By Comnena / 最後の更新 2022年03月10日

ファイル履歴 VS バックアップと復元

最も基本的なデータ回復ソリューションとして、バックアップは常に必要です。Microsoftは、Windowsユーザー向けに組み込みのバックアップツールを提供しています。

✦ファイル履歴:ファイル履歴とは、ライブラリー、アドレス帳、お気に入り、およびデスクトップに保存されているファイルなどを、自動でバックアップできる機能です。ファイル履歴を有効にすると、定期的にフォルダーがスキャンされ、ファイルの変更を検知した際にバックアップされます。

ファイル履歴

✦バックアップと復元:これにより、システムイメージのバックアップとファイル/フォルダーのバックアップを作成できます。以前に作成したバックアップからシステムと個人データを復元できます。自分で作ったファイルだけでなく、OS環境も含めてWindows 10丸ごとバックアップしたい時、この方法を選択した方がいいです。

バックアップと復元

これで、ファイル履歴とバックアップと復元の基本を理解できました。2つのツールからどちらを選択しますか?次のパートから、ファイル履歴とバックアップと復元の詳細な違いを学ぶことができます。

Windowsファイル履歴とバックアップと復元のさまざまな側面

ここでは、Windows10のファイル履歴とバックアップと復元を3つの側面で比較します。

#1:ファイル履歴とバックアップと復元のバックアップコンテンツ

ファイル履歴は、ユーザーフォルダ内のキュメント、音楽、写真、ビデオ、およびその他のファイルを定期的にバックアップ(デフォルトでは1時間ごと)します。

バックアップと復元を使用すると、システム、ドライブ全体、およびユーザーフォルダ内のファイルをバックアップできます。バックアップと復元を使用してシステム修復ディスクを作成することもできます。

#2:ファイル履歴とバックアップと復元のバックアップ先

ファイル履歴は、ファイルを外付けHDDまたはホームネットワークにバックアップします。バックアップ先として内蔵ドライブを使用することを拒否します。

バックアップと復元は、内蔵または外付けハードドライブとネットワークの場所へのバックアップをサポートします。

クラウドドライブは、ファイル履歴とバックアップと復元の両方でサポートされていません。

#3:ファイル履歴とバックアップと復元の復元

ファイル履歴は、ファイルの完全な履歴を作成します。オリジナルが紛失、破損、または削除された場合は、元に戻すことができます。ファイルが削除されたり失われたりしていなくても、以前のバージョンのファイルを参照して復元することもできます。

バックアップと復元を使用すると、選択した日付にバックアップされたバージョンにファイルを復元できます。コンピュータに障害が発生した場合、システムイメージを復元することもできます。

2つのツールからどちらを選択しますか?それはあなたの要求に依存します。ユーザーフォルダ内のファイルをバックアップしたいだけの場合は、ファイル履歴が最良の選択です。ファイルとシステムを一緒に保護したい場合は、バックアップと復元が役立ちます。さらに、バックアップを内蔵ディスクに保存する場合は、バックアップと復元のみを選択できます。さまざまな状況でのニーズを満たすことができる万能のバックアップツールはありますか?読み続けてください。

Windows用のより高度なバックアップツール–AOMEI Backupper Standard

最高の無料バックアップソフトウェアであるAOMEI Backupper Standardは、Windowsの組み込みツールよりも実用的な機能を提供します。システム/ディスク/パーティション/ファイルバックアップの4種類のバックアップを提供します。すべてのバックアップタイプは、内蔵または外付けハードドライブ、ネットワークの場所、およびNASデバイスへのバックアップをサポートしています。ファイルバックアップを使用してクラウドドライブにバックアップすることもできます。ディスク容量を節約し、バックアップ効率を向上させるために、増分バックアップと差分バックアップ機能(有料)を利用できます。

Windows 10/8.1/8/7/Vista/XPなどのすべてのWindowsPCオペレーティングシステムがサポートされています。ただし、Windows Serverオペレーティングシステムを実行している場合は、サーバーバックアップソフトウェアを使用してください。これから、AOMEI Backupper Standardを使用してバックアップを作成する方法を詳しく説明します。例としてシステムバックアップを取り上げます。

手順 1. AOMEI Backupper Standardをダウンロード、インストール、起動します。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

手順 2. 「バックアップ」をクリックし、「システムバックアップ」を選択します。

システムバックアップ

手順 3. 必要なシステムパーティションがデフォルトで選択されています。バックアップファイルを保存するターゲットパスを選択します。

ターゲットパスを選択

手順 4. 操作を確認し、「開始」をクリックします。

開始

>>オプション:電子メール通知を有効にし、バックアップイメージファイルの圧縮レベルを選択し、インテリジェントセクターバックアップまたは完全なバックアップを選択できます。
>>スケジュール:バックアップタスクを一定の間隔で自動的に実行するように設定できます。
>>スキーム:古いイメージファイルを自動的に削除して、ディスク容量を節約します。この機能を利用するには、Professional版にアップグレードする必要があります。

✎ノート:

作成したバックアップから復元するには、「ホーム」に移動し、バックアップタスクを見つけて、「復元」をクリックします。または、左側のペインで「復元」をクリックし、「タスクを選択」または「イメージファイルを選択」をクリックして、ウィザードに従って復元プロセスを終了することもできます。

タスクを選択

まとめ

Windowsのファイル履歴とバックアップと復元のどちらかを選択しますか?このページから、ファイル履歴とバックアップと復元のさまざまな側面を学ぶことができます。

より高度な機能を楽しむには、AOMEI Backupper Standardを選択してください。バックアップと復元の機能以外に、クローンを作成することができます。AOMEI Backupper Standardを使用して、Windows10でSSDをより大きなSSDにクローンできます。今すぐお試しください!