライブをもう一度接続します。

方法 3. ファイル履歴の代替品を使用する

以上の2つの方法を使用した後、ファイル履歴はまた動作できない場合、無料サードパーティ製のバックアップソフトウェアAOMEI Backupper Standardを使用して、ファイルとフォルダをバックアップできます。ファイル履歴と比べて、AOMEI Backupper Standardはより多くのオプションを提供して、より速く実行できます。

AOMEI Backupper Standardでファイルとフォルダをバックアップする方法は次の通りです。

1. このフリーソフトをダウンロードし、インストールし、起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

2. 「バックアップ」タブで「ファイルバックアップ」を選択します。

ファイルバックアップ

3. 「ファイルを追加」または「フォルダを追加」をクリックして、バックアップしたいファイル/フォルダを選択します。(複数のファイルとフォルダを同時に追加できます。ファイルとフォルダを直接ドラッグ&ドロップで追加できます。)

ヒント:ソースフォルダを追加する場合は、漏斗(ろうと)のようなボタンをクリックして、「フィルタオプション」を設定することができます(AOMEI  Backupper Professionalにアップグレードする必要があります)。

フォルダを追加

4. そして、バックアップイメージを保存する場所を指定します。

ご注意:バックアップするファイル/フォルダを保存するドライブをバックアップ先として選択しないでください。そのドライブに問題が発生しても、バックアップからデータを復元することもできます。

場所選択

5. オプション、スケジュールまたはスキームをクリックして、現在のバックアップタスクをより詳しく設定することもできます。

>>オプション:電子メール通知を有効にし、バックアップファイルの圧縮レベルを選択し、必要な分割方法(Professional版でサポート)を選択できます。
>>スケジュール:ファイルのバックアップを、ディリー/ウィークリー/マンスリーで自動的に実行するように設定できます。イベントトリガーとUSB挿入を設定することができますが、Professional版などの上位エディションにアップグレードする必要があります。
>>スキーム(Professional版でサポート):複数のバックアップイメージの原因でディスク容量が不足することに悩まされたくない場合は、この機能を使用して古いバックアップを削除できます。

スケジュール

6. 最後に、「開始」ボタンをクリックしてファイルバックアップを実行します。

開始

ファイルバックアップの作成が完了してから「完了」をクリックします。以上で操作完了です。将来このファイルバックアップを復元したいなら、同じソフトの「復元」機能を利用してファイルバックアップを復元することもできます。

補足:また、AOMEI Backupper Professionalの「クラウドバックアップ」を選択してAOMEI Cloudにバックアップできます。AOMEI Cloudには1TBの空き容量があります。いつでもどこでも、AOMEIカウントにログインすれば、すぐにファイルを復元することができます。CD/DVDの紛失や損傷を心配する必要はありません。

クラウドバックアップ

▼ファイルとフォルダを無料で復元する方法

まとめ

ファイル履歴を使用してバックアップする時、「このドライブはファイル履歴で認識されません」というエラーメッセージが表示され、ファイルをバックアップできないことがあります。この記事はこの問題について色々な解決方法を解説しましたが、それでも問題を解決できない状況があります。この場合、第三者ソフトウェアAOMEI Backupper Standardを利用することがオススメです。

AOMEI Backupperは専門的なバックアップソフトです。簡単かつ安全にファイルバックアップを作成するのに役立ちます。また、このソフトウェアは、外付けHDDへのバックアップ、NTFSの修復と復元など、より多くの機能を提供します。

さらに、コンピューターはServerである場合、AOMEI Backupper Serverの利用をお勧めします。